ドレミの日記 ~no cat no life. I am a widow.~

2020年6月、夫と死別して15年が経ちました。12月、単身赴任からの電撃退職。2匹の娘と自宅に帰って参りました。社会人5年目の息子と同居再開 。娘は東京のOLになりました。ねこと仕事とわたし。代わり映えのない毎日をたのしみたい。

2020年03月

住人

仕事から帰宅すると
共有の外玄関に荷物が置かれていた。
共有というのは、玄関ドアが
2つ並んでいること。
2組ずつ同じ外玄関になってる。

でも中央よりは、相手玄関寄り。
おそらく隣に届いたものだろうけど。

でも見るよ、念のため。
名前がぱっと目に入って、
あ、違うな

で終わった話。

だったけど、

引越して以来、
私の階下には、
女性が住んでいると思っていた。

夜、敷地内で
顔を伏せて出てくる男性と会って、
「こんばんはー」と
挨拶をしたことがある。
美容師さんのような
芸能人のようなオーラで。

そのひとは返事もせず、
とても感じ悪く
去って行った。

あ、下の階の女性の部屋から
出てきたんだな。
たまに部屋の前に乗り物がある。
たまに会いに来る男性に
夜、挨拶するなんて
私が野暮だったな。
相手だって、恥ずかしくて顔を
向けられなかったんだろう。
恥ずかしいことして出てきたんだよね?
おまえの想像が、恥ずかしいよ
そこはごめんなさい。

でね、今日、男性の部屋だったと
はじめてわかって、
あの時の!と結びついたわけだ。

今まで、
女性だけが住んでいる建物だと
思い込んでいたから、
真下に男性がいると思ったら
私が急に恥ずかしくなった。

トイレの音とか響いてる?
太った猫は走り回り、
掃除機だ、洗濯機だと
騒音があるとすれば
まず頭上だ。

もしかして私のこと、
怒っててあの感じ悪さ?

と反省まですることに。

うるさくしません。
太ってる猫たちにも
言って聞かせます。
いろいろ気を付けます!!!


人気ブログランキング

たのしいお彼岸

姫さまたちのトイレの砂交換。

うれしくて
IMG_1997

うれしくて
IMG_1999

砂だらけよ。
IMG_1996
IMG_2001

そーっといってきます


駅でお寺へのお供物を買って、
息子が待つ駅に到着

お寺へ。

ウイルス対策で、お経を読み上げない
というはじめての経験。
お焼香をし、お塔婆を受け取る。

墓に向かう途中、花を買いにお店へ。

ほげが一緒なので、
幼馴染のいる店舗へ寄って
立ち話をする。
「ふっくらした?」
「うん、かなり。」
「げっそりして死にそうだったもんね、
ねっ、ほげちゃん。
お母さん死にそうだったよね。」
(印象にもないだろうが)「ええ。」
「ほげちゃん実家でひとりぐらし
してるの?
自炊?ごはんどうしてるの?」
「ほか弁っすね。」
「えっ、じゃ毎日
ごはん作りに行ってあげようか!

同棲始めましたって。」


お墓へ。

先に花が供えられていた。
お水もFULLだ、新しい。

IMG_2006

私「各地にパワースポットってあるけどさ、
うちにとって、
これほどのパワースポットは
ないと思うの。
たまに寄ってね。」

じいばあの墓に行く前に
ごはんを食べよう。
私は肉が食べたい。

IMG_2007

他に浮かばなくて、クローバーボヌール。
IMG_2010

IMG_2011

息子 サーロイン
IMG_2013

私はセット
IMG_2024

この写真はほげの最新iPhoneで撮った。
少しカメラで遊ばせてもらった。


IMG_2016

迎えに来てくれたお礼に
ごちをした。

じいばあのお墓へ行き、
電車の時間まで30分もあるので、
新幹線の駅に送ってもらった。

強風でダイヤが乱れていたそうだ。
電車を20分待つか
1時間数十分遅れで5分後に
やって来る新幹線に乗るか。
IMG_2017
15:10に13:45発が到着。
IMG_2021

ひゅいーん。

家に着くと、義姉からLINE。
明日、引っ越しが決まったそうだ。
短い間の近所付き合いだった。
4カ所目、出世転勤。
私のアパートの鍵は
そのまま持ってくれるそうだ。
そして、冷蔵庫の中身を
全部受け取ってほしいと
うちの近所で渡される。
1Lの牛乳は蓋が開いていて、
通りから手に持って帰ってきた。
IMG_2026


息子は仕事の話をよくしてくれた。
地域柄、私と面識のある人が
私の息子とは知らずに
仕事で付き合っていたりもする。
別フィールドだ。

私「同期で誰か辞めた?」

ほ「ああ、けっこういるね。
でも俺と同じ部署にはいない。
辞めねえよ、
全員厳しいところで部活やってて
怒られることに慣れてるから。
じゃなきゃ続かねー。
お客さんに怒鳴られてばかりだからね。
会社もそこわかってて採用してるから
見る目は正しいってこと。

俺、こっち転勤して3年続いちった。
4月から4年目。
ここまで来るとさ、
それまでの苦労とか振り返って
今から辞めるエネルギーがない。
3年続けろってうまくできてんだな。
めんどくせえなって思うもん。」

1年目、いろいろと大変なことが
続いた息子は、
あの時かばってくれたひとと
そうじゃなかったひとがいて、
かばってくれたひとが
出世したと言っていた。

上司に意見するようになったりと
ほげらしさも出てきたなと
安心したし、
頼もしさもでてきた。


私「お正月とか遠出した?」

ほ「箱根か。」

私「車で行ったの?」

ほ「そう。」

私「首都高平気なんだね。」

ほ「ああ。首都高から東名で。
車で静岡の端、なんだっけ。
伊豆か。あそこに比べれば
箱根近い。」

私「電車で行くって選択はないの?」

ほ「後から調べたら、電車の方が
早かったなって。

でさー、伊豆も箱根も草津も
結局同じだな。
温泉地って同じなんだよ。」

私「那須でも?」

ほ「そう。」

ご苦労さん

東京にも最近よく行くらしいけど、
妹に会うことはない。

私「最近、hと話した?」

ほ「ああ。無印で買ってほしいものが
あって、送ってもらった。」

私「こっちじゃ買えないの?」

ほ「なかったんだよ。
それで1万くらい多く振り込むから
いいだろ?って。」

また知らないところで、
娘がいい商売をしておった。

東京に行っても妹に会わない。
私の住むところなんて
しょっちゅうよ、近いし。
それでもあんすもを見にも来ない。
何をしにきてるかって、
上司に紹介された上司の幼馴染の
歯科を気に入り、
虫歯予防のための
ケアをしているそうだ。
糸ようじの使い方を
教わったりさーって、
ぽかーんと聞いてたよ。
平和なんだなうちの息子、安心。

私がぼっこぼこにしてきたのに、
おおらかな大人に育って、
とてもいい時間を過ごせた。



人気ブログランキング

全員アスリート

明日は15回目の春彼岸。
春と秋、私ひとりでもお寺に行く
習慣ができていて、
何も言わなくても
私の名が入った「塔婆」が
用意されています。
そこ、(お寺を)裏切れないな
と若き檀家は忠誠心で通います。

しかしお彼岸の時期は、
半期ごとの仕事のピークと重なり、
いつも消耗している状態。
単身赴任を始めてから、
そこに行くこと自体、
タイミングが悪く
体がしんどくなった。

今週は明日休んで、土曜は通常出勤。
運転きついなと
ダメ元で、一昨日の夜息子にLINEを。

「20日、予定ある?
もしも家にいるなら、
一緒にお寺とお墓に行きたいのですが。」

息子の会社は土日祝完全休日。
予定があるとすれば、3連休なので
彼女さんとお出かけすること。

それから返事がなかった。

職場で、

「うちの息子、返事する暇もないほど
忙しくて・・・」と言ったら

「それね、既読スルーって言うんだよ。」
って、笑

いつものことですよ。

2回目のダメ元、
再びLINE。

「明日どうですか?」と。

電話がかかってきた。

「明日、Kの結婚式の予定で
空けてたんだけど、
コロナで延期になったんだ。」

幼馴染の結婚式だったらしい。
コロナが、そんなところにまで
影響しているのね。
ホスト側のご配慮だと思う。

それは可哀想だったな
と思うと同時に、
じゃあ期待していいのかな?

夕方から予定があるというので、
昼間、11時過ぎなら、
駅で私を拾って、一緒に
寺参りと墓参りに行ってくれることになった。

苦笑いしながら、
「まだ茨城県にいるんだ。
パソコン止まる前に
戻って仕事して帰る。」と
18時過ぎの電話。

この子もがんばってる。
父ちゃん譲りということで。

よかったー!!!
電車で行ける。
気が楽になった。

雰囲気イケメンとデート
ということで、
どこでごはんを食べようかと
わくわくしてる。
自分の息子だろ、
でも母性じゃないなこれ。
それくらい会ったり話をしてないから、
会社のひととデートします
って気分になってる頭のおかしな中年女性。

溺愛なんてとんでもない。
充分わかるか…
今までの関係性で。
馬乗りする母だから。

気が楽になって
明日はたのしい1日になりそうだ。

今日は完全燃焼した。
仕事した!!!
先方が「早すぎるんだよ!」と
後工程で残業する羽目に。

忙しくてもカリカリしない。
人には優しく。
まずは自分がやってみて

だ。

まーくん、本社友
今月もがんばってくれた。

本社友からLINE。

「本社にはなかった一致団結。」と。
ベテランさんのお力と
新人さんたちの努力で順調に捗っている。

いいチームだから、
もう少し幸せな時間を
享受したい。

今の生活の大半を占める仕事時間。
そこが充実していれば、
休日も思い切り解放できる。

ビールがおいしい。

調子に乗らず、
謙虚さを忘れず(課題)

でもさ、かわいくしてたって、
どっちみち

じゃん。

仕事の時は『鬼子』でいい。
私にだって、本来の穏やかな姿はあるんだ。

本社友は童顔というか
若い頃モテただろうな
という可愛らしさがある。
そして気付いた。

「若かったら、こじるりに似てる。」と。

「あのね、私、姪っ子とそっくりって
言われるんだけど、
うちの姪っ子がこじるりにそっくりなの。

今さ、若かったら

って言った?

それが余計なんだよ!!!」

年取ったこじるり。
かわいいよ。



人気ブログランキング


猫ばかの4年

IMG_1988

IMG_1986


残業中、聞こえるひとりごと。

『おかあさん おそいねー

さびしいね

じこにあっちゃったのかなー

かえってくるかなー』

右から
「あそびにいってかえってこないのかなー」

左から
「またのみにいっちゃったのかなー」

ひとりごとに合いの手が入った。


今週の仕事の状況は登山に似てる。
苦しいな。
でもせっせと。
ゴールしたら、うれしいんだろうな。

でもさ、先送りしてる問題が
待ってるからそこが片付かないと
うれしいって気持ちはお預けのまま。

あんすも、4歳まで元気でいてくれて
ありがとう。
4年前、娘の引っ越しに向かう最中に
猫を飼ってくれる人を探してる
という連絡をいただき、
このタイミングで!!!と
運命を感じた。
当初は『あんず』1匹の予定だったのが
すぐに『仲良しの子』も一緒にと
『すもも』もおまけで付いてくることになった。
数か月母猫に大切に育てられ、
離れ離れにされ、車の中では
ずっと泣いていたそうだけど、
猫に喜んでもらえる毎日を目指し、
それ以上に私が幸せにしてもらった。
「おぴちゃんと離れて寂しくない?」と
聞かれても
猫に夢中で、そうでもなかったなとか
懐かしいよ。
たろちゃんとは離れてしまったけれど
猫様のための部屋作りを重視して
一緒に引っ越してきた。
車が大嫌いなので、
猫のために、私は自宅にも
泊まらなくなった。
その生活はここに居る限り
続いていくと思う。
4年がこんなに早いなんて
寿命を考えると切なくもなってしまう。
長生きしてね。
望むことは、それだけだよ。



人気ブログランキング

猫に誕プレ

今日は大きなプレゼントを持って帰宅。
明日で4歳になるあんすもへ。

はーい、猫の好物・段ボールだよー

IMG_1964

IMG_1969

中身がなくて驚いてたよ。
まさかこれだけ?って。

喜んでくれなかったので
娘へ送る米などを詰めます。

IMG_1975

荷物を入れたら興味を示した。

IMG_1977

娘にニャンモナイトを送ります。

娘がこれから暮らす賃貸の初期費用は
約14万円でした。
ゼロ円が理想だけど、
4月分の家賃と3月の日割りを除くと、
自己負担が大幅に軽減され、
法人契約のすばらしさがわかります。
ちなみに最初から家賃補助もついてます。

「子供の引っ越しに50万円くらいかかった」
という話を何度か聞いたことがあります。
初期費用と家電や家具で。
都会なのか田舎なのか
それによっても全然違うので
家賃の差はあるのですが、
これは都会に子供を出した人の話。
なんとなくその数字を目安として
少なく抑えようと
うちは息子30万円以内、
娘は一式備え付けの寮だったから
準備するものも少なく
数万円程度だった記憶があります。
そのあと賃貸に引っ越したから
その時にお金はかかったのだけど、
それも忘れました。
忘れたいことは記録しないので、
この10年近く、子供にかかった
お金はまったくわかりません。


娘が初任給をもらうまでは
一文無しに等しいので、
しばらく援助は続きますが、
4月下旬からは
「お小遣い」ではなく「貸与」と
線引きして、
ギスギスした親子関係を
構築したいと思います。

一文無しのくせに気風がいいので、
「3月からさ、公共料金を
全部自分のクレカ払いに
移した方がいいよね?」と
言うので、
「お給料もらうまでは
そのままでいいよ。」と

言うしかなかった、一文無し。

私、今日も仕事場では
ざわざわがいっぱいあった。
良くなる気配はなにもない。

電話していて
ごはんを食べ忘れた。
朝のゆっくりのために
弁当のおかずを作って今日はおしまい。
IMG_1982

IMG_1983



人気ブログランキング


今日は動きなし

今日は私自身には
何もなかった。
部長がベテランさんの契約書を
届けに来て、
同席を頼まれて、
先輩方に対し偉そうで嫌だなって思って、
それでも言わなきゃならない
これからの業務のことをお願いして、
最後に部長から、
「別件で後日相談させてください。」と言われ、
別件だって言ってるのに

「リーダーはできませんよ。」
と本日も釘を刺す。

「はい、それはわかっています。」

聞き飽きたという心境だろう。


できることと言えば、
しっかり食事をして、
猫と快適な時間を作り、
ストレスを溜めないことくらい。
FullSizeRender

見た目より、油節約の揚げ焼き。

FullSizeRender

日本の朝食は、私の晩ご飯。

IMG_1953

IMG_1946

稽古→ちゃんこ→寝る

しかし職場に行けば心穏やかじゃない。
みんな会社のことで、イライラしている。

離れて仕事している部署は、
今までが良すぎた、
火の粉が降りかからずに。

私は一昨年の6月から
近い将来浮かび上がる問題を
蹴られながらも進言してきた。

まるで〇〇ナウ〇〇スを警告した
医師が、ひどい目に遭ったように。

てめえ、ケツ持てんのかっ

てめえは生意気なんだよ
そんなのこっちが決めることだ

ドレミさんさ、それで誰かが辞めるって
言ったら、責任持てるの?


ベテランが辞めたらどうする問題

人の異動は避けられません
または早急に人を育てないと
間に合いません。
最低2年はかかります。

私「私が一昨年の夏には
言ってきたことでしょ。」

本「覚えてるよ。
話も聞かないで、ひどいこと言われてね。」

私「それで今、どうにかしろって
私に言うこと?」

本日からベテランさんは
勤務時間が短くなり、
パートになった。
これからは社員でなんとかしていくしかない。

しかし乗れないのがまーくん。
「私は残業しませんよ。
しなきゃダメなんですか?」

「強要しないです。
自分のペースでどうぞ。
でも私が残業するのは
自由ですよね?」

「ええ、まあ。」

今月末までに決めなければ
ならない問題はちょっと置いて、
時間に追われて大量に仕事する。

みんな言う
「仕事に集中させてほしい。」と。

忙しくてもたのしいから、
仕事のことだけ考えたい。

「私ね、この会社の仕事してから
ずっとガツガツやってるの。
その時間は雑念を振り払えるから、
助かってんの。
余計なことを考えなくていい。
だから仕事してるとラク。」


夜、旅先にいるおぴ子から電話。

「おかあさん、あのねー
今日バイト代が振り込まれる日なのに
入ってなかったのー。
だから今月のお小遣い
振り込んでもらえますか?」

仕送りを4年間「お小遣い」と呼んでいた。
響きとしては「格下げ」。

LINEではなく、入れたぞと電話する。
隣に、会ったことはないけど
ずっと仲良くしてる男子がふたりいて、
電話を代わった。

「ドレミさん!初めまして!
今度飲みに連れてってくださーい!」

「うん、行こうね!」

「あ、ドレミさん、
いつもhにお世話になっています。」

「洗濯機お世話になりました、ありがとね。」

「秒で片付きましたよ。
お歌が上手とお聞きしてるドレミさん、
僕、マジで超タイプなんで
今度カラオケいきましょう。
北関東出身者同士、絆を
深めたいです。」

「社交辞令じゃないよ、行こう。」

電話のそばで、
最初に電話に出たかいちゃんが、
「hそのまんまだな、キャラが。」って。

h「おかあさん、ありがとう。
じゃあねー。」

会ったことないから
モテモテ。


同じ学部の仲間たちと最後の時間。

就職してバラバラになるけど、
渋谷ー恵比寿ー目黒ー五反田
と1駅ずつ会社が
繋がっているそうで、
離れても心強い。
そしてヒッチハイクの友とは同じ会社に。

『あすなろ白書』
懐かしいドラマを思い出した。


人気ブログランキング


今日はテセウスまでにコロッケを作る目標

IMG_1889

素敵な夕飯。
その翌日、饅頭1つで17時。
休みの日の食事は大切にいきたい。
考えているうちに夕方になる。
考えながらカップ麺食べた。
なんてことをしてしまったんだと
後悔している。

IMG_1896
IMG_1892
IMG_1899

互いに届かないところを舐めあう。
今日も仲良し。


WANIMAの払い戻しのお知らせがあった。
発券済のひとは、その店舗に行って
1週間以内にという条件付き。
よりによって、外出ついでに
離れたコンビニで発券していた。
県外や旅先で
というひとは、大変な話になるのかな。
希少だろうけど。

家を出るのなら、そろそろ限界の肩こりを
治したいとこじんまりとした整体を探す。
16時にホットペッパーで予約。
貯まっていたポイントと初回割引で
ちょっとお得に。

出発

IMG_1917
幻のチケット、さようなら。

IMG_1918

2枚分、現金になって返ってきました。
全額なのかはわからないけど、
セブンの発行手数料は込みです。
店員さんは外国の方。
日本で働く日本人の私よりも
はるか勤勉であらゆる対応力を
持ってらっしゃるのだと思うけど、
これはイレギュラーな事案だったようで、
店長を呼んでいた。
この時期、公演中止が増えるから
覚えておいて損はないはず。

FullSizeRender

1週間分の買い物。
2000円だった。
猫ごはんと日用品を買わなければ
月1万円生活ですね、夜と弁当代。
(ただしこの中にお酒は含まれていない。)
家族と住んでた頃はそうはいかない。
主婦雑誌の月2万円でやりくりって
どういうこと?米込み?えー…
っていつも不思議だった。

初めての整体やさんへ。
何度も通り過ぎていた。
きれいだし、ベッドは2つ。
60分肩を中心に解してもらった。
肩は内巻きに入っていて、
腕の付け根あたりにコリができていたそう。
命を助けていただきましたと感謝。

施術してくれるのは
私と同世代の女性だった。
ノンストップでおしゃべりをした。
私にとっては一切タブーがないので、
質問されるままに
ここまでの人生の説明と
地元のおいしいお店情報。

「波乱万丈ですね。」
客観的には。
長い時間の中でひとつひとつ
クリアしてるから、
本人にはそうでもない。
よほど大きな病気や大けがをされた
ひとのほうが、
過去と今とこれからのことを
短い時間の中で一気に考えなければ
ならないので、
ストレスは大きいと思う。

猫の育て方を間違えて
過保護にしてしまったあまり、
残して旅行もできないという話もした。
「野生の感覚はないんですね?」
「はい。抱っこしてよって言います。」

今だってこれだ。
IMG_1929

離れないように軽く爪を立ててる。
IMG_1930

明日から1週間は
業務でひーひー言うだろうし、
何も解決していない問題も
また悩ませるはず。

心の整理、
この場を使ってまとめたい。

一度壊れてしまったものは
簡単に元には戻らない。
壊れて
じゃなく、自分で破壊したものが、
なんでもなかったように再生して、
許されるなんて期待すら甘い。
人の心って脆いんだから。

「簡単にキレるひと」はまたキレます。
暴言を吐く人は、また吐きます。

もしもそんなひとだという一面を
見てしまったら、
自分が委縮する前に
よく考えてください。
1度や2度、どうしても許せないことは
あるかもしれない。
けれど「誰でも」「全員が」じゃ
ないことを私は知っています。
そういうひとは溜めない。
笑うんです、しょーもねーなーって。

3回あったら
そういうひとだから、
逃げる方法と準備を。
私は我慢がそれ超えちゃったから、
大バカ者だと思ってる。
それ以上は「菩薩の心」本物の仏さんに
お任せすることです。

体や道具を使うものだけが
暴力ではなく、
「言葉」だって立派な暴力。

私、記憶力いいから、
ぜーーーーんぶ思い出せる。
「あんたってさ」とか
「おまえは」って
その時点でOUT。

過去のこと、忘れたのではなく、
生活に支障がなくなるまで
遠ざかったというだけ。
傷つけられただけなんて
悔しいじゃん。

だから笑って過ごせる
愉快な毎日を願い、
実現させるまで来れたんです。

ふんっ。


さきほどたろちゃん
ビデオ通話をした。
お耳をピンと傾けて
可愛かった。



人気ブログランキング

すでに3月中旬

今日も那須に一瞬帰省。
またしても自宅には行かない。

東京にも雪が降るくらいだから、
おそろしく寒かった、震えた。
みぞれが降っていた。
天候が悪いので、
帰りは一般道で帰ってきた。

用事を済ませ、
出発前に約束していた食事に。

IMG_1871

久しぶり、チーママ&センパイ。
私のパワー食に付き合ってもらった。

FullSizeRender

心が帰る場所があるって
ありがたいことです。

1週間、業務以外で
とても疲れていたけど、
リフレッシュできた。

おふたりから地元土産をいただいた。
こっちが用意していくものなのに。

FullSizeRender


IMG_1880

今日はこんな感じ。
猫だって甘えたい。


そんな中、東京では
娘が男友達に手伝ってもらいながら
大物の処分をしています。
ジモティで欲しい人に譲ったり
無料引取の業者さんを呼んだりと
お金がないなりの工夫で
なんとかしているようです。
私も月末に休暇を取って、
引越し手伝い行く予定。


振り返ったらラグがすごいことに。
IMG_1882

あちらで遊んでいる子がやりました。
IMG_1885


土鍋でおいしいごはんを
炊きましょう。
今夜はあじの干物。
まだある魚シリーズ。


人気ブログランキング


ララバイ

仕事溜まってるのに
午前中2時間も使って、
3部構成で話し合いがあった。

1部 
先方リーダー
部長
ベテランと私

2部
部長
社員・ベテラン・パート全員

3部
部長
社員のみ

結論からいうと
リーダーは決まらなかった。
万策尽きたという状況です。

今週毎晩考えました。
できるだろうか。
やるしかないのだろうか。

しかし日増しに伝わってくる鬼の圧が
強くなり、その気持ちは折れました。
やっぱり近づけない。
今度こそ本当に自分が壊れる。

恐怖体験です。
やはり実体験でないと
同情はもらえても
わからないんだと思います。

「逃げない方がばかよ。」
「辞めればよかったのに。」
「私なら言い返す。けんかする。」

今の職場で、私も本社友も
いとも簡単にあしらわれ、
「経験しなきゃわからない。」
と思うだけ。
いや「味わってみてよ」とさえ思った。
仲間がほしいわけじゃないのに。

ぎりぎりまで粘った。
自分の都合だけど、
簡単に離れることができなかった。
結果的には、そこを乗り越え、
今、平和な時間を味わえた。
それは本当によかった。

部長は3部の最後に言った。
最悪のシナリオは、
「仕事がなくなることです。
ここだけの話ではなく、
全体に影響します。」

それでもどうすることもできません。
何度も倒れて、それでも奮起して、
でももう奮い立たせるものが
ないんだもの。
最後は自分を守るしかない。
自分に責任持てなくなるもん。

頭痛がはじまった。
ムリだ、考えるだけで。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

が、生真面目な話で、
とりあえずね、金曜で
明日は久しぶりの土曜休暇。

IMG_1858

機嫌良く、ダブルごろりんで
出迎えてくれました。

おかあさん、昼間は
戦っているから
あなたたちの存在消えることが多かった。

夢みたい、猫との暮らし。
本当に一緒にいるんだなって。
かわいくて、大切な家族。

疲れて睡眠にも影響が出ると、
「食べるしかない」と
食欲なくても何かを食べる。
一昨日は本社友とステーキ。
夕べは家で餃子&ビール。
冷蔵庫の中、選べるけど
気分を上げる時は
スーパードライ1択。

IMG_1846

焼きが足りなかったけど。

本社友は今週「肉」「肉」言ってた。
食後に「フライドチキン」が食べたいって。
食べ物からパワーをもらうしか
なくなってくるからね。

心強いのは、本社友がいること。
同じ思いをして、
以前だったら孤立無援でつらかったところ、
今は、一緒に戦えるひとがいるから。

夜、電話した。
「お仕事がある限りは、
目の前のこと精一杯やりましょう。
私もドレミさんも辞める覚悟をしたんだから、
2度目はどうにでもなれだよね。」

その通りだよ。
元気出た。

そのあとも自分のことのように心配して
電話をもらったりもして、
優しくて心強かったよ。

「これでいいよね。」

「いいよー。」

って、肯定されてうれしかった。

さてWANIMAの穴があいた土曜日。
車で聴いてるよ。
応援ソングが多いから、
元気もらってる。
応援ソングじゃないものを
これ「韻」が好き。





人気ブログランキング

私の名前は矢面立子です

朝、本社からかかってきた電話。

「次のリーダーが決まらないので、
ベテランさんたちの
契約延長はありません。」

話をすり替えられ、
私たちが悪いの?って
方向に持っていく目的が
あったのかもしれないけど、
ベテランさんたちは大人だから、
そんな風には思ってない。

延長がないということで、
13日金曜日で
お仕事終了です。
予告が前日、すごい!笑

10月から話をしていたのに、
何も動かず
最後、屁理屈みたいな理由で
長年働いてこられたひとたちを捨て

…られるわけないし。
来週から1年で最も忙しい。

ベテランたちは、ホワイト企業の
リーダーに相談。
「私たち、明日までって言われました。」
リーダー、笑ったもん。
「そんなっ急に!」って。
滑稽だ。
実話だから面白い。
ほんとにこんな会社あるんだな
何十年働いてきたひとたちに
最後、何してくれちゃうの。
即、ベテランと話し合いが始まり、
明日、部長が呼び出された。

ここまでは読める流れ。

私は息を潜めて、
このめんどくさい問題から
逃れようとしていたのに、
夕方17時過ぎ、
ホワイト企業のリーダーから
離れた個室に呼び出される。

わたしですか?
また?

一連の説明を求められた。
それ、責任者の仕事ではないのかい。

明日、部長との会議に
同席を求められた。


席に戻ったら、
シーンとなってる。

あるひとは
リーダー引き受けることになったの?
って思っただろう。
また他所の応援に行くことになったの?
とも聞かれた。


両サイドのふたりには、

(ポーズを説明できないので)
①右手を左肩に載せる
②左手を右肩に載せる
③両手の甲を顎に付ける


個室で何が繰り広げられていたか
説明しようと思って。

新「え?まじー?(げらげらげらげら)」

本「それで、気持ちよかったの?」

私「うん。」

本「じゃよかった。」

なに、その質問。
下品で最低だ。
最低過ぎて最高の環境だ。

組織上のリーダーは
還暦目前のまーくん以外3人のうちの
誰かがやることになる。
それが誰になろうと
実際の現場における業務責任者は
ドレミさんでお願いします
という話を先方と済ませた。

私「明日、投票しようよ。

新人ちゃん
新人ちゃん
新人ちゃん
まーくん
新人ちゃん
・・・
ホワイトボードに『正』書くよ。

私、今夜中に全員に
クオカード配っておく。」

新「まじかよ!」

IMG_1844
お土産豊富DAY。
飲み物との矛盾。


新人ちゃん、若い頃指が細くて、
今、結婚指輪が
入らなくなったという。

「だんなのなら入るよ。」

笑った。


今日、メモして持ち帰った言葉は、
本社友が自分に言い聞かせるように
言った

「人間、何かは我慢しなければならない。」

どちらも疲れてるからな。
騒動に巻き込まれて。

言葉にしなくても
お互いをわかってるのは、
誰かが困るなら自分がやらなければ
という責任感を持っていること。
その責任感のせいで傷ついた。
私はあれでも軽度で、
本社友は、救急に運ばれて
診察室から出た時に
「ばあ!!!」って
いないはずの孫の声がして、
はっと我に返ったと言っていた。
会社が離れて暮らす家族を呼んで、
身重の娘が息子を連れて
病院に駆け付けたこと。
しかも娘さんは運転に不慣れだったけど、
無我夢中でやって来たという話。
「自分が無理をして、
家族に迷惑をかけてしまった。
もうそんなことはしたくない。」って。
すぐに気丈になり、
「車の運転大丈夫?
家まで私が運転して行こうか?」と
娘を心配する母親に戻れたと言っていた。

ひとりのひとは特に
自分の体に責任を
持ってないといけない。
遠方にいる子供が呼び出される。
体壊しても働け
なんていう家族はいないし、
辞めなよって軽い感じでしょう。

悔しいくらい仕事はたのしい。
クオカード配りに行かなきゃ。



人気ブログランキング


☆ひとこと☆

未亡人になりました ドレミの日記

を書いていたドレミです。

死別から15年。

猫たちと1分1秒でも長く過ごしたい(=^・^=)

これからもよろしくお願いします。

お客様
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ