image
午後仕事をしていたら、
上の階のおじさんが、
「ドレミさんちょっと来て。」と
私を外に呼び出し、パンをくれた。

「仕事で近くに行ったから。
女性で分けてね。」

おじさんは派遣時代からいる
私の苗字しか知らない。
それだけが私を呼び出した理由だけど、

「貢がれちゃった。分けてあげる。」と
パンを配っていたら、

同い年派遣が

「だったら嫁に行け!」

って。

仕事中、吹いたわ。

70歳近いおじさんには、
奥さんいるだろうよ。

「どこのパン屋さんですか?」

「(にこっ)食べてね。」

「どこのパンですか?」

「足りると思うんだ。」

会話になってなかったから、
夫婦生活は難しいと思う。
でも優しい。


ラベルひとつなく、
どこのパンなのかわからない。
栗の入ったずっしりのあんぱん。
コーヒー餡のあんぱん。
バターの香りがとてもよかった。
那須かなぁ。



人気ブログランキングへ