午前中ぼーっとしていたら
終わっていた。
午後気付いたら4時だった。
実家の浄化槽の会社から
私の携帯に電話がきた。
実家と連絡が取れないからと
一度、書類のやり取りをした際の
電話番号を見つけて。
「3ヵ月口座から引き落としが
できません。」

そんなバカな。
なぜか浄化槽だけが普段使わない
口座指定されており、
めんどくさいから月3千円程度を
何年か分まとめて入れておいた。
というか下水地区じゃないわけ?
新しい分譲地には通っているけど。
ついでだから市役所のPDFを見た。
概要図…水道業者にしか
わからないレベルの地図だ。
勘だけど、え?すぐ隣は
完備されてるのにぽつんと抜けてる
エリアっぽい。


先に説明しておくと、
私は未だに実家の財布を握っている。
その説明は長くなるが、
すべて管理していたバアが
ジイを残して亡くなり、
ジイの代理人だったからだ。
ジイ他界後も
竹山はあほだから引き継げず、
というか竹山に任せて常に不安な
ストレスを考えたら私がやったほうが
気が楽だから、そのままにしている。

そして私が単身赴任で引っ越した。
今までのような自由がなくなった。

口座を一本化したいし、
税金なども口座からの引き落としに
全部変更してきたつもり。

役所関係は同じ印で登録できたはず。
できなかったのか?
私に連絡はないけれど、
通ったものだと思っている。

ところが同じ印を使い
浄化槽の口座を変更しようとしたら、
銀行から印鑑相違で
戻ってきてしまったのだ。
竹山にはすぐに告げた、2か月前。
先日も催促した。
それでも動かなかった。

書きながら思うこと。
竹山は生涯独身。
この家系には叔父にもいる。
単身者が。
連絡が行くのは、近くにいる
東京の実姉のところだ。
そういうもの。
つまり竹山に何かあった場合、
自ずと私に連絡が来るシステム。
本当に迷惑な話だ。
だから私が管理していた方が
あとあとラクだけど、
万が一私が先に逝った場合は、
竹山は何がどうなっているのか
どこに物があるのかも知らずに
困ることになる。

両親を見送って
もうこれで心配はない
というのが一般的な大人だとしても
私には最大にめんどくさい仕事が
ひとつ残っている。
相手が相手だけにつらい。
兄妹愛はない。
ゼロだ、マイナスだ、本当に。
自分が好きになる人だったら
全部覚悟する。
下の世話まで。
しかし、竹山にはできない。

ただ無害というか
本当に素直なあほなので
扱いやすい。

たとえばの話、
残高ないよ、と言えば
信じる。
まだ家のローンもあるから、
私は繰り上げ返済を目標に
管理している。
表向き1冊の通帳だけ
ちらつかせて、
別口座にて
コツコツと竹山貯金をしている。
もうすぐ隠し貯金も1千万になる。
普通気付くよな、そこまで
へそくりを作られる前に。
もしもこれを本人に任せていたら、
ギャンブルはしないけど、
風俗とか???そういうことに
使って何も残らない可能性もある。
ひとりもんだから。
親もいなくなって、
自分のことしか
考えなくていいから。

結局誰のためって
私自身のためにだ。
私が老々介護で苦労したくないし、
私の子供にだって、
そんな迷惑な話を
引き継がせたくない。
となると竹山には貯金が必要だ。

それで話を戻すと、
浄化槽は滞納した状態。
会社の人に本人の携帯番号を教え、
直接話をしてもらった。
お盆に会った時にも
印鑑の話をしたのだけど、
奴は動かなかった。
つまり私が言っても動かない。
そういう人に限って
プライドだけは高いから、
滞納なんて不名誉に
耐えられるわけがないのだ。
こちらから会社に電話し、
「竹山はなんと言ってましたか?」と
聞いた。

「滞納の分は現金で直接こちらまで
お支払いに来て下さるそうで、
銀行にも近いうちに
行ってくださるそうです。」

ほらな
私が言っても動かないけど。

そもそもこの口座の話は
あちらのミスでもあるようだ。
印鑑相違で完了していないのに
元の口座データを消す
届け出をしまったらしい。
こちらは完了してから
別銀行に移るのだと
安心していた。

それなのに電話では
「元口座に残高がない。」と
言われ、その時16時半だったけど、
17時まで(ゆうちょ)のATMを
知らない土地で探し、
見たらばっちり残高あるじゃん!
うそつき!
なんだよ!と頭に来て、
怒りの電話をした。

イライラして
ちゅーる買い忘れちゃったよ。

竹山のことを考えると
気が重い。
最近は生涯未婚率が
上がっているという。
本人が元気なうちは
「独身を謳歌するぜ、イエーイ」って
ノリかもしれないが、
永代供養にしろ、
墓に入るにしろ、
死んじゃったら自分ではできない。
若い恋人でもいるならいいが。
葬式なんてしなくていいぞ!と
竹山本人も言っていたけどさ、
それだけじゃないでしょう。
入退院とか手術とか
介護とか誰が見るんだ?
ってなった時を想像したら、
「お金で解決できますか?」と
言いたくなる。
「やすらぎの郷」みたいな施設に
入れる財力があれば別。
普通の人がどうひとりで
生きていくかだ。
兄弟に迷惑をかけられないとか
多少なりとも自覚できたら、
貯金するよね。それしかないもん。

兄弟愛があるひとなら、
喜んでやりますよ!
って話になるのかも。
仲良し姉妹とか。
可愛い弟、妹とか。
ごめーん、無理だ。

私には2人子供がいる。
それだって迷惑をかけないように
手厚い保険に入っているし、
物は減らして、最小にしている。

竹山のことで
こんなに長い日記になってしまった。
思い出すとううううっと
苦しくなる。
親の顔が見てみたい。
親、連れてこい!だ。

さて、ようやく涼しくなったので、
電卓片手にお仕事開始。


人気ブログランキング