ドレミの日記 ~no cat no life. I am a widow.~

2019年6月、夫と死別して14年が経ちました。単身赴任先で、2匹の娘と3人ぐらし満喫中。息子は社会人4年目、実家でひとりぐらし。大学4年の娘は、東京でひとりぐらし。学費・仕送りからの解放も間近。今後の生き方を思案中。

2019年03月

30年度フィナーレ

今朝は9時に目が覚めた。
平日だったら、この2日間はOUT。

午前中、掃除機をかけたり
洗濯したり。
そんな家事もすぐ終わる。

今日は食材の買い出しに行こう。

その前に私をなんとかしよう。
昨日風呂入ってないし。

静かに湯船に浸かっていたら、
いないいないと廊下で大騒ぎしてた。
ウオオオオオォォォォン🐈
と泣いてる。

「すもちゃん!」

IMG_4121

いたいた。

おそるおそる。
IMG_4122

IMG_4126


IMG_4130

IMG_4127

IMG_4136


雨が上がった午後、
近くのスーパーへ。

IMG_4140

あんずが中身を見せてというので
並べるのが習慣です。

2キロだけ米を買いました。
帰省までのつなぎで。
今回は青森県産
「青天の霹靂」
ネーミングがいい。
普段食べる機会がないから
楽しみです。

仕事で疲れて帰ると
カップ麺ばかり食べてます。
普通の食事がしたくない
というのもある。

あとあれば冷凍の麺。
なんでもいいの。
満たせれば。

自宅でご飯を作っていた時と違い、
毎日のように
食品を買いに行かないから、
たまに行くと、野菜の値段に驚く。

一番好きな野菜はピーマン。
あんな小柄なものが
1つ4、50円もするのー
えー、自分で育てたい。

今日はヒマなので、
時間のかかるものを作ろう。

それでミートソースを
作ろうと思ったのだけど、
途中で気が変わる。

小さい豚肩ロースブロックが半額。
小さいから4人家族では足りない。
私が買えば、ベストサイズ。

さっそくチャーシュー作りから。
野菜の使わない部分を大雑把に投入。
IMG_4142

IMG_4144

今、1時間くらい弱火で煮てる。
そのうち茹で卵を作って、
最後は一緒にする。

片手間に休日エンジョイの
つまみ作り。
IMG_4146

私の仕事は雑ですよ、
開かなきゃいい。

IMG_4145

こんがりと焼けました。
モランボンの皮が失敗しないの。

IMG_4153

真昼間にスーパードライ。
最高だよ。

朝から何度もベランダに出せと
うるちゃいので、お散歩。

IMG_4152

IMG_4151

IMG_4148

IMG_4149


料理も遊びと思えばたのしいし。
女の人に限らずだけど、
ひとに会わなくても
けっこう楽しめることは多い。
異性とお付き合いしないで
残念なのは、世界の拡がりがないこと。
自分の好きなことをする分には
他者の入り込む隙もないけど、
わかりきったことしかしないから。
仕事に行けば、いろいろな人と
話ができるから、それは昔から
恵まれたところで働いてるな
と思うよ。

3月最終日、
年度の締め。
今年度はがんばったかな(^^;

そして引っ越しを思い出せば
家具を組み立ててくれたり、
重いものを運んでくれたり…
男手ありがとう。
どうにもならないことは
頼るしかなかった。
お世話になったことは忘れない。
いつか私が役に立てることが
あるといいな。
元気なばあさんになるまで
生きてたら、
その頃趣味にしているであろう
梅干しとか届けるね。


チャーシューの完成も待ち遠しいけど、
あと1ラウンド、餃子を焼く。



人気ブログランキング

善良な彼

IMG_4113

するするっと読み終えて
しまいました。
物語が終わるのが嫌で、
休憩を挟みながらでしたが。

世之介が生き返ったような
喜びもあり。

いい休日になりました。

トイレの砂を交換しました。

新しい砂の上で
あんずの喜びの寝転がり。

IMG_4114

IMG_4116

IMG_4118

IMG_4119

猫は新しい砂に自分のにおいを
つけてるそうです。
大切な場所なのね


人気ブログランキング

花冷えの日の朝に至福の時

目が覚めたら8時だった。
今日は早朝LINEに起こされなかった日。
休日の朝6時前に
LINEしてくる可能性がある人は
音消しにしてるけど、
グループLINEって、
ひとりでも設定してない人がいると
音が鳴ってしまうって
知った時は残念だった。
緊急の場合もあるから、
マナーにはしづらいし。
ここ数か月の間にも
寝ていたい時間に数回起きてる。
「ただ時間を気にせずに起きる朝」
という贅沢を
子育て、部活母の役目を終えた
私は味わいたい。

起きて、緑茶を飲んで、
寒いからまたベッドに潜った。
まだ昨夜のお酒が
残っているような怠さだった。

すももが顔を引っ掻く。
布団の中に入れてほしいから。
IMG_4095


今だってこの距離感だ。
IMG_4102

部屋は猫にとっては広い。
こんなに密着しなくてもいいのだが。
ただじっと私を感じられる位置にいて、
安心している。

「猫同士、あんずちゃんと遊んだら?」

2度目のベッドから出た後、
この本に出会えてよかったな
が5冊あるとしたらそのうちの1冊。
「横道世之介」の続編を
吉田修一様が刊行していたことを知る。

9時半だった。

仕事とお店の営業日の都合で、
2ヵ月に1回くらいしか行けない
お気に入りのパン屋さんへ
行くことにした。
10時になれば書店も開いてるだろうと。

大型書店は通りになかった。
デパート街のあたりを
運転していたのだけど、
本1冊買うのに、デパートの中に
車を停めるのもめんどくさい。

会社の近くに
昭和感たっぷりの本屋があることを
思い出し、そこに入った。
何を売りたいんだろう?
とあまりにも閑散としていた。

新刊のコーナーに
世之介が見当たらない。
やっぱりこういう古びた本屋には
無いのかな…

暇そうに座っている店員さんに
尋ねた。

自分の部屋から
絆創膏でも取り出すような感じで、
「それ、普通には見つからないでしょ」
という場所から、
本を出してくれた。
1冊しかなかった。

私「よかったです(*^_^*)」

ちゃんと人気の本は
見えるところに置いてね
という嫌味を込めて。

ハードカバーは久しぶり。
1、荷物になる
2、高い

しかし最近の私は映画館にも行かない。
週末の贅沢にはうってつけだと思った。

整いました。
IMG_4096

大量のおいしいパンと
FullSizeRender

ローソンのロイヤルミルクティと
世之介。

トイレかどこかにいって
一回離れたのですが、
気付いたらここに戻ってました。

IMG_4110

おかあさんの休みの日がうれしくて、
朝からこんな調子。
車に荷物を取りに出るだけで
玄関に戻れば、ふんっ、ふんっ、うぎゃ
って怒ってる。

FullSizeRender

舞台は池袋。
前回娘と歩いたから
情景が浮かぶわ。


人気ブログランキング


送別会

出向先で電話を受ける。
「おかあさん、今日何時に
迎え行く?」

「今日?」

「送別会でしょ。」

「今日?」

「聞いてないの?」

「詳しいことは誰からも。
何時?」

「7時から。
それとも自分で来る?
6時20分に会社に来れる?」

「わかった、残業しないで帰るね。」

若い女子の送別会だった。
当日に連絡がきて、慌てた。

仕事以外で夜の街に
繰り出すことはない。
昼の顔とは違って、
ビジネス街の1本裏道は
キャバクラだらけ。
そんな中、屋台村に行った。

IMG_4087

IMG_4090

おでんはサービス。
社員の知り合いの店だった。
おいしい料理だった。

2軒目も行って、
23時に帰宅。

プリンセス、再来週、
私の出勤日に
再び会社に顔を出すという。
出向中で接点が少ないから
また会えることにホッとした。


明日は休日。
あんすもと土日ゆっくり遊ぶ。
だから今日はごめんね、寝るね。
お酒を飲んで眠い。


人気ブログランキング

海苔巻き

2が出向先にやって来て、
新入社員たちを呼び出し、
その後、急に空気が悪くなった。
まーくんに何を言われたんですか?
と聞いても、
ちょっとよくわからないです
ととぼけているのか、
ほんとに意味不明だったのか語らなかった。
私のひとつ下の新入社員は、
怒りをあらわにしていた。

最近は19時過ぎくらいに
アパートに帰る。

猫とお話をして、
適当なものを食べて、
ドラマか映画を観る。

途中で思い出したが、
過去にも観てる映画、
「象の背中」をまた観てしまった。
平日に沈んでしまう、選択ミスだった。
敏感なようで鈍感に生活してるけど、
「あなたがいなくなったら
私、どうしたらいいの~?」と
いう妻のセリフに
私も泣いてしまった。

しかし
どうしたらいい
というよりも
勝手にどうにかなっていくもの…
と冷静な自分がいた。

夕べも何時に寝たのか
わからないのだけど、
ベッドにダイブする感覚を
楽しんでいる。
5時には目が覚める。
そこから3時間近く時間があるから、
朝でも充分、弁当を作ることができる。
食材が日々乏しくなっていく中、
形を変える工夫でかわいい弁当ができた。

IMG_4077

IMG_4078

IMG_4081

IMG_4082


今日はおばさまがバスケに夢中
という話をしていた。
スポーツ観戦でもLIVEでも
興奮することが
若さと元気の秘訣かなと思う。

「60歳以上の人、ご招待
ってのが最初のきっかけでね、
うちのダンナと観に行ったの。
でも私、バスケのことなんて
何もわからなかったのよ。
最初はショーみたいので
始まるから、
ぞろぞろ人が出てくるの。
でもね、いざ試合が始まったら、
5人しかいないのよ!
私、うちのダンナに
「ねえ!みんなどこ行っちゃったの?
5人しかいないじゃない!
可哀想じゃない!」って
言ったのよ。
おまえはそんなことも知らないのかっ!って
ダンナ呆れてたわ。」


ランチの輪に入らないまーくん。
今日は会社の駐車場の契約更新に
免許証が必要で
私がコピーを預かった。
「のぞき見したつもりはないんですけど、
まーくんも1日生まれなんですね。
ここ3人、1日生まれ並んでますよ。」

「あ、そうなんですか。」
(全然興味がない)

「じっくり見たわけじゃないんですけど、
まーくん、住所東京なんですね。」

「あ、はい。」
(ブツっと切れる会話)

私「それにまーくん、
バイク大型持ってるんですね!」

充分、じっくり見てるだろ!
ってバレバレ。

ま「はい、持ってます。」

私「ハーレー乗れるじゃないですか!
バイク乗ってたんですか?」

ま「私、アメリカのバイクには
あまり興味がなくて。
でも違うの乗ってましたよ。
中央高速とか走ってましたし。」

意外だった。
まーくん、まだ何か出てくる。



人気ブログランキング

今日から10日も安眠できる

逆おにごっごは続く。

モニターで確認。
鬼、来た!
中に入らず、車を乗り換えて外出(*_*)

ということで、
本日も仕事の指示はない。
私に会いたくないのか?
私の退職願は
スーツの内ポケットに忍ばせていた。
しわしわになってる。

次行くまで、1週間以上空く。
それまで出向先の仕事なんだけど、
バケーションの気持ちです。

退職目前の元気な女子に
退職のプレゼントを

と大人チームから提案があって、
私は親しかったこともあり、
何が欲しいか調査しておいて

と指示を受けたのは前回の出勤日。

私「あのさ、何欲しい?」

調査じゃなくて、
直球の質問。
サプライズ感ゼロ。

どうせなら、
欲しいものをもらったほうが
いいじゃない。
仕事の付き合いの人が大半だから。

若「あっはっは~
なんでもいいですよ。
あえて言うなら~加湿器かな。」

よし、それに決まりだ。

それを大人チームに伝える時には
「あれ?加湿器?除湿器?
どっちだっけ?
忘れちゃった。」

若い女子とのやりとりを聞いていた
人から「加湿」ですって。
セーフ。

大人は考えた。
「贈り物なんだから、いいものを」と。

ちょっと素敵なものを案として、印刷。

男ども、興味がない。

そしたらね若い子から
「高いです!在籍年数も短いし。」

との意見が。

ひとり500円位で
考えてたんだけどな。

結局は家電オタクの上司が
ハイブリッドで、調湿できるものが
いいですよ
なんて言ってて、それにした。

私「私はスペックなんて見ないんです。
デザイン重視。
私、自分で買ったことがないので
よくわからないし、
お願いしていいですか?」

と上司に注文してもらった。

高いと言われたから、
大人と若いチームの2段階に
金額を分けようと思う。
おとな 800円
こども 300円
みたいに。

シニア 1000円といっても
彼らは快く出すだろう。

いろいろなひとがいる。事情がある。
相手に対する思いもそれぞれだ。
特に金銭感覚には個人差がある。
強制してはいけないし。

大人になった私は今までも

長男の嫁の実家の妹が嫁いだ家の
とうちゃんのほうのばあちゃんが
亡くなったから
香典頼むね

みたいな経験を幾度となくしてきた。

一体誰なの?その方は。

強制でしかなかった
田舎の姻族の付き合い。

だから9か月も同じ空気吸ってきたら
充分仲間だと思うんだ。
近い人。

本人に喜んでもらえるといいな。
結局はそこだ。


あんすもちゃん、
別れと出会いの季節なんだってさ。
IMG_4070

IMG_4073

またたびの粉をもらって、
うれしくて、
Wで顔を洗うむすめたち。
IMG_4076

小さな幸せしか
与えてやれないのだけど、
小さな幸せの積み重ねで
一生を満たしてあげたい。
人間と違って、怒ることもない。
何をされても許せる。
(退去時の壁紙代貯金しないとな)


人気ブログランキング

前向き

「ねえ、りゃんこって使う?」

「リャンコ、使わないけど
よく聞きますね。」

「そうなんだ、どういう意味?」

「方言なのかな?
互い違いに、みたいな
意味だと思ってる。
印刷した紙をりゃんこに
って言われたら、縦、横、縦、横
って置く感じ。」

「私、はじめて聞いた。
私、和歌山、
こっち(右のおばさま)新潟。」

そっかー。
おばさまたち、実家がとても遠い。
旦那様との出会いはどこで?
とこれは今後聞いてみよう。

成田の話になった。
成田の近くに伯父がいて、
新勝寺の前でご飯を食べる

なんて言ってるものだから

「そこに私の親友が嫁いだ店があるよ!」

「え?どこどこ?」

「ここ

「えー。絶対お店の前歩いてる!
今度行ってみる!」

「若女将に、私の名前出してみて。」

無断ででかいことを言ってしまった。
RKよろしくね(*^_^*)
私が会いに行きたいよ。

今日は、集中して
補正の仕事をした。
パズルだった。
ふらふらになり帰宅。

明日、重い空気に耐えられるだろうか?
せっかくなら、仕事は
楽しい気持ちで向かいたい。

この経験を無駄にしたくはない。
同じ人間だから、
何もかもができないわけじゃない。
けれど知らないことがたくさんあった。
それがこれから役立つか?
というと、あまりないだろうな。
自分で経営でもしない限りは。

そもそも
の話で、私はパートに満足していた。
派遣はパラダイスだった。
それでよかった。
家にいた時間も長かったから、
お金をいただける
ということが不思議で。
家事はお給料制ではないからさ。

今、現実逃避傾向にある。
いいご縁がありますように。
まじだ。

また当たる予感がしたロト6は、
千円だった。
行事の度に当たるのです。
彼岸のご褒美。
お花代。
今、売り場に行けないから
5千円位当たり券が
貯まってるよ( *´艸`)


人気ブログランキング



マイウェイ

懐かしのブロ友ちゃんからの
コメントがうれしくて、
今日は久しぶりに未亡人日記を書きます。

先日、お寺で
お坊さんが月日を振り返り私に
「奥さん、がんばったね。」と
声をかけてくれました。

私は???と思いました。


『お返事』

夫ががんばったから
今がある
と思いました。
家族にとってうれしいことが
ある時に感謝するのは
当然ですが、
そうでなく、今、私は苦境と言えば苦境。
完全なダメージからは
脱却してるけど、
「仕事を辞める」という選択肢が
あるのは、にぶのおかげだからだと
思ったからです。

子供たちを大学まで行かせたのは父親。
私は弁当を作って、送迎しただけ。
大変だったことは、
高校までの時間のやりくりだけ。

子供の面倒+私の面倒まで
にぶはみてる!!!
なんてすごい男の人なんだろう。

と思ったからでした。

我が家の基礎を作り、
今でも家族は恩恵を受けて
生きている。
あの若さで…
私はプラス14歳になったけど、
とても真似ができない。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆

13年の間、
私は変わらずに守られてきた。

それはたとえばだけど、
にぶの友人を通しても伝わる。
たろちゃんパパママは、
私の代わりに柴犬を育てている。
なにかあったらすぐに言ってね
というお守りのような言葉を
友人たちはかけてくれる。
それだってにぶの人柄でしょう。
あ、私の人間的魅力も30%ね。

時間的にも体力的にも
今の私だって比較できないくらい
懸命に仕事してきた。
あれだけ働けば。
仕事だけじゃない。
あんなに忙しいのに、
ボランティア的なこともしていた。
フル回転だよ。
家でのプレステと
女房に内緒のパチスロ程度で
彼は気晴らしができたんだろうか???
にぶはいつも笑顔で、
文句も言わない。
私は文句しか言わない。
それでも笑顔で。
あの朗らかさは学びになった。
とりあえず笑って行こう。
アホ遺伝子は強い。
打たれ強い長男。
そもそも悩まない長女。
にぶの子だなって思う。
私はけっこう悩むのですよ。
こうと決めたら早いけど。

私は幸せ者。
果報者なんだよ。

死別してわりと早い段階で、
私はがんばらなくもいい。
ただ存在すればいい
子供が成人するまで生きてることを
目標にする

と決めました。

欲深いもので、
いざ無事成人したら、
なんで国公立行かなかったんだ!
あ、行けなかったのか…
とか今、若者とシニアの
中間に立ってる自分の将来を
考えた時に、
私はにぶのお金を子供に使った。
それでよかった。
よかったけど、
そのことで今後子供に迷惑をかけたら、
結局子供のためではなくなってしまう。
それでは意味がない。
仕事辞めたいけど、
子供の迷惑にだけはなりたくない。

そんなことを生真面目に考え、
しっかりしなきゃなと思うことが
今の原動力。


彼岸の寺参りのあと、
数キロ離れた霊園で
墓参りをした。

年輩の男性がひとりで
墓参りをしていた。
相手は奥さんかな?と思った。

こんにちは

と声をかけた。

車に戻りながらその光景に

だんなさんに看取られるなんて
いいな、幸せだな

自分が後に残るよりは
家のことや子供のことなど
安心して死ねる

安心するひとはいない、
誰だって心残りはあるだろうけど
それでも自分を看取ってくれる人が
いることは幸せだと思う。

でもな、にぶが仕事と
両立するのでは
大変だったはず。

にぶならきっと再婚もできた。
なんでにぶなの?
にぶを残してあげたかった
とこれはずっと思ってる。

答えは出ないし、
最初からない。

どっちが先に逝けば幸せか
なんてわからない。

でも生き物だから
いつかは終わりが来る。

それまでに
この人のためなら死んでもいい
と思えるような人と出会えたら
死んじゃダメだよ、だめだけど、
生まれてきて良かったなって
改めて実感することでしょう。

私は妻大好き人間の父親を見て、
好きすぎるひとが残るとつらいね
って思ったりもした。
それは私も同様で、
父親と私は同じだなって
思っていた。
うまくいかないものですなと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

長く読んでくださってる方が
多いとは思うのですが、
私が今より更にピュアだった時代の
未亡人になりました ~ドレミの日記~
どうしようもなくヒマだったら
ご覧ください。
そこまで暇じゃないなら、
大丈夫です

その日記のカテゴリーにある

泣ける胸がない

という48記事に
当時の思いをぶつけています。

次の梅雨の時期で14年です。
私もこの9か月で加速して老けた。

どこで間違っちゃったのかな?
と時々思うその後の14年。

けれどネタと思えば、
何もかもが貴重な経験。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コーヒー豆の消費が早く、
帰りに豆を買って帰ろうと
朝、会社に行った。

偶然、前に話して
今度機会があったら
お願いします
と頼んでいた豆が届いた。
FullSizeRender

千葉の豆。
400gで、千円未満だった。
おばさまありがとう。

忘れる前に今日の小話。
今日はエレガントなばばDさんのお話。

「私の友人のだんながね、
血圧の薬飲み忘れちゃって
途中で具合が悪くなってね、
その時に降圧剤飲んだものだから
おかしくなっちゃって、
緊急で病院に行ったのよ。
大丈夫だったんだけど、
家族は大慌てよ。
そしてね、だんなを先に家に送って
友人が帰宅したらね、
そのだんなウクレレが趣味なんだけど、
2階で『マイウェイ』弾いてたんだって!

友人がさ、なんで
よりにもよってこんな時に
『マイウェイ』なんだ!
家族みんなに迷惑かけて、
『マイウェイ』って話があるか
ふざけんじゃないよって
怒っちゃってさ。

他人事だから笑えるけど、
腹立つ気持ちもわかったわ。」

ネタでしょ?
って笑っちゃうような実話。
本日もたのしませてくれて
ありがとうございます。



人気ブログランキング

出向中というより放牧中なんだ

IMG_4059

ガラス&網戸越しベランダ。
中途半端に敷いていた人工芝が
また中途半端に増えた。
あと10枚くらいあると
敷き詰められるようです。
急いでいないので、
気が向いた時に。


IMG_4044

昨日は土で遊びました。

花を植えながら
思ったのは、
次は野菜だ。

プランターで野菜を作りたい。


のあと、
gyaoで『11人もいる』(クドカン)が
イッキ見できることを知り、
4話まで一気に。

星野源
高橋一生
大人計画の面々
その後、主役になる人たちが
ちょっとずつ出ていておもしろい。
何回も繰り返し観てきたけど、
このドラマがだいすき。

休憩!と横になったら
朝5時だった。
カリカリのごはんを
非常食分5粒だけ残したすももたちが
おかあさん起きて
と起こしてくれた。

出向が始まってから
放牧された馬のよう。

とにかく寝る
考えるより寝る
好きな時に眠れる って
贅沢な時間で、幸せなこと。

今週も元気にたのしく。



人気ブログランキング



にぶに娘の就活の話をした たのむよって。

ひとつ思い出した。

鬼は昨日社長室で私を

「ドレミさん」とさん付けで
呼んだ、何度も。

いつも おめえ てめえ なのに。

誤り?
緊張?


高速を下りて、
銀行に寄った。

チーママからLINEがきていた。
今日、こっちに来るんだよね?と。
2週間前に言ったことを
覚えていたからびっくり。
日帰りだから
誰かと会う予定は立てなかった。

最初の用事は10分で終わった。
チーママとカフェで12時まで過ごした。

「動物の介護」について
語り合う。
チーママは、一昨年
自宅でシーズーを看取った。
最後は目も見えなくなって、
歩けなくなって、
手作りで介護服や歩行器を作った。
介護施設も近くにできたのだけど、
そこは医療を兼ねた施設で
たしか月に10万円を超えていた。
チーママは私がパートを辞めたほうが
安いと言った。

あの時の話が印象的で、
あったらいいよね。
ないなら作ろうか
という話で盛り上がる。
おばさんたちが夢を語るもタダ。

職場からもスマホで
確認できるようにしてあげてさ。

チ「みまもりの商品あるもんね、
ミトリーだっけ?」

別の名称を言いたかったのは知ってる。

「看取り」
そんな縁起の悪いウェブカメラが
あるわけない。


美容院に行った。
1ヵ月で根元の白髪が気になる。
カットはおかっぱをキープする。

次に、両親の墓へ行く。
竹山が来た様子がない(-_-)
私より長い時間を過ごした親を
なんだと思ってるんだ。
竹山が同じ墓に入っても
私は親にしか線香を上げない。


そして同じアホは我が家にも。
私は帰省を伝えていないが、
13年間欠かさず
春と秋の彼岸には寺に行き、
墓参りをしている。
子供たちが家にいた頃は、
お寺に一緒に行っていた。
私の仕事ってわけじゃないこと。
ほげが代わってもいいってこと。
これは繰り返し言っていくしか
ないんだろうな。

自宅の仏壇に関しては、
今、家を守ってる自覚からか
いろいろなものが
供えられるようになった。
お菓子、酒。

ゴルフのスコアカード。
会社の名刺。
会社に出す領収書。
あれ?
私物置き場に
使ってんじゃないよ。
それでも存在を
意識してくれているならうれしい。

お寺で「奥さんがんばったね」と
言われたけど、
がんばったのはにぶだ。
これをわかってほしいのは、
子供たち。

墓にはまたどなたかが
先にお花を供えていた。
吸い上げられて水がなかったから、
彼岸入りの頃だろう。
ありがたい。

私は洋花を2束買って行ったけど、
薔薇は持ち帰り、
お寺でいただいたお菓子と
一緒にアパートで彼岸会。
ちなみに花瓶は先日、
黒烏龍茶作ってたやつね。
IMG_4027

猫がいて、花瓶は危険だから
持ってこなかった。


留守番のおみやげ

IMG_4030
IMG_4029

外で本物の草を食べたことがないのに
これも本能。
不思議だな。


IMG_4034

少し植物を買ってきた。
ベランダでたのしむ。



人気ブログランキング



☆ひとこと☆

未亡人になりました ドレミの日記

を書いていたドレミです。

死別から14年。

単身赴任2年目です。

猫たちと1分1秒でも長く過ごしたい(=^・^=)

これからもよろしくお願いします。

お客様
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ