ドレミの日記 ~no cat no life. I am a widow.~

2020年6月、夫と死別して15年が経ちました。12月、単身赴任からの電撃退職。2匹の娘と自宅に帰って参りました。社会人5年目の息子と同居再開 。娘は東京のOLになりました。ねこと仕事とわたし。代わり映えのない毎日をたのしみたい。

2018年03月

ご縁

IMG_2418
旬味酒彩 れん

にぶの会社時代の先輩・後輩と
初めてお酒を飲みました。

私から混ぜてくださいと
声をかけて。

男性の集まりに
参加しちゃうほど
あつかましく
また私はやっぱり男性化
しているのだなと思いました。

仕事の話をしたかったのです。

にぶの先輩は独立して会社を興し、
那須ガーデンアウトレットに
向かうお客様は
必ず通る道に洗練された事務所を
構えています。

後輩は独立し、引っ張りだこです。

でも私にとっては
社長でも代表でもなんでもなく、
昔のにぶの会社の仲間です。

懐かし話に
花を咲かせました。

先輩の印象に残っている話は2つ。

会社のバーベキューで
おぴ子に水をかけたら、
大泣きされたこと。

ある朝、私が階段から落ちた日のこと。

「うちのは、あわてんぼうなんで、
階段の一番上から
落ちてきたんですよ。
で、ケツ見たらほんとに真っ青で。」

その時先輩は、
いくら同僚とはいえ、
カミさんのお尻の状態まで
説明しなくても
いいんじゃない
と思ったそうです。
夫婦だから当然だけど、
想像しちゃうよねと。

私はオケツを見せびらかして
いたということ?
記憶にない。


後輩は、
「ドレミさんより
泣いていたと思います。
ずっとダメで。
ずっと一緒でしたから。」と。

私が(家で)泣けなかった
という話をしたから。

あと仕事でミスると
ドライバーの柄のほうで
ヘルメットの上から
ゴツンされたと。
にぶはニヤニヤしながら。
「わざわざ持ち替えて
叩かれました。」と。

意外な一面。
人を怒ることが想像できない。
ま、安全上の話、
命を守るための注意だったと
思うけど。


『私、鬼嫁でしたから。』と
言うと、

今、にぶくんいたとしても
想像できる。
うちの鬼嫁って話してるよね

と。

とてもしあわせな夜でした。

逆に「元気をもらった。
本当に会えてよかった。
困ったことがあったら、
連絡してね。
男ってのは
そういう時に張り切る生き物だから。」
と言ってくれました。

「たとえばね、
エロ親父みたいに
毎月10万円援助するなんてのは
一番簡単なことだよ。
でもそれはしなかった。
自分にできることは、
法人として、いっぱい税金納めて
還元されること。」

「私もプライドがありますから。」と。

というか実際のところ、
にぶが過保護で、
13年近く見守ってるだけ。
私がどんなにサバサバしていても
にぶにとっては女性だった。
人生を背負う
という責任を果たしてくれた。
今もなお。

またご一緒させてくださいと
握手をして別れてきました。

震えるくらい
うれしい出来事でした。



人気ブログランキングへ

よくある話ですよねー ないよ(-_-)

うちの班(町内会)は、
ローテーションの班長さんが
春先に1万円を徴収し、
街灯費、区費、緑&赤い羽根募金…
などを計算して、
3月におつりを配って回る。

今日、うちに班長さんがやって来た。
セカンドバッグから
もうひとつ封筒の頭が見えていた。

出さないで、出さないで…
の願いも虚しく、

お隣さんのもお願いして
いいですか?

私に!

旧 隣人の!

お金を!

一瞬のうちに
渡して去っていった!!!


どよーん(;一_一)


連絡先なら消したぜっ、笑


「共通の知人」
みたいな人にお願いするでしょう。

または


☆☆☆バイト募集☆☆☆

直接お金を手渡すだけの
簡単なお仕事です♪
はじめての方でも安心。

勤務地 市内
給与 成功報酬1000円

□■□ご応募お待ちしております□■□




人気ブログランキングへ

雪は積もっていない、雨 

春彼岸
FullSizeRender
ついこの間、秋彼岸で
お寺に行ったばかりなのに。
半年間が今までになく早く感じた。
45過ぎたら、また早いですよ。
と昨日テニスのおとうさんが言っていた。
半年後に秋彼岸。
その間に桜が咲いて、
梅雨が来て、猛暑と夕立が訪れる。
もうすぐ新年度。
4月1日現在、私は今と変わりなく
同じ職場にいるでしょう。

信じてる(^^;
まさかねー。


昨日は1時に家を出て、
お寺→花を買うための店→
にぶ墓へと向かった。
外は寒い雨で、両親の墓参りは
すっぽかそう
と思った。
明日以降天気のいい日に
行けばいいと。

けれど必ず思い出されるのは、
ジイの「マメさ」。
婿殿のために
足繁く墓に通い、
除草をし、缶コーヒーを
大量に買ってきて、
嫁が買うよりも豪華な花を供えた。

草の多い時期など、
何時間も掃除をしていた。
市営墓地の通路含む。

それはシルバー人材センターさんの
お仕事。
団体さんが入る前に
仕事取るなよ。

だから不義理なことは…

生き方って大事だね。
そのあとずっと大切にしてもらえるか。

『おひがんってなあに?』

と運転しながら園児のような
気持ちで考えていた。
親がそうしていたから…
というほど、
私には仏行事がなかった。
両親はどちらも長男長女じゃないし、
婿養子のジイ方の墓参りなんて
したこともない。
母方だって墓を管理する人は
川崎の伯父だった。
子供の頃から、仏壇とも
縁のない世界を生きてきたから、
お彼岸=ラッキーな休日
程度の。
私は子供に教える立場なんだろう。
ほげ太郎やおぴ子に
墓参りをしろと。
でも気が進まない。
お父さんを敬ってるのも
好きなのも知ってるから
それでいい。
何も言わないけど、
ここ一番って時だけは、
仏壇に向かってるのも知っている。
義理を押し付けたくない
そこです。
大人になったら自然とね、きっと。


昨夜は遊びに行っていたわけではなく、
恐ろしいくらい長時間、
寝ていた。
ソファから毛布は床に落ちて、
寒くて丸まって。
手が届かないギリギリに
ファンヒーターがあって、
でも眠いからスイッチも押せない。

タロウは玄関に入っている。
ハッと起きて、入れたんだった。
スマホはキッチンに置かれていた。
時計が見えない場所で寝ていて、
朝、勘で起きたら5時だった。



人気ブログランキングへ

夜更かしの母をすももが怒る

蕎麦屋さんで瓶ビール。
初めて。
おとなの世界、おとなの夜。
常連になりたい、カウンターで
ひとり食事するような。
FullSizeRender

結果的に「仕事打ち上げ」☆
今日で片付き、明日は休日に。

たろの散歩を済ませ、
地元にて。
IMG_2380

IMG_2383

毎日いろいろあるよ。
でも終わってみれば
それぞれのベストの結晶。


うちのねこたちは
呼びかけにこのような姿で応える。

すももちゃんの足の開き具合
IMG_2389
IMG_2391

冷蔵庫の上のあんずちゃん
IMG_2394
IMG_2395
カメラを向けるとなぜか仰向けに。

仕事もスッキリ。
週末、にぶの先輩後輩と
飲む機会をいただいた。
うれしい1週間。



人気ブログランキングへ

23歳差

今、シャワーを浴び
爪を切った。

おぴ子がさらっと

「なに、そんなに爪伸ばしてるの?
早く切りなさい。」と

言っていたことを思い出して。

娘からのそういうお小言は
日常的だったなと。

そこには私の母親がいる。

笑っちゃう、とても似ていて。


人気ブログランキングへ

明るい人にもたまに闇

報告の義務があると思って、
同い年派遣に週末のことを
話しました。

「いい飲み友達、以上。」

以外に報告することはなかった。

「あらー、また土日寂しく
なっちゃうじゃない。」

天候でテニスができなかった週末、
金曜に帰宅してから、
月曜会社に行くまで、
誰ともひとこともしゃべらなかった

という報告をして新しい。

それを「独り暮らしの老人なのか?」と
心配している同い年派遣。

「でも猫としゃべったり、
ひとりごと言ってるよ!」

補足がまた彼女の胸を痛める、笑

私から誰かにLINEして
お茶飲んだり、
電話で話したり
できるさ、しようと思えば。

あえてそれをしない

ことに意味がある時だって。

寂しさを紛らわせない

という行為だ。

メンタルを鍛える感じ。


ただね、そんな夜、
猫を連れてベッドに入ると・・・

「このまま急に苦しくなって
死んだら、
いつ気付いてもらえるんだろうな。
息子は遅く帰って様子を見ず
翌朝も会社に行くだろうな。
子供が後悔するような最期には
したくないな。
笑ったままの顔で寝ればいいか。」

という時間帯は深夜2時とか。

誰にも電話できないよ!!!

そして1時間おきに
目を覚ますんだよ。
早く朝になーれと。

朝になると

眠れなかったことも
夢の中の話のよう。

気楽
自由

その魅力を再認識するのも
朝になってから。


幸い、土日両方または
いずれかにクラブ活動があるので、
誰とも話さない
という日はめったにありません。
たまたまテニスができない週末があって、
困ったな(:_;)という日の思い出話。

おかしな日記(^^;
寝るよ、おやすみなさい。



人気ブログランキングへ

自分にできないこと書いてるの

おぴ子、遠距離恋愛決定。
東京と長野の遠恋。
せつないけどロマンティック。

昨夜、迎えに行った車の中で会話。
ドレミ節炸裂よ(*^-^*)
おぴ子は相槌を打っています。

精神年齢はあちらが上かなって
思うことがあるので、
安心してなんでも言う。


私「Mとは別れない方がいいよ。
あなたはもしかすると
東京でお金持ってる人とか
そういう人に惹かれるかもしれない。
地味に映るじゃない。
田舎で、マジメな感じの人と比べたら。
でもね、絶対別れちゃダメだ。
社会人になったら
あっちこっち
向いちゃうかもしれないけど、
結婚するならMみたいな人がいいよ。
お父さんと同じキャラでしょう。
絶対怒らない人、これ鉄則。
そのまんまを認めてくれるんだよ。
M、優しいでしょ。

もしさ他の男に目移りした時は、

二股をかけなさい。

バレないように。

あなた派手な方に目が行きそうだから。
少し遊んだら気が済むかもしれないし。

でも最終的にはM。」

私にそんな器用さがあったらねぇ。
これからは一途な恋愛はしない!
(と目標は持ってるんだけど)
相手を放置=自分の自由を確保
ということで。

自分から告白して
彼氏が卒業するまで
お互いのびのびと付き合ってきた。
私からすれば「達人」

バスで2時間半の距離だという。
4月は新天地でバタバタするから
約束はしていないと。

私「高校に通ってた時より
近いじゃない。」

ボディガードがいないよー。
荷物持ちに新宿まで
出迎えてくれる彼氏がいないよー。
Mは礼儀正しくて、
おぴ子にはもったいないイケメンで、
昨日動画見せてもらったら、
歌もうまくて、服も可愛いし、
サッカーで鍛えた健脚。
私は大好き。
(あなたに関係ないでしょ、
というご意見多数聞こえてきます、笑)

おぴ子にとっては初彼氏。
これからの行方が楽しみ。

恋愛してなかったから
失恋の経験もない。
どうせなら、
フるよりも
フラれる経験をしてほしいな。

ひとつだけ言えるのは、
子供が
普通に恋愛をしてくれて
安心している
ということです。

余談

おぴ子は声が低い。
私は高音。
居酒屋でバイトしてると
1日1組から必ず
「酒で潰したんですか?」と
聞かれるそうです。
誰に似たんだろうなぁ?低音。



人気ブログランキングへ

ハタチの子、突然帰る

娘が高速バスで帰ってきた。
夜7時過ぎ、
千本松牧場まで迎えに行く。

「いつまでいるの?」

「明日の3時に帰るよ。」

1泊、24時間もいない。

目的はプレゼントを持って、
友達の赤ちゃんに
会うことだったみたい。
私も初対面。
IMG_2374
可愛かった。
ずっと赤ちゃんを見ていたら
20時半を過ぎていた。

娘「遅いから何か買って帰ろうよ。
行ったことないから、なか卯にしよっ!」

IMG_2367


東京から来るならと豆を頼んでいた。
ラッキー。
FullSizeRender

娘「豆の種類ちゃんと見た?」
IMG_2372

母「あ!仙川限定♡♡♡」

娘が暮らす街を通り過ぎると
調布の仙川駅があり、
そこには追加した新たなバイト先と
猿田彦の「アトリエ仙川」がある。
行ってみたい駅。

今日も服のおさがりをくれた。
IMG_2373

年齢的に痛々しいものもあるけれど。

IMG_2368
米津玄師のCDを持ってきた。

IMG_2369
すもちゃんも一緒にDVD鑑賞。

母「アンナチュラル観てた?」

娘「観てないの!」

母「全話あるよ。」

娘「え?まじ?
でも全部観たら寝れなくなる。」

がんばれ!と励ます。
これは観てほしい。
母、明日から忙しいけど、
倍速の10話付き合うよ、笑

北海道土産を食べながら
まったりしている。
息子とはこんなに安らげない。
心配事ばかりで、
心が摩耗していくよう。
それもプラスにとらえ、
私にハリを与えているのだと
信じることにしている。
そうでもなきゃ
やってられない。
おぴ子は刺激を与えてくれるし、
安定していて癒しにもなる。


母「次、いつ帰る?GW?」

娘「GWは、
ヒッチハイクしたいんだよねー。」

次は広島を狙ってる(;´∀`)




人気ブログランキングへ

腕時計の修理見積が届く

IMG_2323

ロレックスの修理見積が
できてきました。

ほかに

ウラブタにへこみがあるため
修理をお勧めします。

とのことで、
別途16000円。
こちらは選択自由。

時計を車で轢くと
大変なことになります。

金額は、予想通り
というところです。
それで何年も
ためらっていたわけだから。



昨日のこと。
IMG_2338

コアタイム(夕方の散歩)が
ありますが、
朝と晩、2回の外出です。
たのしいはずの1日でしたが…
昨日は息子にトラブル発生。
テニスでモヤモヤ祓いをしてこよう。

着払いで、娘からの北海道土産。
FullSizeRender
3月ロイズはあきらめていたのだけど。
冷凍で同封してくれてた。

うれしい。
おぴちゃんに救われる。


人気ブログランキングへ

2歳になりました

FullSizeRender

IMG_2342

一緒に暮らし始めたのは、
6月ですが、
今日3月18日で2歳になりました。

どちらも甘えん坊で、
猫の気品のようなものは
感じません。

昨日、上司と電話で仕事の話を
していたら、
20年飼っていた猫が老衰で亡くなり、
その時、たまたま両親が
看取ってくれたそうです。
上司は昼休みに一報を受け、
その日は仕事にならず
午後休で帰ったと。

人を慰める言葉は
知っていても
自分がその立場だったら
半休で済むだろうか?
行くだろうけどさ、
私のダメージは…
すみません、多分
ジイの時以上になるでしょう。
親より猫かい?
そうです。



人気ブログランキングへ
☆ひとこと☆

未亡人になりました ドレミの日記

を書いていたドレミです。

死別から15年。

猫たちと1分1秒でも長く過ごしたい(=^・^=)

これからもよろしくお願いします。

お客様
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ