娘が発熱。
人生4回目くらいの珍しい出来事。

インフルエンザを疑うが、
検査結果は陰性だった。
発症から検査までの時間が
短すぎた気もする。

インフルエンザなら特効薬を使いたい。
明日も熱が下がらなかったら
病院だな。


具合が悪いことなんて
めったにないから、
つらそうに寝てる姿が園児みたいで
かわいらしく思える。

つい先日、私のこと(母親)大好きなくせに!
と何かの会話の中で言ったら
真顔で

「けっこう嫌い。中2くらいから嫌いになってきた。」と
言っていた。

私の揺るぎない愛情を
わかっているから言えるのだろう。
もちろん何を言われても私は大好きだ。

そこで、
まあ思春期だし、
そのうち母親より男性に夢中になる。
それが健全だし、そうであってほしいと
自らの過去を振り返りながら
思ったのだけど、さらに思ったことを
口にした。

「それって親離れでしょ。
親離れって、親が死んだ時、
自分まで死にたくなるのを抑止する
ためのものでもあると思う。
ひとりで生きて行けなくなっちゃうじゃん。
そんなの心配。
生きててほしいから、
親離れがあってよかった。」

恋人とか夫に対して持つ感情とは
別物だな。
パートナーは「人生の一定期間を共有した人」。
一緒にいることが当たり前なのではなく、
当たり前じゃない中で
貴重な時間を共に過ごした人。
偶然の出会いから生まれたものを
大切に守りたい。



人気ブログランキングへCLICKありがとうございます