ドレミの日記 ~no cat no life. I am a widow.~

2020年6月、夫と死別して15年が経ちました。12月、単身赴任からの電撃退職。2匹の娘と自宅に帰って参りました。社会人5年目の息子と同居再開 。娘は東京のOLになりました。ねこと仕事とわたし。代わり映えのない毎日をたのしみたい。

思い込みによるミス

なんでかな。
1本早い電車に座ったのに出発しない。
遅延の情報もない。

もしかして、違う線路だったのか。
これ、昔、会議の朝に失敗したやつかも。
間に合わないから新幹線で追いかけた。
貨物列車に隠れて、待機中の電車が
見えなかったのかな。

線路🛤迷うほどないのに、
信じられないミス😹

ひとつだけいいこともあった。
駐輪場がすんなりだった。
場所の取り合いが4月以降起こっていた。
今は空きを探すのが大変。
タダって最高にうれしいけど、
お金を払って預ける意味もわかった。
たとえば大行列に並んで待つなら、
100円払って有料トイレを使いたい。
時々思うこと。


人気ブログランキング

休みなよの圧

「ドレミさん、30日は会社出る?」

「みなさん出ないんだったら、
空気読みます。」

出るわけないだろという笑いが聞こえる。

たしかに1日だけ平日挟んでるから
休む人も多そうだな。

「6と7はどうする?」

ん?

続きの質問があった。
「ちょっと待ってください、手帳見ます。」

じじたち、集団で
そこも休むつもりなのか?

「出ても休んでも
どちらでもかまいません。」

もしも3回休むと11連休。
じじたちがいないのでは、
手伝えることもない。

午後、手が空くとたけしに言ったら、
「天気いいから、Kさんとドライブして、
公園のつつじでも見てきたらいいのに。」と。

提案が素晴らしすぎた。
そのあとお煎餅依頼があったので、
働いたけれども。

ストレスのない仕事って
存在していたんだよな。
やっぱり夢じゃなかった。


人気ブログランキング


偏愛

IMG_0184

私物用
ZEBRA SARASA 0.4 (予備も追加)
uni JETSTREAM 0.38

仕事場の替えインクが
ZABRA ジムノック0.5のみで、
私の引き出しに元々あったものは
ユニボール シグノ0.5。
つまり不一致で、使えない。

昨日、備品担当のチーママに電話して、
なんて呼ぶんだろ?ほんとの会社に出向く。
探したけど、シグノの替えインクも
ジムノック本体もない。
インクのないペンと
本体のないインクでは仕事ができない。

トヨタカイゼンなのか、
無駄を省きすぎて、
困っていました。

私「いいよ!わざわざ買わなくて。
みんなの足りてるんでしょ?
自分で用意するから。」

それで偏愛ペンを買いに寄った
というだけの話。

買い物する際は覚えてるもの一気に。
イヤホン、ヘアゴム、筆ペン。
FullSizeRender

久しぶりの本屋で、
積まれた文庫を見てときめいたので、
最初に目に入った吉田修一様。
「あまおう苺」試食用ほか。

IMG_0190
お星さまの形で綺麗だったので、
隠しはしませんが、
おかあさんが帰って来てうれしい
の表現です。

最近また土鍋を使っていて、
炊き上がりを待つ間に
今日はアジの干物を焼き、
それをおろしポン酢で。
味噌汁は具沢山に。
小松菜はレンチンで。
日本の朝食のような夕飯が
とてもおいしかった。
シンプルで、栄養があって。


たけしとその仲間たち劇場が
今日もたのしかった。

「俺、8時には眠くなってダメ。
で、起床3時。
たまに朝だって思って起きると0時前。
寝た日と起きた日が一緒。」

たけしが「やだなー、
じいさまばっかりでよー。」と。

私「それでも7時間は睡眠取れるんですね。」

じじたち「2時間おきに目は覚めるけどね。」

たけし、気付いてる?
16時だけど、もう誰もいないよ。
みんな帰っちゃってる。
私たちお残りみたいになってるけど、
世間一般ではまだ仕事中の時間。

「年寄りは朝が早くて待ってらんねえから、
7時前にはほぼほぼ会社来てるんだぜ。
帰んのもはえーよなぁ。」

フリーな働き方。

たけし「手が空いた時でいいんだけど、
これ、8月までにやればいい仕事なのね、
ごちゃごちゃになっちゃうからさ、
作っておいてくれる?」

私「午後ずっとフリーです。」

たけしが初めてローランドの影響か
ドレミちゃんに頼んじゃあかな、
そう「ドレミちゃん」と呼んでしまった、
強面で。

朝のうち2時間で、煎餅も焼き上がり、
それからただ座って呼吸していただけ。
ラスト1時間だけ仕事して今日は終了。


私の母親は言った。
「あなたの人生ですから
お好きにどうぞ。」
勉強しろともあの学校に行けとも
遊びに行くなとも帰ってこいとも
なにも言われずに。
私の目には命綱も見えなくて
私は自分でしっかりしなきゃと
今まで生きてきたつもり。
若い頃苦労を口にすれば
「あなたが好きで選んだことでしょ」と
私を納得させた。
好きで選んだことは人並みに長くて、
本当の自由になるまでこんなに時間が
かかってしまった。
「あなたの人生ですから、
お好きにどうぞ。」
その言葉が生きるのってようやく
これからだと思うのです。
突き放すようで、そうじゃない。
自分で生きる力になる言葉を
浴び続けていたんだなあと。

娘と新年に会話した時、ある話題から
「ひとの幸せを願える人に育ってよかった。
子育て間違ってなかったのかなって
思える。」とぽつり言ったら、
「間違ってなかったでしょ。
こんないい子で。私に感謝しなさい。」と
言ってくれた。

上からも下からも自信をもらったんだ。
それだけで今日は胸いっぱい。
ふと思い出して。


人気ブログランキング

社会人に必要なスキル

先日の職場での背中で聞いてた
「涙事件」の話を息子にした。
優しく諭すお説教。

「それ、一番来るやつじゃん。
オレ、怒られて泣くってことないね。」

「いいね。
会社とお客さんどっちに怒られんの?」

「そりゃお客さんでしょ。
怒られるほど、冷静になってく。
相手が何言うかわかるし。」

「なんで?」

「え?笑 
今までの人生で怒られ過ぎて、笑」

「よかったねー。」

「だいたい興奮してる相手だと
論点がズレてくるから、
そうなったらオレ、はい、はいって言って
全然聞いてない。
納得する話だったら聞くけど。」
(そこの筆頭に私のはず。
怒ってる私にもわからなかった)

「誰にいちばん怒られた?
えぬT?(←高校部活)」

「うーん、どうだろうね。
まあM山あたりかな。(←中学)
あれで理不尽な怒られ方が続いたから
オレもひねくれ始めた。」

「笑
若かったからね。」

「そうだね。」

「えぬTは論点ズレないの?」

「うん、ズレない。ただ怖い。
でもまあ、あれは経験しておいてよかったよ。」

「あ、そういえば、高校の担任にも
怒られてたよね、名前忘れちゃったけど。
ハート形の眼鏡取り上げた先生。」

「K?笑
まあね、ほとんど怒られないって時期が
ないからね。」

母親としてもうん、うんと
振り返って頷くだけ。

アホな息子の話がなぜかためになった。


人気ブログランキング


一足遅かったこと

IMG_0167

昼休み、サギに会う。

IMG_0168

田舎と都会が混在するホームグラウンド。

IMG_0152

今日は飲み納め!!!

バナナンに最後!!!

この子。(3月発売直後が1回目)
IMG_9485

2回目が3月の終わり頃。

ところが、いきなりSOLD OUTの文字。
失意。
私「西那須野店にはまだありますか?」
ス「西那須野店の方が
先に終わってしまいました。」
失意。
車に戻り、最後アウトレット店に電話する。
「終わってしまいました~
再販の予定は今のところ・・・」

もう出会えないのか、バナナン。
今日までだったのかな。

3回目がなかったので、
2回目の記憶を大切に胸にしまって、
これからも生きてゆくのです。

フラペチーノはお試し1回で気が済むのに、
今回は好きだったんだ。
ほんとに悲しくなってしまい、

平日では初かな。
SHOZOに寄り道。
IMG_0155
IMG_0156

お店ではいつも
ラムクラシックを飲みます。
IMG_0158
豆とスコーンを買って帰宅。

IMG_0160

薔薇がすくすく勝手に育っています。
昨年まで見てないからな、たのしみ。


人気ブログランキング

懐かし写真大会開催の時(過日のこと)

FullSizeRender

ダイエット期以外で、久しぶりに見た。
惜しい、あと3回くらいトイレに行けば
40キロ台が見れたのだろうか。
この10年の間に、
推定で63キロから47キロ台までを
旅してきたので、どこに自分があっても
驚かない。
驚異的な太り方をする時がある。
1週間で4キロとか。
そういう時は、リミッターが壊れてる。
食べることでしか埋められないなにか。
逆に満たされるものがある時は、
食べることに関心がなくなる。

FullSizeRender

けっして目方じゃないけど、
BMI19というのは動きやすく健康的で、
しなやかな気がする。
17まで行った時は、やつれていた。

若い時とちがうのは、
少ししか食べなくても栄養を補給すること。
ソイジョイはやめられない。
10時に食べる朝ごはん。

昨日は地元の「若葉」さんで
おいしい白河ラーメンを食べたのだけど、
感動しながらもたった1杯がきつくて。
IMG_0086
感動の時は、悔しくなる。

若い時
IMG_0143

FullSizeRender

その頃だって「かわいい」とは
思ってないけど、
今、思えば、もっとかわいがって
あげればよかったってくらい
かわいかったじゃんか。

面影もほぼないですから
堂々と載せられますけどね。
ほげ太郎くらいの時だから、
20年前の写真。
はじめて事務のパートに出た時代。
ほげ太郎が小学生で、娘が園児。
ママ友に出会った頃だ。

ちなみに今。
顔出せるわけがない。
これは今日娘に送った写真。
IMG_0128

痩せた!と自慢したら、
同じくらいと返って来て、
背は2センチ私が高いのだけど、
娘には巨大な負荷があるから、
「それ差し引けば同じだね」という結論へ。
歩きの効果を確かめたくて。
太ももが少しだけ細くなった。

私の「痩せた」は一時的なもので、
また『旅するカラダ』は続きます。


飯炊きかあちゃんは、
昨日の残りを
さも「今日用意しました」とばりに
並べるだけ。
IMG_0140

同時に明日の自分弁当を詰める、基本です。


たけしやローランドは、
ゴルフが生き甲斐なので、
マスターズを食い入るように観ていて、

「英語はなせねえんじゃだめだべー。」の
話に集中。
「スピードラーニングしろよなー。」

「モンゴルの相撲取りだって
日本語話すぞ。」とかさ。

緊張する時、どう自分を扱うのか。
松山君からそんな勉強をさせていただいた。

自分の場合は、頭真っ白のまま
突き進むのみ。
あとは野となれ山となれ。


たけしは1日1回
何かのツボにはまる。
今日は過去に退職したひとの話より、

た「60も過ぎたじいさまが、
いじめられて会社辞めるって話、
ねえべよ。」

そこでローランドが
「あいつはブログがやりたかったのね。
家にいてもひとりでつまんねえから、
会社来てブログ書きたかったのによー、
上のやつらがうるせえことばっか言うからさ。」

擁護の内容が笑える。
私も笑いが止まらなくなっちゃったよ。
ローランド最高だな。
そんな職場にいる自分はしあわせだ。


人気ブログランキング

まさに陶器

猫ワクチン接種の週末。

コロナ対策万全で、
電話予約後、入口の土間で
診察券を置き、予約表に名前を書く。

問診表は車に持ち帰り、
車内で記入し、順番が来たら
携帯で呼び出される。

猫をキャリーバッグで連れて行き、
入口で先生に手渡しする。

猫の健康状態は、先生から
電話で説明があり、
その後、猫を受け取りに行く。

「すももちゃんがナーバスになっていて。
シャーシャーと怒っています。」

あんずはいつも落ち着いている。
すももが接種後、キャリーの中で
白目を剥き、顔を底に付けて動かない。
一瞬、アナフィラキシーショックかと
「すもも!」と大きな声が出た。

しかし興奮しすぎて、疲れていただけ。
今朝まで少し怒っていた。

開花も過ぎた公園を歩く。
IMG_0085

FullSizeRender

出先で、
カップルに話しかけた。
と思ったら女性が
わざわざ「上司なんです」と
紹介を挟んだ。

私「お肌きれいですね。真っ白。」

女性「私、全身白いんですよ。」

私「日焼け止めは何月から塗るんですか?」

女性「えっ?普通ですよ、1年中です。」

( ゚Д゚)

サラッと言われて固まった。
私はベタベタしたものが苦手で
どうしてもサボってしまう。

私「20代ですか?」

女性「いえいえ、40過ぎてます(^^;」

信じられない美しさだった。
陶器のような白、身近なもので便器。
たとえが悪いけど。

上司がこの会話に入れなかったので、
「男性と女性は
見るところが違うんですよ。」と
説明した。

はあはあと頷いていた。


天気のいい日曜日。
墓地にも行く。
花の回収もかねて。
またも供え物の缶の飲み物が
全部消えていた。
あえて蓋を外してゆるめてるのに。
「悪趣味な誰かの散歩」以外
思い当たらない。


できないんじゃなく、
ここでは一切料理をしない息子が
なにかやってる。
「いい匂い、チーズの。」

「チータラ。」
IMG_0095

初めて手料理をいただく。
クッキングシートに載せ、
600Wで1分30秒とか。
おいしい~


人気ブログランキング

ピクニック

IMG_0077
子供の歳で考えたら、
私にもこれくらいの孫がいても
おかしくないのだけど、
今日はこじるりの孫と遊んだ。

こじるりの娘が
私に会いたい!と言ってくれて
那須方面まで来てくれたのです。

昨夜
こ「美原公園に行くね!

あのさ、美原公園ってどこよ?
(その質問、どういうことなの?)

あ、ちょっと娘に代わるから。」

こじ娘「はじめまして。
どうもいつも母がお世話になっています。」

私「いつもお世話しています。
県北体育館ってわかる?」

こじ娘「はい!わかります!」

私「その隣が美原公園なの。」

こじ娘「ありがとうございます!
明日よろしくお願いします。
母に代わります。」

私「娘だと、話早いわ。」

普通の空き地に。
IMG_0070



懐かしいCDを見つけて、
聴いている。
10年前だ。
すっごく覚えている。
思い出が詰まりすぎてるけど、
覚えているのは「奮起」。
あの頃、大変だった。

果てまで続く 坂道を登る途中で
アスファルト揺らす陽炎 ゆらゆら

不気味な太陽 容赦ない強さで 今日も照らしてる
枯れないように 倒れぬように 奮い立たせる

幼きころは わけもなくまっすぐ歩いて
いつからかそれなりの理由 見つけた

運命だろうか? 夢か使命か? わからないまま
時折懸命に 悩みながら
知ってく 私を

咲き誇れ ワイルドフラワー 荒野のど真ん中で
過ぎ去ってく毎日に 根を張り生きる
どこまでも 探してる 一粒の涙を
静かに 深く呼吸をして
また 歩き出す

月と通り雨 乾いてた喉を潤し
静寂に心委ねて 眠ろう

苛立つ感情は 夜に沈めて 捨て去ってしまおう
曇らぬように 信じながら
朝を待ってる

咲き誇れ ワイルドフラワー にじんだ空の下で
凍えた心を 抱きしめて誓う
たくましく ひたむきな 私に生まれ変わる
静かに 深く呼吸をして
また 歩き出す

同じ涙流すのなら 喜びの涙を
大地を伝い そしてまた強くなる
きっと

 
人生なんてどこを評価するのか
死ぬ時に振り返るっていっても
私の近親者のように突然
予測もせず終わることがあるんだから、
「死ぬ時に振り返る」
なんて困難じゃない。
今、思うのはそこからの10年間、
濃かった、おもしろかったってこと。
大変だったからこそ!

口ずさんでいたことが現実になって、
強くなれたと思う。


デパートまで散歩して、
こじるりがごはんを買ってくれた。
IMG_0071
IMG_0072

私の手土産、スカイベリーも一緒に。
FullSizeRender

こじ娘「こういうひとが
そばにいてくれて安心しました。
一緒に仕事してほしい。」

こ「してたんだって!」

こじ娘「知ってるけど、これからもだよ。」

こ「このひとは女なんだけど、
男みたいなひとだから、
みんな頼りにするの。
そういう時、正直嫉妬もする。
みんなのドレミよ。」

みんなのみな実?
旬のワード登場、なんでもない。

帰りに近くのユニクロで
エアリズムも3枚買えた。
毎年新調してる。
でも前年のも使える。
「20」「21」とか
購入年を書いておきたいくらい。

今朝、勝手に痩せていた。
理由は、1か月以上前からか
息子の時間に夜ご飯を食べるのをやめたこと。
それから仕事中の昼が少ないこと。
疲れない仕事だからそんなに必要ない。
あとは意識せずやりたい放題。
喜びより先に「病気?」と
疑った、そんな歳。
50.5キロ、いえいいえい。
私の理想体重を下回った。
久しぶり。


人気ブログランキング




友達がくれたもの

この感動を急いで書いて残せるか。
備忘録。

職場の背中合わせに、
建物本家のチームがある。

そのまま書けないから、医療現場に
置き換える。

私のチームは、病気・ケガを未然に防ぐところ。
背中合わせのチームは、救急チーム。

多くの人がすぐ横を通り過ぎるけど、
顔もまじまじと見たことないし、
お名前も興味ない。
声だけで、人物を想像している。

若き上司が、
若手に話をしていた。

「(途中から)言われたからやりました
ってのがこれ見ると、わかるんだよ。
時間外でやったのもわかる。
でもこれではただやっただけで、
それならやっぱりBとかCに頼んだほうが
いいなって思っちゃう、正直。
いざという時、頼めるのはBやCだなって。
俺は一緒に成長出来たらいいなと思って、
Aにこれを頼んだ。
怒ってるんじゃないんだよ、
俺の見当違いだった。
成長させてあげたいって思ったから言ったし、
でもそれが伝わらなければ
ただやらされてるだけだし。
ほんと誤解しないでね、
怒ってないからね。」

異変(どうやら泣いている)

「その涙は悔しさだろ?
だったら一緒に成長しようよ。
これから後輩も来るんだからさ。
もうこの話は一切しない。
普通に接する。
だからおまえもいつまでも引きずるなよ。」

かっこいい!!!!!

厳しさ 愛

こうして学んだことは
ずっと忘れないよね。

危険を伴う
命にかかわる
そういうところだから
ちょっとした判断ミスも許されない。
もうね顔がどうこうじゃないけど、
精悍な顔つきであることはわかる。
緊張感が常にあって。

うちの子供がどうしたこうした、
隣で井戸端会議やってる元同僚たちの
温度差よ。

そして同じく背中で聞いてて
聞こえないはずがないたけしだって、
かつては親分だった。
昔のたけしは怖かったと思う。
それは下を守るために。

ちょっとしたことだったけど
はじめて煎餅工場の仕事をする時、
「火の元だけは気を付けてね。」と
3日連続で朝夕言われた。
子供じゃないんだから
わかってるよって思ったけど、
最初が肝心ってたけしの思い。
「火事だけは責任取れないから。」
(私にね)
ヒーターの電源、コンセント。
私は今でも毎回緊張して
消えたのを抜くのを怠らない。
あれはたけしが
3日連続で言ってくれたから。
愛でしょう。
私の工場から失火しないように。

新たな環境の中で、
また違う感動をいただいている。

私を今の世界に入れてくれたのは
私がひとりになった当時、
そばで支えてくれた「フロ友」の
おかげにほかならない。
都会での管理職を経て、
田舎に戻って転職後、
当時、派遣の斡旋をしていた。
1年だけでいいから、
練習と思ってフルタイムで仕事をして、
2年目からは自分で好きな仕事に就くように
と私に言ったバリキャリ。

でも私には楽しすぎて、
そこから会社・部署は違えど
15年以上お世話になってる。
愛人たちもそう。
父も母たちも兄も弟も恋人未遂も
全部その中にいる。

仕事というより「働く場所」が
私を奮い立たせた。
甘くないもん、仕事だから。
ここだけはひとりで戦う場所だった。

あれからの人生たのしいこと
いっぱいあったけど、
「楽しいだけじゃない厳しい中」で
得たものが自分の財産にもなったし、
生きる力を与えてくれたもの。
そこで出会った人たちの力や愛が大きい。

あらためて、フロ友にありがとうだ。


人気ブログランキング


時の人に会う 縁起がいい気がする

一昨日、ふたりいるうちの
ひとりの愛人から着信。

「今年も 届けますから。」

春先担当愛人。
もうひとりは、野菜収穫期愛人。

「金曜日は、チーママと出かけてるんです。」

「いいよ、どこでも。
そこに行くから。」

結局チーママは健診でおやすみ。
私は社に残り、昼休みの連絡を待つ。

11:38

業務中に着信。
廊下に出てかけ直す。

「今、玄関に来てるから、
そっと下りてきて。」

昨日買っておいた温泉まんじゅうを慌てて
バッグから取り出し、走る。

相変わらず一瞬のできごとだった。
やっぱり早く来た。
年寄りはそういうものだ。

このお年寄り、先日、
聖火ランナーを務めた。
LIVEで元気な姿を確認した。
社内でもこの話で持ち切り。
だってここにいるじいさまたちの
親分だったから。

でも私はふたりの愛人とのつながりを
明かしていない。
愛人ってそういうものだから。

昨日もたけしたちは、
山菜の話で盛り上がっていた。

「あんな葉っぱみてえな食べ物よ、
何がうまいんだって思ってたけど、
年寄りになったら、
食いたくなるんだな。
まだちっとはやいべ。
どこかにねえかな。」

時間中に走って
みなさまが話題にしていたお宝を受け取り、
しれっと冷蔵庫にしまったことも
言い出しにくい。
(分けるほどあるなら分けたよ)
秘め事ってそういうことだから。

IMG_0055
A型さん、毎年几帳面にそろえて
保冷バッグまで用意してのお届け。

その袋を引きちぎるO型。
IMG_0058

私が帰る頃、
チーママも受け取りにやって来て、
チーママの車内でおしゃべりをして帰宅。
「疲れたでしょ。」とおやつをいただいた。

その音が、誤解を与えた。
IMG_0051

早く何か出せと手荷物チェックを受ける。
IMG_0054

何もないので、ブラッシング。
IMG_0043

IMG_0040

IMG_0062

暑がりさん、ギリギリ結べる長さに間に合った。
中途半端で、切りたい誘惑を我慢我慢で。
来週からこれで安心。

4月、新年度。
新しい制服の中高生がまばゆい。
青春を味わってくださいねー。


人気ブログランキング


☆ひとこと☆

未亡人になりました ドレミの日記

を書いていたドレミです。

死別から15年。

猫たちと1分1秒でも長く過ごしたい(=^・^=)

これからもよろしくお願いします。

お客様
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ