今日もっとも
うれしかったことは、
欲しいところに求人が現れたこと。
ハロワの担当者に
おねがいしますー(T_T)
と駆け込んだのはたしか1日。
今日は30日。
やっと釣り糸が反応した♪
他の子が電話を受け、
私はガッツポーズ。

この件をめぐっても
私は板挟みに挫けていた。

1.あの子を行かせる 
※断固反対(T_T)
↑ おめぇケツ取れんのかっ

2.ドレミさん、責任取れるの?
自分が辞めて責任なんて
言わないでね。

1と2の狭間でできたことは、
ただただ祈ること。

誰かーおねげぇだー
仕事にきてくれないかなー


不思議でしかたない。
職は溢れているのか?
働きたい人に行き渡ってる
ってこと?

それとも介護や育児があって、
預けるところがないから、
働きたくても働けない人が
多いのか?

過去の求人票は特別なひとを
求めているように感じた。
それではハードルが
高すぎる気がして
すべてを書き直した。
ひらがな多め、工夫。


今日は家に帰ってからも
苦情係の仕事をしていた。
私になら言いやすいだろう
の予想通り、
文書に対する反応を受けている。

「お酒入ってるから言いますけどね!」

など。

「直接社長に言ってみては!」と言うと
 
「・・・」となる。

私の発言もパワハラか?(逃げ口上)

社長に鍛えられた。

わがままを言われても
ふふふーんと聞き流せる。

そんな子たちを成長させてやれと
言われたことがある。

不満か。
いいなー、わがまま言えて-

嫌味だけど。


私は家族の病気やトラブルのほうが
はるかにしんどいよ。
自分ではどうすることもできないから。
でも仕事は自分の意志で
辞めることもできるでしょ。
簡単じゃないことも
わかるけれど。
逃げ場があることと
ないことの差。
仕事、たしかにきついけど、
好きでやってる、
好きで怒られてる
ということになる。
翌日にはダメ出しで、
全部やり直しになったとしても
前日完成した時はうれしい。


普段寡黙というか
忙しくて無口なひとたちが
残業(夜の部)になると
おしゃべりになる。
私は昼も夜も変わらない。
残業の邪魔をしないように
こちらからは話しかけないように
しているのだけど。

手、動かしてるの?

それとも私としゃべりたいの?、笑


それが楽しい時間。

「すごい秘密話していいですか?」

「いいですけど、その秘密、
他の人にも聞こえますよ。」

「実は・・・
(それでも話すのかい、笑)」

夜だけは役に立つ。
ちょうどいい聞き役として。



人気ブログランキング