ドレミの日記 ~no cat no life. I am a widow.~

2020年6月、夫と死別して15年が経ちました。12月、単身赴任からの電撃退職。2匹の娘と自宅に帰って参りました。社会人5年目の息子と同居再開 。娘は東京のOLになりました。ねこと仕事とわたし。代わり映えのない毎日をたのしみたい。

2015年05月

隣人について

4月下旬から
夕飯の時間が遅くなった。
今は8時頃始まる。
洗濯物の量が増えた。
ダイエット女子の都合に関係なく、
ごはんを必ず作るようになった。

以前よりも
夜、ひとりで過ごす時間が増えた。
LINEもしなくなった。

寝る時も何も変わらない。
視界に入るものなし。

しかし大きく変わったところは、
隣家にcomが引っ越してきたこと。

結婚生活ではないけれど、
結婚生活も
こんな感じだったような
そうでないような。

10年間、自分時間で
過ごしてきたから、
今さら人の生活に
合わせることなんて
できるだろうか。
けれどそれはお互い様。

その結果、
夜ごはんは一緒に食べるけど、
食後、お隣さんは家に帰る。

朝、1杯だけうちで
コーヒーを飲む。

朝ごはんは実家で食べてる。
ついでに昼用の母弁当付き。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ある時、お隣の若いファミリーが
引っ越すことになり、空き家が出た。
その頃、comは
実家の修繕の話をしていた。
親孝行という言葉が出るようになった。

不動産関係の友人から
隣の空き家を買いたいと相談があった時、
私、勝手に断ってた。
知り合いが検討中だから
どうか待っていただけませんかと。
営業妨害w
私の持ち物でもないのに。

1年4ヶ月、じーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーっと

決断を待った。

最後は売主さんが
直接comに働きかけたようだ。
そしてcomが家を買う運びとなった。
決まってからは加速して
物事が進み、
友人に話すタイミングも
逃してしまった。
私もいつから隣に来るのか
まったくわかっていなかった。

そして開始日も忘れてしまったけれど、
GW前には隣に来ていた。
少しずつ引っ越しが始まった。
けれど大きな家電はまだ実家。
車で5分くらいの場所に。

何も言わずとも
毎日のお洗濯代をくれた。
(貯金にしたい)

最初は6時半には起きていたのに、
最近は7時15分頃に
遅くなって、
今朝なんてコーヒー立ち飲み。
「濃くて目が覚めるね、
ショットガンみたい。」だと言っていた。
苦くしたんだよ、わざと。

com実家ごと
来年には隣家にやって来る。

けれどうちの子供たちが
帰る場所を失わない。
子供たちの進路も未定。
仏様も安心して過ごせる。

こうするしかなかった
というか
空き家が出たのも
奇跡のような話で、
自ずと答えが導き出された。

今日お隣さんは外出している。

勝手に許可なく
書いちゃったよ。
住所、個人情報の話。


「どう?新生活は。」と
知っている人に聞かれる。

「おままごとみたいで
楽しいです。
でもひとりの時間もあるし、
何も変わってません。」と
答えている。

「それはよかった。
近くにいれば安心だもんね。」
と言われる。

私の不安は、おぴ子不在時の
GKとの遭遇しかないのだけど。

できないことは
あきらめてきたんだけど、
最近はダメ元でいろいろ
注文をつけている。

C「あーあー、
プラモデル作りたいなー。」

私「だったらウッドデッキ作ろうよ!」

完全にうちの敷地内のもの。
業者さんに頼むと高いから
これもあきらめていたわ。

お隣さんとの生活に慣れてきた。
しかし、距離が近くなった分、
会話は減った気がする。
安心感ってそういうことなんだろうね。



人気ブログランキングへ

Today you, tomorrow me.

ジイの病院に明日から
職場の友が入院することになった。
お見舞いに行く計画を立てた。
手術前の本人はケロッとしているけれど、
腹腔鏡手術と聞くと
こっちが緊張する。

急遽数名で壮行会ランチをした。
image

そこで手術経験の話になった。
全身麻酔にもほかの人は詳しい。

「起こされるんだよ、
〇〇さーん、起きて下さーいって。」

気分は悪くないの?
眠いだけ?

「うん。
朦朧としてるからね。
ただ傷の痛みよりも
肩とか全身が痛くなるって
いうよね。」

で、思い出した。
別の友人の入院の際の言葉を。

「ずっと腕とか上げてるからだろうね。
体中が痛くてさ。」

と言ってた。

帰りに「何で全身麻酔したのか
思い出した!胃カメラだ。」と
ランチの時に
何で麻酔したんだっけなー?と
思い出せなかった友から。

で、私も思い出した。
最初の胃カメラの時は、
麻酔で一瞬で落ちた。

それから数時間後に
目覚めたんだけど、
何をされたかまったく記憶にない。
おねしょをしていないかと
最初に心配した。
何をされてもわからない。
胃カメラだからと軽い気持ちで
出掛けたのだけど、
誰か付き添いがいても
よかったなと後から思った。

病気に関しては
何を聞いても他人事だとは
思っていない。
どこに出るかの差はあっても
私もいずれ経験することだと
思ってる。

最近、とても幸福なので、
こういう時に
突き落とされるんだよな
と考えてしまう。
自制心が働く。

たいていのことはなんとかなるって
経験からの自信はあるけれど、
幸せな気持ちになると
この後は落ちるだけだと思って
マイナス思考になる。

いつも心にトラブルを

くらいがバランスが取れてちょうどいい。
乗り越えながら、
笑い話に変えていく。



人気ブログランキングへ

タイツ

洗濯物の話。

休日は外に干していた。

たたむ時に
私のものではないタイツがあったから
おぴ子に渡したら、
知らないという。

image

このタイツ、普段着用でないのは
見てわかった。

洗濯表示のところから
販売元を調べたら、
サポーター、コルセットの
会社だった。

風でどこかから飛んで来たのか?

肌とのピタピタ感を
想像すると
気分のいいものではない。
誰かにお返ししたい。



人気ブログランキングへ

温泉

仕事場で嫌なことがあり、
昨日の歩き疲れもあって
1週間乗り切れそうにないので
おぴ子と温泉に行った。

温泉行こうよ

って言ってから10分後には
ここに立ってた、近い。

2015-05-18-19-49-48

入れ替わりはあったけど、
ほぼ貸切~

2015-05-18-19-54-56

2015-05-18-19-54-59

あるものを片っ端から
試したりして、楽しんだ。

2015-05-18-19-57-18

露天もひとりー。
(このためにスマホを入れる
ジップロックを持参した)

2時間経っても
ぽかぽかする。
家のお風呂とは違うね。


2015-05-18-20-25-02



人気ブログランキングへ

娘のワンオクの旅

朝7時に家を出て、
夜22時過ぎに帰宅。
日帰りなのに、
泊まりで旅行してきた気分です。

image

娘、ワンオク。

大人は、仙台で食べ歩き。

2015-05-17-11-58-03

2015-05-17-16-57-38

2015-05-17-16-58-04

娘は物販に5時間半前から
ひとりで並んでいました。
無事目当てのTシャツも買えたと
LINEがあったので、
(仙台から)迎えに行こうか?
って返したら、
「大丈夫。」って。
待ち合わせまでの3時間
ひとりで待ってた。
自販機で飲み物を買いたかったけど、
5千円札しかないから
我慢してたとか。
(近隣にコンビニもない)
そういう話を聞いても
この子はへっちゃらなんだろう
とわかってる。
女の子だからもちろん
心配はするけれど、
中身が男子。

15時に今日おぴ子に
お供してくれた子の
両親と待ち合わせをして、
10年ぶりの再会を果たしました。

アップルパイをいただく。

2015-05-17-17-11-44

仙台は有名な土産物が
ありすぎて、
何を買おうか迷ってしまう。

今日は萩の月と
喜久水庵のお茶の大福を購入。
銘菓以外の地元のお菓子も
うれしかった。


2015-05-17-18-26-47

2015-05-17-18-45-03

2015-05-17-18-49-50

19時頃、利府の会場に迎えに行くと
ちょうどアンコールの時間で、
外にいても揺れが伝わった。
ちょっと聴こえたからラッキー。

同い年の男の子と初対面。
会話を引き出して
親しくなれるようにがんばった様子。
ザ・たっちって感じ。
声はさかなクンだった。
ってさー(^_^;)
私は会えなかったから、
言われたままで想像するしかない。

帰りは別々に出てきた。
冷たい女の子(・_・;)

行きの車でおぴ子は、

「私、人との距離感が
わからないんだよねー。」

と。

「近付きすぎちゃうんでしょ。」

「そう!それでおまえうぜー
みたいになる。」

守備範囲が広いから大丈夫。
誰とでも。

念願叶って、
大興奮、大満足の様子でした。


帰ってまず洗濯機を回し、
明日の弁当の用意を済ませました。
寝坊しないように。
そして1週間乗り切らなきゃ。



人気ブログランキングへ

よくある話

以前娘から
「地元から同じ学校に通う男の子が
いたのー。」
という話を聞いた。
その子は高校の近くで
下宿してるんだけど。

名前を聞いたら
めずらしい苗字で、
出身中学を聞いたら

ありゃりゃ、昔付き合ってた人の家だ

とすぐにわかった。

付き合っていたといっても
高校は別々だったし、
期間は長くなかった。

覚えているのは、
初期のデートで
モスバーガーで食事をした時、
私の顎が外れて、
パニックになったことと

図書館の駐輪場に停めた
自転車に愛用のシャーペンを
ぶら下げていてくれたという
サプライズがあったことや

初めて手を繋いだのも
その人だったかもしれない

この話やめます。
書いてるうちに
どんどん思い出して、
全部書きたくなってしまう。

四半世紀も昔の話。

おぴ子と違って、
私にはそういう青春の思い出がある。

それで本人の子供なのかな?
って思ったけどそうではなくて、
お兄さんの子だった。
おぴ子に探りを入れさせたので。
伯父さんか叔父さんいる?
みたいな。

おぴ子に話したら、
ゲラゲラ笑ってた。

でも絶対その話は
(甥にあたる)その子にしないでよ
と釘は刺した。

世間は狭いねー
みたいな話になった。

今日、義姉からLINEが来て、
またそのめずらしい苗字を聞いた。

〇〇さんって知ってる?

と。

ドキッとした。

「おぴちゃん知り合いみたいなんだけど。
その子のお父さん、お母さんと
知り合いでね、同じ高校だって
話になって。」

と。

娘だけではなく
義姉もその家族と
つながりを持っていた。

それが成就していたら、
私と義姉は姻族になっていないし、
そもそもおぴ子も存在しない。

四半世紀も前のこと、
笑い話になるだけなんだけど、
立場上
というか私と義姉は姻族で、
結婚前の話をする必要もない。
それを知ったところで
さすがに
「弟さんとうちの義妹が昔・・・」
なんて話を出すはずもない

いや、わからんぞ、
あの義姉ならノリで。

間接的に2度も思い出した。

本人じゃないから、
知らないところでの話だけど、
世間は狭いのよね。



人気ブログランキングへ


見舞う

BlogPaint

染めて、軽くしてもらった。
髪質が悪いから、
これでもスタイリング直後。

そのあと、ジイの病院へ。

2015-05-16-12-50-32

20日ぶりに入浴したそうで、
大喜び。
お風呂がキレイだという自慢話を
数回聞かされる。
退職後の人生の大半、
温泉に通ってた人だから。

2015-05-16-13-04-39

いつの新聞読んでんだろうな
って見たら、今日だった。
普通だな。

私の幼なじみのお母さんが
亡くなったことを知っていた。
連絡があったようで。

「若いのに、可哀想だな。
●●が悪かったんだよ。
●●は治らない。
みんな死んじゃうんだ。」

レッ…いや初回だから
イエローカード1枚。

ここは病院。
同じ病気の人がいたら
どうするの。

厳重に注意する。

それから
フライングで
退院予告をするのを
やめてくれ
と注意する。

へらへら笑ってごまかしていた。

「この病棟はね、
みんな肺の病気。」

2枚目、本当なら退場だろう。

人の病気のことを
口にしない!
2度目の厳重注意。

昨日、同じ病室の92歳の
おじいさんが夜中に
歩き回ってしまったそう。
看護師さんみんなで探したんだよ
って。

人の心配をしてる。
頭、正常。

竹山が言ってた。
「うちのジイさんみたいに
頭はしっかりしてて
体がヨボヨボなのと、

体は元気だけど、
頭がボケちゃうの
どっちがいいんだろうな?」と。

現状では徘徊に対応できないから
まだよかったんじゃない?と言う。

「そうだよな、会社の人に聞いたら、
徘徊が大変だって言うし、
部屋でうんこしちゃうんだって。
オレ、それだけは無理だ。」

うちだって、わからんよ。
いつ部屋にミサイルが
落とされる日が来るのか。



人気ブログランキングへ

バッサリ切れたらラクなんだけど

私の髪の専属スタイリスト(おばちゃん)が
毎週日・月・火曜定休日という
やる気&商売っ気の無さを
見せ始めたので、
30年来、そこで髪を切っていた私は
とても困っている。

土曜日しか行けない。

土曜日に用事が入ると
また先送りとなる。

今日は雨でテニスが中止になった。

先週はリフォームで
参加できなかったし、
大会も近いので
練習は必要だったのだけど、
少しホッとした。

そうそう、6月にけっこうガチな
大会に出ることになった。

名目は大人がたのしく
遊びましょう

って感じだけど、
上手な人しか集まらない。

団体戦で、1チーム6名必要。
現役中高生のお父さんたちは
子供の大会と重なって不参加。

ようやく6名集まったら、
そのうちひとりが靭帯を怪我して
不参加となり、
急遽、先日まで肋骨にヒビが入っていた
パパが出てくれることになったそうだ。

ペアは決まっている。

私は前回秋の大会で
ペアを組んだお父さんが前衛。
そうだったらいいな~と
思っていたから
うれしい。

あの時の大会は、
空気を読めず重鎮に
ストレート勝ちをして、
2戦目はファイナルで負けたけど、
力の差は明らかだったから
相手が顔色を変えてしまっていた。
まさかこんな相手と
競り合うとは…
そして3戦目に入る前に
私は別の用事で退場した。
気持ちは勝ち逃げ。

そりゃ勝ったら
気分はいいのだけど、
負けても僅差だったら楽しい。
手も足も出ないような相手でも
勉強になるから
楽しいはず。

comさんは移籍した。
(みんなの圧力でさせたw)

中学OBではないけれど、
この大会からこっちのチームで出る。

そしてcomさんのペアはなんと
自身の中学時代の顧問なのです。
(私たちにとってはただの父ちゃん仲間)

自分にテニスを教えた人と
大人になってペアを組むことに
なるとはね~

comさんがナイスショットをすると、

「先生の教えが良かったから。」と
言っている。

ミスをすると
周りが
「先生の教えが悪かったから。」と
笑っている。

「そういうこと言うなよー。
40過ぎたら、もう教え子とか
関係ないでしょー。」って。

私も怪我をしないように
気を付けないと。
補欠もいない状況だから。

これからシャワーを浴びて、
美容院に行く。
目立ってきた白髪を隠しに。



人気ブログランキングへ

お嬢ちゃん早すぎない?

週末、娘の足となり宮城に行く。
ワンオクのLIVEがあり、
物販に5時間前には並ぶと
言っているので驚く。

娘「物販終わったら、
お母さんと合流するでしょ?」

母「時間もわからないのに
どこで待ってるのよ。」

娘「じゃあLIVEまでどうするの?
いいじゃんそれくらい。」

母「仙台から車で40分くらい掛かるよ。
仙台にいようと思ってたのに。」

一緒にLIVEを観る義姉の甥っ子と
今朝からLINEで連絡を取らせている。

ぎこちないやり取りで
話がまとまらない。

失礼な娘は甥っ子くんの
LINEのホームを見て、
「アニメなんだもん、無理だわ~」と
言っていた。

仲良くやってほしい。

そして私の任務をなるべく
早く終わらせてほしい。

ふたりが無事合流できたら、
私は仙台の街に向かう。

ということで
直前なのに
具体的なことは何も決まっていない。
家族だけならいいけれど、
他人を巻き込んだのだから、
滞りなく物事が進みますようにと
願うだけ。

傾けずに注いだら
アワアワのビールになってしまった。
image

休前日なのに眠くて
夜更かしもできない。



人気ブログランキングへ

人生の後輩に諭される

幼馴染のお母さんが亡くなった。
昼休み弔問に行った。
幼馴染は不在で、弟が応対。
弟に会うのは30年ぶりに
近いと思う。
私が誰だかわからなかったという。
「ふくよかになっちゃって
わからなかったよ。
昔、ガリガリだったでしょう。」って。
そう言われるのも覚悟してた。
お父さんにも会って、
「面影もないね。」と。
今日はそういう話じゃないでしょ。

弟の目に涙が溜まってた。
今にも泣き出しそうで。
でも奥さんや子供たちもいるから
気丈に振る舞ってた。
早くに幼馴染を生んだから
若いママで美人さんだった。
「おばちゃんキレイだったもんね。」と
言ったら弟は「キレイでしょ。」って。
お父さんはうん、うんと頷いた。
帰りに「トモの奥さん、きれいだね。」
って言ったら
「そんなことないよー。
オレはドレミちゃんと結婚したかったよー。
オレの憧れだったんだから。」
だってさ。
バカ言うな、私の暗黒時代を。
あの幼なかった子の口から
こんなおっさんみたいな
言葉が出てくるのが信じられない。
37歳だというじゃないか。
小学校低学年までしか知らないから。
でも可愛かった。
やっぱり私にとっても「弟」。


帰りにセリアという百均に寄った。

2015-05-14-18-58-12

すり鉢を探しに。
棒とセットで100円。
しかも小さくて気に入った。
胡麻すり用に。

疲れてる時になぜか
やりたくなるお菓子作り。
帰宅してまずコレを始め

2015-05-14-20-16-34

胡麻をすって、
サラダうどんを作った。
余ってるレタスを使う目的で。

2015-05-14-19-24-39


今日よく知っている人が
突然解雇されたらしい。
仮にで、その方の職業を
ゴルフ場の芝の管理人とする。
名前をZさんとする。

私「今日ね、Zさんが突然
クビになったの。」

娘「Zさんて誰?
私の知ってる人?
なんでクビになったの。」

私「Zさん、芝刈りしないから。」

娘「芝刈りくらいいいじゃん。」

私「芝を刈るのがZさんの仕事なの。」

娘「それじゃダメでしょ。」

私「たしかに仕事はしないけど、
明るくて楽しいんだもん。」

娘「そんなのオカーの考えが
子供すぎるでしょ。
仕事しないなら当然でしょ。
上の人は正しいことをしただけでしょ。」

私「正しい、間違ってる
ってそれだけじゃないじゃん。」

娘「だったら言ってあげればよかったんだよ。
ちゃんと芝刈りしてくださいねって。
それを言わないオカーも悪いでしょ。」

私「そうか。」

娘に諭される。

娘「Zさんこれからどうすんの?
その歳じゃ再就職厳しいでしょ。」

私「お金持ちだから、
生活は大丈夫なの。」

娘「それならよかったじゃん。」




人気ブログランキングへ
☆ひとこと☆

未亡人になりました ドレミの日記

を書いていたドレミです。

死別から15年。

猫たちと1分1秒でも長く過ごしたい(=^・^=)

これからもよろしくお願いします。

お客様
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ