IMG_4737

朝は、お母さん会社行かないの?
月曜日だよ。
わたしたちのごはんを買うことを
諦めたの?
私たちはどうなるの?
2日も遊びに行って、
今日もそのボサボサ頭と昨日の服で
過ごしてるなんて様子が変よ
と心配される。

細かい話はどうでもいい。
私は甘えられるならこうしていたい。
IMG_4744

IMG_4739

こちらの方は、毛づくろいの手間を
省きたい。
IMG_4758

IMG_4763

そうこうしている間に
今日は来月末のゴルフの予定が
送られてきた。
5月末といえば、ちょうど
第2回離婚調停(退職調停)の直後になる。
経営者の父ちゃんたちと
ゴルフに行くタイミングは、
駆け込み寺のような場所に
なるだろうってことでOKした。


自宅に帰りたいと
逸る気持ちはない。
飲みとゴルフのための帰省。
息子は旅行でもしている様子。
明日の晩はいるみたいだから、
もしも帰りの足に困ったら
迎えお願いしますと一方的に伝えた。
「既読」つきました。
ポジティブに、
断られてないからOKなんだと
私は文字で返ってこない言葉を
受け取りました。


IMG_4767

明日飲む人から
「子猫を飼います」って写真が届いた。
その結末を知るのは
怖かったけど
「山に帰る?」と質問。
ほんとは「帰らせてあげるの?」と
聞きたかった。
真実をはぐらかされたのか
「ペットにします」って。
熊は子供を守るためなら
獰猛にもなるけれど、
こんな子熊ちゃんを見ちゃったら
罪はない、熊のテリトリーを
おかしているのは人間たちだ
と急に熊サイドに付いてしまう。
ほんとに迷子の子熊ちゃんらしい。
おかあさんと離れてしまった。
生態系の話はわからない。
餌を与えればいいってもんじゃない
のだろうし。
それでも人里を荒らされたくないのなら、
ドローンで、ヘリで
何トンもどんぐりを空から
撒いてはいけない?
メタボで動けなくなるくらい。

今日は引きこもって
読書の日。
しあわせだ。

こないだ美容室で目に留まった本を
偶然ネットで発見し、
手元に届き、GWのたのしみに
残しておいた。

『瞳の中の幸福』 小手鞠るい

レビュー:猫好きによる猫ものがたり。

それはうそなんだけど、
人間の心の機微などさておき、
クライマックスシーンの猫話に
嗚咽。アパートで声出して泣いた。
あっ、あっ、あっ・・・と
床に這うように。
その後はホッとする展開なんだけどね。

運命的な本だった。
IMG_4769

付箋を貼ったページは、
珠玉のことば集。
何度でも読み返したい美しい文章。

IMG_4752


本の角は気持ちいいのにゃん。
と邪魔ばかりする。


主人公ひとみ。
成田市の鰻屋の娘に生まれる。
建物は1階が店舗。
3階に居室。
どこかで聞いたことある話だな、笑
まさに見たことのある風景だな。
以前婚約破棄に遭い、
仕事に打ち込む。
そして思い切って家を買う。
働けなくなったら、おひとりさまは
賃料が払えなくなるからって。
いたたたたたた…(*_*;
それでね猫ちゃんに出会うのよ。
猫ちゃんとの暮らしこそが幸福。
男より猫だって言ってるの。
猫ファーストという言葉も出てくる。
全部は書かないけどさわりはそんな感じ。

私に文才があったらな、
この小説書けただろうよ。
リアル小説。

自分に課した宿題があるので、
続いて次の本へ。


人気ブログランキング