先週末、自宅に帰省し、
のんびり流れる時間を味わったら、
とてもスピーディで過密な時間の
過ごし方に疑問が湧いた。
私は大丈夫なのか?
仕事なんていくらでもある。

だから「次」に何か起こったら
私は爆発をして、
辞めてやろうと腹をくくった。

月曜から「退職したい」という話を
立て続けに耳にした。
まず古巣の部長に相談がある。
話はそこから伝わる。

未来のエースたちが
次々と離れる意志を
部長に伝える。

残るのは老兵ばかりとなってしまう。

エースには未来がある。
描く夢もあると思う。
だから私は止めないし、
反対しない。

仕事は…困るけど。
その時は私が腕まくりをして
再び現場に出てしのぐ。

あれ?辞めるんじゃ?
そうだ、この時間に慣れると
まだまだやれると
復活するから不思議だ。

月・水 鬼さんは来なかった。
火曜は鬼さんも一緒に
5名で旅(視察)に出た。

木曜、鬼さんは陽気だった。
金曜、鬼さんと私は午前中
3時間も仕事の話をしていた。

本日は、また私がショートする
「2」との難しい仕事を与えた。
週明け「2」と話せという指示。

私は顔を曇らせる。
絶対険悪な時間になるから。

鬼さんは言う。

おめぇ、ちっとは頭使えよ。
お前は正面からぶつかっていくから
うまくいかねえんだよ。
ヘディングばっか
してんじゃねえよ。
頭、傷めてるだけじゃねえか。
まずな、柔らかい言葉で、
私、バカなんでわからないので
どうしたらいいんですか?って
聞くんだよ。
どんな内容がいいですか?って。
2ができないって言ったら、
じゃあ私が作りますね
って言やいいんだよ。
社長の指示なんでって
俺のせいにしろよ。

私は言葉の荒い男性にも
屈しなかった。
難しいお客様でも大丈夫だ。
唯一険しいのは2だ。

誰にだって苦手なタイプがある。
けれど克服しろ
ここを乗り越えろ
とあえて指示を出される。

そしたらチャレンジしたくなった。
うまくいくかわからないけど。

まわりの人たちが辞めたがってる。
私だけじゃない。
だったら私も
辞めなくても平和でいられるよう
方法を探したいと思った。

少し高いところから
悪戦苦闘してる自分を見たら、
私もやれてるじゃん!と
ちょっとは褒められた。

励ましのことばもありがたい。
「ドレミさんが一番大変。」
そう言ってくれるのは
古巣の元上司や先輩方。
毎晩遅いひとたち。
苦しいのに人の応援をできる精神。
できた人たちだ。


大丈夫です!と余裕のない笑顔で
いつも笑ってる私。
でも楽しいこともあるよ、
本当に、会社の社員との時間は
たのしいし。

今日は最後まで残るつもりだった。
別の階で仕事して
戻ったら
上司「今日は帰るよ!
それ明日でいいですよ!
明日土曜なんだから
1日ゆっくりやりましょうよ。
役所も休みだから
郵便も明日でいいし。」

そうは言っても大量の仕事を
抱えていた。

「ドレミさん、みんな待ってますよ。」
若い子に声をかけられて
振り返ったら、
ほんとに立ってみんなが私の
ことを待っていてくれた。

じゃ、明日やるか。

帰りにも
「ドレミさん、来週店行きましょうよ!」
と今週果たせなかった
食事の約束。

いい子だな。

だからしあわせを噛みしめて
家に帰ってきた。

いい出会い。
よかった。
やっぱり人と関わって
そこからつながりが生まれ、
豊かな人生になっていく。

場所は変わっても
私は素のままで
過ごしている。
受け入れられてると実感する。

上司の手伝いもした。

まっすぐ貼ってくださいね( 一一)
俺、すげえ気になるから。

「ちょっとくらい曲がってても
いいんですよっ。」

もー大雑把ってより「雑」!
オレはドレミのことは
なんでも知ってるんだよ。

若い子たち引いてるよ(・_・;)

最近は下の名前を
呼び捨てで呼ばれたり。
目も合わせられないくらい
不仲だったのに
親しくなった証。
いや、あちらが人見知りだったんだろ、笑


ほげと同じような名前の子の
LOSERを聴こうと探したら、
新曲のフラミンゴもいい。





明日は弟子の新入りたちが来る日。
私もがんばろう(∩´∀`)∩
あと1日。



人気ブログランキング