おじいちゃん、ゆうべから
ゆきがふりつづきました。

こんなひは
せめてげんかんにでも
いれてくれるときたいしたぼくが
ばかでした。
あのひとはちらちらそとのようすを
きにはしていたけれど、
ゆきをみなかったことに
していました。

いーぬはよろこびにわかけまわり
ねーこはこたつでまるくなる

という「うた」があるそうです。

あのひとは、そのうたの
「かし」だけをしんじています。

いぬはさむさにつよいもの。

けさはゆきのなかのさんぽでした。
ほくが「わだち」をみつけてあるけば、
あのひとがわだちにはいるので、
ぼくはおいだされて、
むなもとまで
ゆきにうもれたじょうたいで
あるかされました。

そのときもあのひとは、

いーぬはよろこび

とうたっていました。

2017-02-10-06-35-13


2017-02-10-06-35-22

おじいちゃん、ゆきをたべたら
おいしかったです。

たろうより


人気ブログランキングへ