一足先に健診を終え、
同僚とも話をしなかったので、
会社に着き、
それぞれ報告会。

私が血圧の話をすると、
同い年の新人さんがとても詳しく

「下が高いのは危険。
差がないのが一番危険。」と
教えてくれました。

まさに、わたし!!!

こんな時、
「死にたくない。」
「死んじゃったらどうしよう。」と
考えるのが一般的かもしれませんね。

私は違いました。

「早急に断捨離をしなければ。」

「職場にAEDはあるけど、
ぽろんされるのは嫌だ。」

「助かる見込みがないなら、
死んでから発見してほしい。」

突然倒れるかも
という現実が
もっと現実的な思考に。

それと誰かに託さなきゃ。
この人は大満足で生きていたと。
「まああれだけ動き回っていればね、
充分満足でしょ。」
とみんなに笑ってもらえるように。

人の2倍は言い過ぎでも
1.5倍くらいは動き回っている派だと
思います。
時間がもったいなくて、
できることはやっておきたいし。

身近なひとを
亡くしているから
そう思うのです。

そして職場に秘める遺言ノートに
再度、目を通しました。

重要なことが抜けていて、
あまり役に立たないかもしれないな。
ただ生命保険はこの人に、
銀行はここになど
連絡先をわかるようにしました。

何のために今、自分の無事を願うのか。
それは生き物を飼っているから。
命を預かっているから
無責任なことはしたくない。

それはずっと
「子供が成人するまで」という
目標を持って、
生きていた時と同じ気持ちです。

大袈裟ですが、
たまにこんなことを考えました。
落ち込んでもいないです。
へへへ。

やることはやりますw
image

今朝、送られてきた写真。
レインボー。
2017-10-30-08-21-36


人気ブログランキング