鬼さんと久しぶりに仕事した。

「まったくおまえは
仕事が足んねえなぁ。」は
電話を切った直後の話

罵詈雑言

に対し、

馬耳東風

私に免疫ができていた。

鬼さん、午前中スパークした後、
忙しく出て行った。

今日は宿題なし(*^-^*)

って思ったら、

FullSizeRender

お前、これ読んで
まとめておけ
と机に本を置いていった。

FullSizeRender

(゜-゜)

新しい。
自分に買った本を
人に読ませる
という読書スタイル( ;∀;)

本を読むだけなら趣味ともいえる。
まとめるのは別の話、
急に勉強っぽくなるからつまらない。

でもこの本を選んだ時点で、
意識は張り巡らされていたんだ、
だいたい本を選ぶ時点で
勉強しているわけだから

と思ったら、夕方上司が

「ちがいますよ!
俺に選べって言うから
買ったんですよ。
ドレミさんに振った時に
そう来たか…( 一一)
と思いましたね。」

若い女子は

「ありえねぇ(;'∀')
ないわー。
それ読書じゃねえし。
あっはっは~お腹いたーい」

って。

上司に
「これ、仕事なんですけど、
会社でやらなくてもいいですよね。」

「そうですよね。
家で読んだ方が集中できるし。
ここにいると、次々に
仕事下りてきますからね。」と。

獣になれない私は、
読書をはじめる。
明日までにレポートを作る。

ああ、たのしい
たのしくて有意義でたまらない




人気ブログランキング