実感がないから
こうやって平常心で日記を
書いているのか
私、いい時じゃなくても
赤裸々に書いてきたので、
いつもどおり行きますよ。

本日・・・

の前に今日の午前中から回想。

飲み会の翌日の練習は
正直休みたかった。
けれど予定もないので、行った。

午後は電気工事が入っていたから
家でのんびりできる。

電気、小さなことでも頼めるのは
にぶの後輩だからなのだけど、
2ヶ所、照明器具を交換してもらった。

玄関の外照明を
センサー付きのものにしたの。
帰宅する時、玄関が真っ暗で、
猫が見えないから。
2016-10-23-22-57-57

カタログを持ってきてくれた時、
「好きなの選んでおいてください。」と
言われたのに、その場で1分で決めたもの。
とても良かった。
猫の脱走防止のため、急いでいた。

そんな時、電話がありまして・・・

それからすぐに出掛けて、
帰宅したのは22時前だったかな。

運転しながら、
仕事の納期と新入りさんのことが
気掛かりで、
気が動転するなんてこともなく。

今日ね、ジイが亡くなった。

職場への電話はひとりひとりに。
引き継ぎたいこともあったから。
パスワードを教えたり^_^;
作っておいた指導用の資料の場所を
教えたり。

友達にはね、
まだ連絡してないのよ、ほとんど。
(私、マメじゃん!^_^;
スルーしないでしょ。
だから時間足りないと予想、ゴメン)


眠るように
というか昼寝してたら
死んでいた。

あるのよね、準備したの?
みたいな偶然。
ジイ、床屋帰りだったの。
先週タクシーで行ったら休み。
今日は長男が送迎したの。

私、対面した時、
誰だかわからないくらい髪型
変わってた。
割と長い白髪が
角刈りみたいな頭に。

(両親の死を思い出しちゃって
つらい方はこの辺でやめてくださいね。)

それと先日書いたように
寝室の障子は張り替えたばかりで
ピカピカよ。


「いい死に方」
「理想的な逝き方」

私はこう表現します。
これ以上ありません。
いくつもの大病をして、
最期怖がらず、苦しまずに逝けるなんて
80年ジャストの人生のフィナーレは
とても素敵だったと思いますよ。

しょっちゅう言っていました、私。
充分覚悟はできていると。

ただ苦しんで逝くのだけは
可哀想だなって
それだけね、怖かったんだよ。

死んでからああしておけば、
こうしておけばって
後悔はしたくなかった。
寡になっちゃってからの12年近く、
本人の望みは叶えるよう
できることはしてきた。

でもさ、金曜のこと。
いつもどおり、リクエストに応える形で
週末の食材を昼休みに買いに行ったの。

ジイが「塩原屋の」って店の名前を出してね、
私はそこに直行したの。
「前に買ってきてくれた『しその実の』・・・」
という具体的なリクエスト。

ところがだよ、
「塩原屋」に売っていない。
それどこだったかな(*_*;
(同じく実家近辺の店ですが)
やっぱり「三枡屋」か「オータニ」じゃない?
結局昼休みが終わってしまうので
近いものを買っておいた。

それだけが!
私の心残り!


ジイ、「塩原屋」じゃなかったよ・・・
半信半疑だったから
自分を信じればよかったよ(・・;)

でもさ、冷蔵庫や食べ物を
置いた場所を確認したら、
いっぱい食べていた、よかった。
それと好物のピーナッツパンも。
それは頼まれてないけどおやつに。
半分以上食べた痕が。


犬が吠えていた。
週末だけはジイが家にいるのを知って、
強気で吠える。
平日は介護施設にいるから
吠えないのに。
明日からご主人様の
朝の呼びかけもないじゃんね。
犬にも対面させないと。

今日の午後の出来事で
自宅でのことだから警察も長引いて、
それから斎場の人を呼んだりで、
今日は体力温存に帰ってきたわ。
医師も来てね、
苦しんだ様子がないって
おっしゃってくれて。


身内が亡くなった当日、
日記書いてる人、あまり見ないね。
続けます^_^;

けれど私、順番守れてよかったと
思ってる。
私がジイより先に死んだら大変だ。
事故に気を付けないとって
いつもいつも心配してた。

明日のドレミさんは、
ジイがどこかにしまった
貴重品探し。
年金手帳(年齢に関係なくあるもの?)
家族の誰も内容を知らないのに
毎月僅かながらお金が引かれている
外資の保険会社の証書?証券?
家族の誰もじゃないよ、
本人にも聞いていたけど、
忘れちゃった、なくしちゃった
って言ってたからね。
手術しても使ってなかったが(・・;)
「オレが死んだら、葬式代にしてくれ。」
みたいなことを言っていたけど、
ジイらしく
どんなオチが待っているのか。

私のスマホの着歴、
ジイだらけよ。
これからどんどん消えていくのね。
不思議ねー。

ジイ、にぶが死んだ時
すごく悲しんでた。ずっと泣いてた。
あちらサイドより
愛を感じたんだよね。
最期、にぶにも見守ってもらったかな?
ジイの命日となるのは、
第77回菊花賞の日、多分忘れない^_^;
(3-11 にぶのBDだったことも)


えーと・・・
子供たちには連絡しました。
会社・大学それぞれ
手続きをしてくるようにと。
ほけが成人した時に用意した喪服。
それを使うのは祖父が初めてになります。
おぴ子には私が2つ持っているので
貸します。

私の副業の件は
オーナーの後輩comが
代理で話を聞きに行きます。

仕事、月曜から忌引となるので、
フルに1週間出勤しないでしょう。
しかも土日、土日が前後にあるため、
9連休濃厚です。

最後にひとつ。
そんな最中、ほげ太郎。
仕事関係で行った大阪で
財布、スリに遭いました(ToT)
被害は相当です、最悪、もーーー。



人気ブログランキングへ