ドレミの日記 ~no cat no life. I am a widow.~

2020年6月、夫と死別して15年が経ちました。12月、単身赴任からの電撃退職。2匹の娘と自宅に帰って参りました。社会人5年目の息子と同居再開 。娘は東京のOLになりました。ねこと仕事とわたし。代わり映えのない毎日をたのしみたい。

2017年11月

買い物 ドラマ 普通の生活

朝晩犬の散歩をしながら、
考え事をしている。

私はこんな結果を望んでいなかった。
最後の怒った顔しか思い出せない。
それなのに相手を守ることに
必死なのはなぜ。

それは幸せな記憶まで
否定することになるから。

選んだのも私。
決意したのも私。
数々の思い出。
形に残る彼の作品たち。
6年という重み。

原因や過程。
そこをうやむやにしてはいけない。
本当に傷ついたのは別れた後だった。
現実を認めないと、
先に進めない。


昨夜遅くにベッドに行ったら、
先にふたりが待っていた。
2017-11-22-00-11-54

毎日少しでも遊んであげると決めた。
2017-11-22-19-07-33

2017-11-22-19-07-42

2017-11-22-19-08-19

毎日ひとつひとつ小さな目標を
クリアしている。
今日は昼休みに外出し、
食器洗剤とスポンジを買った。
買い替えなきゃと思ってから
だいぶ時間が経っていた。

猫の餌、トイレットペーパー、
猫の砂、ティッシュ、柔軟剤。
日用品の買い物をするのも
久しぶりだった。
生活に目が向いたということだけでも
進歩なのだと思う。


やっほい、明日は神様がくれた休暇。
仕事も納期に間に合いそう。

可愛い女の子たち(あんすも)と
女子会中。
一緒に録画みようよ、宝箱よ、
ハードディスクの中身。
何週間分溜まっているのか…
がんばらないと。


人気ブログランキング

カリカリマシーンSP

やっつけ仕事をしてきた。
はい、次はい、その次はい、
と「やっつけマシン」。

自分のが終わり、
すぐに新入りの手伝い。

「優しいー。
ありがとーございますー、
それやだなーって思ってたやつです。」

「別に新入りのために
やってるんじゃないの。
私が早く帰るため。
猫が待ってるんだから。
優しいようで、優しくない。」

「ひどーい。
私と猫どっちが大切なんですか?
でもいいや、結局優しいから。」

「新入りはひとりでご飯
食べられるでしょう。
猫ちゃんは食べられないの。
だから猫。」


さっきすごいの注文した。
image

今日はじめて見て、コレだ!と思った
自動給餌器。

・スマホで遠隔操作
・みまもりカメラ
・音声で話しかけられる
などなど

価格は高いけど、
これで不安解消だ。

先日、家電の遠隔操作も
できるようになったばかり。
遅れてアプリが完成した。
image
操作がわかりにくかったです。
アプリができるまでは
不便でしたが、
以前の方が操作は簡単だったな。


うちの冷蔵庫の中身が…
2017-11-21-20-02-26
ひどすぎる賞味期限切れ。
本当に結婚以来、最長記録で
料理をしませんでした。
というのも家でまったく
食事をしていなかったからです。
(息子もメシいらねーと
気を遣ってたのかしら???)

昨日は蕎麦を食べようと思ってやめた。
今日はご飯を炊いてみた。

その代わり、外食の機会があれば
しっかり食べてる。

テニスの打ち上げの店、
おいしかったな。
2017-11-21-20-00-56


会社に着いてすぐ
年末調整の書類を書き終えた。
記入欄が埋まるほど
書くものが多かった。
お父さんたちと同じ。

明日も早く帰れますように☆



人気ブログランキング

冷静に 冷静に

疲れて吐き気がして
早く寝た。

残業なし、土日祝休み

の条件を決め手にして、
同僚ふたりは職安で
今の会社を選んだという。

私は失業中で、
人の紹介で入った。
労働条件は知らなかった。
厳しくても会社に
入れればいいと思ってた。
ペットもいなかったし。

今、会社が変わろうとしている。

今週はとても忙しい。
平日残業で対処できないと
ボスが上司に伝えたら、
3時間でも4時間でもやって
終わらせろ
と言われたそうだ。
23日の祝日に出勤して
いいか確認したら、
居候という建物の都合から、
「常識で考えろ」と
一蹴されたという。

ここに来て、
上司たちは殺伐としている。
ストレスが溜まっているのだと思う。

犬猫母子家庭になって、
最初の山場が来たなと思う。

何時に帰れるかな。
まだ自動の給餌器を買っていない。
息子の帰宅はもっと遅い。
連日23時とか。

野良猫を考えたら、
雨風を凌げて、暖を取れて、
死ぬわけではないし、
動物だってやわじゃない。

たろうも外でじっと我慢できる子。

今までの過保護生活から
普通の距離感に変わるだけだと
自分を励まし、

今週を乗り切ろうと思う。


人気ブログランキング

大会に参加する

2017-11-19-08-48-51
失意の中、
参加を決めていた大会に出た。

仲間と過ごせてたのしかった。
夫婦をいっぱい見て、
思いやりが自然で、
なんというのかな、
こうだよね!と思った。

チカラが出るようなものを
いただく。
2017-11-19-15-45-55

2本も飲んじゃダメよ!と言われながら。

参加賞のクッキー。
2017-11-19-15-40-34

今日は予選リーグ2位までが
決勝トーナメントに進めた。
予選2位になれた。
2敗して、4位だった。

チームのメンバーが準優勝し、
千本松牧場詰め合わせセットを
いただいていた(^_-) 可愛い。
2017-11-19-14-57-42

メンバーから私にプレゼントも。
2017-11-19-15-46-00

2017-11-19-15-46-31

昨夜、照明の紐が切れてしまって、
背の高い息子に頼んだのだけど、
やっぱり手伝わなかった。

帰って自分でやったら、
突然蓋が落下して、
割れてしまったよ。
2017-11-19-15-38-22

2017-11-19-15-38-09

損失。
ついてないなと思う。

落ち葉なのにキレイだから
掃かずにそのまま。
2017-11-19-16-09-24

タロウも落ち葉でじゃれるのが好き。
2017-11-19-16-21-27

初雪を見た日。
「ふっかけ」とこちらの人は
言うのだけど。吹きかける?標準語?
2017-11-19-16-22-46

これから支度をして、
テニスの打ち上げへ。
いつも2時間飲み放題だから、
終わり時間が決まっていて安心する。

明日は月曜だけど、
みんなとたのしみたい。

会社が変わるのが嫌だなー。
地元の会社に勤めたいなー。
宇都宮に行く機会が
増えるんだもの。。。
帰りが遅くなるし、
休日出勤も増えてしまう。
疑似離婚により、
いろいろと今後のことを考える。



人気ブログランキング

心の整理

相談者 40代女性 未婚(死別)

相「もしもし、Dと申します。
今日は6年付き合っていた
男性のことでご相談があります。

今はまだ波があるというか
生活の変化に慣れなくて。
楽しかった記憶から
抜け出せずにいます。

このままなんとなく時間が経てば、
景色も考え方も変わるのでしょうかね。」


人と人には縁があります。
知らなかった人と出会って、
好意が芽生え、
それで友人になったり、
恋人になったり。
同じように別れのタイミングも
あるんです。
Dさんは、死別されているということで、
とても深い悲しみをご経験されていると
想像します。
それでも本当に縁があれば
繋がっているんですよね。
肌の温かさを感じたり、
染みわたる声を聞けなくても
穏やかな笑顔のその人が
心の中で生き続けるということです。
そこまでの人には
なかなか出会えないものです。
そして冷淡なようですが、
ひとはもともとひとりなんです。
誰かと一緒にいると忘れがちですが、
誰しもひとりなんです。
出会いの多い人生を歩むか
少ない人生を歩むか、
もちろん恋愛をしなければ、
別れのつらさを経験せずに済みます。
レールを想像してみてください。
終点が「死」です。
同じ景色に見えても
1キロ先に見えているものは
また違うものです。
そこに乗り合わせた人が
いたかどうかです。
ひとりだったのに、
途中まで一緒に座って
おしゃべりをして、
楽しく過ごせた。
その間、あなたはお話に夢中で、
周りの景色を見ることも
忘れていました。
季節が変わるように
人の人生も春から冬へと
変化していきます。
列車は進んでいきます。
同じ瞬間はありませんし、
明日はまた別の景色が広がっています。
明日を大切に過ごす。
その小さな目標だけでいいと思いますよ。
焦らなくても
変化はあります。
逆にずっと同じままというのは
不可能なのです。
しっかりと自分の目を養い、
大切なひとに出会えたら、
またおしゃべりすれば
いいじゃないですか。
もともとひとりなんです。
自分を大切にしてあげてください。
悲しいと思わずに
いい経験ができたと
喜んでください。
人は笑顔でいられるのが一番です。
大変なことやつらいことも
ありますが、
ひとつひとつ乗り越えて、
笑っていられる人生を
歩んでくださいね。

D「ありがとうございました。」



人気ブログランキング

土曜日

週1休みの合う土曜日、
猫を飼ってからは
遠出を控えていた。
午前中テニスに行き、
午後は食事して、ぶらぶらと。

この「食事して、ぶらぶら」が
私の生活習慣から消えた。

夜は慣れてきた。
あとは土曜日を克服していくこと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

タイヤ交換をしてもらった。

しかしそのタイヤに
ほとんど「溝」がない。

ブリザック4年目の冬。
いいタイヤはすぐ減るそうだ。

今季、雪が降ったら
「車に乗らない」
ということを選択する。
途中で降ってきたら、
「置いて帰る」。
でも降り方次第で
怖くなったら、
無理しても「買う」。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

11日、墓に行くのを忘れた。
今朝、テニスの前に寄った。
2017-11-18-08-23-17
ひとことだけ
話を聞いてもらった。

明日、ミックスダブルスの大会があるので、
練習に集中した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

午後、先日久しぶりに再会した友が
外に連れ出してくれた↓
2017-11-18-15-22-57

2017-11-18-15-03-49

2017-11-18-15-13-00

2017-11-18-14-24-25
一緒にお蕎麦を食べた。

大切にしたい縁だと思った。

2017-11-18-16-21-26

土日、息子が家にいると
調子が狂うよ。
録画三昧したかったのに。
野球のために
リビングにずっといる。

甘えん坊さんのしましま猫。
おかあさんがベッドに行くのを
ここで待っている。
image



人気ブログランキング

それで引き続き娘

新宿の居酒屋でバイトをしている。
多分働き者。

今月は9万くらいいくかなー
(私よりはるかに小遣い多い。
仕送りいらないじゃないの!)

今月はバイト代が多く、
収納付きベッドを自分で買うらしい。

寮には家具も家電も
備わっていたから
何も買っていなかったのだ。

私は引っ越しの準備をしないと。
送るものは、
息子のお古の洗濯機
息子のお古の冷蔵庫
しほりん夫にいただいたオーブンレンジ。
わずか3点である。

引っ越し業者さんよりも
ヤマトさんが安かった。
他社と比較せずに
頼みやすさでネット予約をした。
23日の祝日に引き取りに来て、
25日の18時すぎに届けてくれる、
引っ越し業者さんよりも
時間の都合が合っていた。

その連絡をするため
18時前からLINE、電話を
始めるが既読にもならない。
バイト中でも
既読はつくことが多いのに。

胸騒ぎがした。
怪奇な事件の後だから。

以前、娘の彼氏のアパートに
ギターを送った。
その時の送り先の
電話番号(彼氏)が
残っていて、
メッセージを送った。
うちに連れてきて会ったことがあるし、
今はSNSがあるから、
身近に感じる。

律儀な好青年は
電話をかけてきてくれた。
話し方もしっかりしている。

「今、バイト中だと思います。
生きてますよ。」

母「Mぞん(あだ名)に聞いちゃうね。
おぴ子さ、25日に荷物送って
って言ってたんだけど、
26日の予定知ってる?」

M「26日はー、5時までバイトって
言ってましたね。
で、その夜は友達と遊ぶって。」

即答だった。
すごいよ、Mぞん。
本当に「保護者」という感覚でしかない。

母「ありがとう!
ごめんね、電話しちゃって。」

M「いえ、大丈夫ですよ。」

それから1時間後くらいに
娘から電話があった。

「さっきMぞんに電話しちゃったよ。」

「あっ、そうなんだ。」

「聞きたいことは全部わかったから。

あのさ、Mぞんと結婚して。
安心!
それだけ、じゃあねー。」

「はいはい。」


私の経験上、悲しんだ後には
必ず何かしらのフォローがあるのですが、
今日はこれだった。
ダメ元だったのに。

image

WANIMA当選したんだよ。

千葉だよ、夜だよ。
犬猫どうするよ。
誰と行くのよ。

そこまで考えていなかったんだ。

2枚当たったから、
娘とMぞんにあげようかな。


人気ブログランキング

本当の終わり

今の気持ちは、
ようやく落ち着いた。

そしてとても長い期間、
気が張っていた分、
疲れが出てきた。

別れというものを受け入れるのに
ここまで苦労した関係は
死別以外では初めてのこと。
それだけ深かったのだ。
憎悪に変わって
すべてが終わった。

ブログだから
一方の話でしかないが、
とにかく漫才のように
たのしい時間が続いた。
同い年だったし、
感覚も似ていて、
おしゃべりが尽きることはなかった。

女同士

うん、こんな関係だったと思う。
ずっと笑ってしゃべっていて。

それが6年も続いたのだから、
なんとも甘美な時間だったと思う。
(途中途中ケンカはしてるから、
1、2か月分くらいは差し引いても)

本当に終わったんだと
悟ったのは実は今日なのです。
ギリギリまで
めまぐるしい動きもあったのです。
それは猫をめぐって。

日本初かはわからないけれど、
猫の親権をめぐる争いに
発展していたかもしれない
本当の話なのです。

ふたりの中に
猫がいなかったら、
こうはならなかった。

猫に会う権利を奪ってはいけない

そう思っていました。
けれど最終的には、
もう何も頼らない関係、
私がひとりで育てる決意と共に。

おかあさん、注射代稼がないと。
ひとり扶養を抜けたけど、
東京の長女、自宅の双子の姉妹。
娘3人の母であり、
あ、忘れてたけど中年の犬の
養母でもあります。

笑ってしまうのは、
ドレミ史において、

今年、ようやく娘が成人した。
その喜びというか安堵は
何度も記事にしてきた。
そして患っていた父を昨年亡くし、
無事一周忌も終わった。

私にとってこれからは、
「自由な時間」だったはず。

けれどですよ、
双子はまだ1歳なのです。

何年生きてくれるか
わからないけれど、
現在43歳の私。
10数年生きてくれたら、
定年までのお付き合いです。

そりゃおかあさん、
最後までがんばって働かないと。

はい、ここで
仕事のさらなる必要性が
生まれるわけです。
迷いが消えます、
働かないと餌買えない。

人間と違って
いつまでもこどもですから、
私の健康状態にかかってくる。

娘が成人したとき、
「いつ死んでも大丈夫」だと
思ったばかりなのに
ダメなんです、
犬猫を看取るまで
元気でいないと。

そこで、生きることの必要性。

猫が好きだけど
猫を飼えなかったのは、
ひとりでは無責任な結果になると
思ったからです。
ひとことで「余裕がない」という。

6年間、支えてくれた人が
もういない。
私はここでまた
しっかりとしなければならなくなった。

幸い、友達がついていてくれます。
近くにはやっこさんも住んでいますし。
連日、離婚報告会のように
職場まで友達が車で迎えに来てくれて
会っていますし、
夜もたくさんメールが届きます。


いつだって甘えていい!
明日のことはわからない!
今、元気な私も
明日、(だんなさんを)失って
悲しみの淵にいるかもしれない。
その時には力をちょうだいね。
だから今、甘えなさい!

怖いことがあったら
夜中だってすぐ飛んでいく。
安心していい。
みんなで助けに行く。
だから安心して鍵閉めて
とにかく寝て!

それはあなたがそれまでに
作ってきた人脈であり、
あなたの良さなの。
何かあったら守りたいって
うずうずして待ってる人たち
いるんだから、
遠慮しないで。


泣けちゃうでしょう。
愛に。
何もしてないのに、
そう思ってくれるって
力になる。

だからもう大丈夫だ。


人気ブログランキング

身の回りのこと

手入れもしていなかった花壇。
それでも花は咲いていた。
2017-11-16-07-15-44
ほとんどが昨年庭を作った時に
植えたものです。

あまり登場しないタロウ。
ジイ(父親)の忘れ形見。
推定7歳。
2017-11-16-07-15-36

2017-11-16-07-15-32

おじさん顔。
多分人間なら同世代。

2017-11-16-20-36-40

この子たちは、
年末調整の書類の上に座り、
私の邪魔をしていた。
もういい、つづきは明日。

娘のバイト代を聞かなくては。

今日はアパートのお金を振り込み、
寮の退寮届を送った。

退寮理由を書かなければならず、
あの子は
「自分で家賃を払うことになった」と
ありもしない話をでっち上げた。
私の経済的理由ということで
それに付き合った、
がんばってるのに悔しい

母の個人的な騒動の最中、
着々と引っ越しを決めていた。
気付けば荷物を送るだけ。
不動産屋さん、下見、
審査、決定、入金。
5日間くらいの出来事である。
正常な判断能力がある時だったら、
文句のひとつも言えただろうが。
せめて娘には
好きなようにさせてやりたいという
思いが強く出た。
ラッキーな娘。

次はこちらにある荷物の
引っ越し業者さん選びだ。



人気ブログランキング

タロット占い

どれくらいの時間が経過したのか
よく覚えていない。

録画が相当溜まっていて、
そろそろ消化しないと
HDDが満タンになってしまうと
先ほど4話分くらい
倍速で観た。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんなことになっちゃって、
うそみたい
と思っている自分。

そうなってしまったかと
あきらめている自分。

憎しみをどう抑えようかと
苦しんでいる自分。

そう、悲しみの次は憎しみ。
これが死別と違うところかな。

「もうね、恋愛は無理なの。
別れることが怖いから。
ずっと友達でいよう。」

その説明はどれだけしたかな、
6年前。

効果のない言葉だと
覚えておく。

今、思い出を振り返るのがつらい。
つらいから、必死に
最後の頃の醜い争いを
思い出している。
これで良かったと
自分を納得させている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今、助けてほしいのは
私だとは
気付いていても?かな。

でも猫を残してくれたことは
「私への情」だとわかってる。

あんなに溺愛していて、
引き裂かれる思いで
いることはわかるよ。

離婚の大変さ
離婚後の大変さ

私の人生に
必要な勉強だったのか?これ。

折り返し地点過ぎてもまだ
私は落ち着いていない。
一生こうなのか?

あんずちゃん
2017-11-15-19-12-43
2017-11-15-19-37-38
すももちゃん
2017-11-15-19-38-03


別れた直後、
占いの友にメールをした。
夏に再会したのも10数年ぶりで、
私の恋愛事情など
話もしていなかった。

突然に
「6年付き合った人が出て行きました。
運命?
別れにも意味がある?
悪いこととは言い切れない
プラスの作用もあるのかな?」と。

翌日送られたもの。

「今回の件は、
成るべくして成ったようです。

(略)

2人の間にズバリ復縁はない!
けど…もしかすると
友人として、尊敬しあえる、
ギブ&テイクな関係になるかも。

(略)

ドレミには今後、
とても良さそうな別の縁、
出会いがありそうだよ。
別な人との明るい未来が出ました!」

( ゚Д゚)

驚きました。

もちろん私は今、
そんなことを考えられる
状態ではないのですが。

43歳だよ…
相手いくつだよ…
誰なの?
もう会ってる人?

該当者なし。

神様、出会いがあるなら、
「奥さんがいない人」で
お願いします。

って誤解なきよう、
本当に
そんなこと望んでいない。

占いって
当たる当たらないじゃなくて、
リポDみたいに
元気になった気分にさせるもの
だと思った。



人気ブログランキング


☆ひとこと☆

未亡人になりました ドレミの日記

を書いていたドレミです。

死別から15年。

猫たちと1分1秒でも長く過ごしたい(=^・^=)

これからもよろしくお願いします。

お客様
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ