7時間停電の時、
娘は昼寝を始めた。
停電の間、6時間くらい寝てた。
寒さも退屈も知らない。
起きてきて、最初に懐中電灯の
用意をしていた。
続いて、ペットボトルを探し、
熱湯を注ぎ始めた。
こたつに入れるために。

震災の時に学んだことを
丁寧に実行していた。

私は寒くて、とにかく厚着をし、
じっとしていた。

母「ねえ、お兄ちゃんのところに
避難しようよ。
週明け学校に行けないと困るし。」

この時点で、電車は止まっており、
どうやって兄の家まで行こうとしたのか
不明。車も自宅前で動かなくなってるし。

娘「あなたはこういう状況を
楽しもうとか
思わないの?」

母「思わない。」

娘「へっ。」

強い。


今日も会社で駐車場の雪かきをした。
上手になってきた。
そして今回の大雪でスコップが
壊れてしまい、
今は相性のいい道具を探している。
全国的に品薄だけど。

昨日は運転禁止令が出された。
代わりに&お母さんに買い物を頼まれた
ついでに
うちで今、必要なものを買ってきてくれるという
連絡が入った。
翌朝の娘のお弁当が気がかりだった。

1.アルミホイル
2.バターロール
3.ペットボトルのお茶
4.豚ひき肉

5.

画像1

5番はこんな非常時に
頼みにくかったのだけど、
その直前にネットで見ていて、
渡りに舟だった。
まだ試食していない。
寒い中アイスを食べるには覚悟がいる。

夕方、徒歩で卵を買いに行ったのだから、
なおさら路面の悪い中
無理させたことを
申し訳なく思った。



人気ブログランキングへCLICKありがとうございます