夕べも雨。
今朝も雨。

いつ登山中止の連絡が入るかと
思っていたら、
気を付けて来てね
というLINE。

私は師匠の判断を信じています。
決して無理はしない。

ETCのない代車で高速を下り、
コンビニでごはんを買って、
集合場所へ。

1週間お借りしていたセダン。
乗り心地もよく、
魔法にかかりました。
すっかり「セダンもいいな」と。
トランクって移動物置みたいで、
なんのためにあるんだろう?って
ずっと思ってた。
ゴルフの時は、取り出しやすいから
いいなと思ってたけど。

結婚して最初ににぶが
買った車がセダンだったことも
思い出した。
私も二十歳そこそこで若かったから、
友達が夏休み帰省すれば、
それで海に数回行ったりもした。
怖いもの知らずの時。

当初、那須の茶臼岳を
正面から登る予定でしたが、
あのコースは強風を受ける。
ほんとに体を支える場所がない。
師匠は場所を移し、
沼原からのコースに。

この時期、怖いもの。
IMG_6695

この看板、本当の警告です。
けれど熊だって人間が怖い。
姿を現すことはありませんでした。

IMG_6696

IMG_6697

アクシデントで写真は撮れなかったのだけど、
雨上がりで、水たまりが多く、
私は見事に落ちました。
歩くたびにべちゃべちゃって
靴の中の音を鳴らしながら。
でもね、冷たい水がとても気持ちよかったの。
わざわざやる大人はいないと
思うから、感想だけは知ってほしい。
帰りは両足をわざと突っ込んだ。
じゃぶじゃぶと靴を洗うように。


IMG_6703

茶臼岳登頂をあきらめて、
姥ヶ平で、贅沢なロケーションでの
ランチです。
山貸切。茶臼を眺めながら。
IMG_6699

IMG_6700


雲も切れてきて、
大好きな山が見えました。

IMG_6704


今日は9.2キロ歩いたそうです。
けっこう険しかったです。

帰りは、日産に寄って、
入院していた車を迎えに。
さよなら代車。
返したくなかったよ。

地元のスーパーで買い物。
IMG_6712

早速ナンプラーを購入。
作る気満々、明日以降ガパオ。

スーパーでたわしを買った。
私が暮らす
超ハイグレードアパートメントには
屋外に洗い場がある。
それはお犬様の足を洗うために
設置されたもの。
ここは、選ばれし動物愛好家が暮らす
心優しい住人しか住めない建物。

ってか、うち猫じゃーーーん。
散歩しないし、足洗わないから。

存在は知っていたけど、
出るまで使うことはないと思ってた。
洗車するわけにもいかないし。
(やりたいけど)

日曜の午後、みなさんお出かけ。
駐車場に車ゼロ台。
願ったり、私使うよ。

IMG_6706

どうしていつも…
シャワーが自分に向いていた。
100均のサンダルで良かった!!!

さて、はじめます。
誰も帰らぬうちに。
IMG_6708

靴、ドロドロだった。
部屋の中の水道が
詰まりそうなくらい
那須山の赤土や葉っぱを
持ち帰ったから。

まだ誰も帰らない、よしっ。
次いこっ。
IMG_6709

一緒に水没した靴下と
ポールも洗う。

体はまだ熱を持っていて
全身が熱く、
顔と腕は途中からの日差しで
焼けてしまった。

途中苦しい時もあったけど、
終われば、汗と一緒に
ストレスが流れたようにスッキリ。

危険だし、熊に遭う可能性もあるけど、
ドMスポーツはたのしい。
自然と向き合い、自分の体の限界を知る。
人工物では味わえないものがある。

よくいう達成感とかじゃなくて、
やらなくてもいい苦しいことを
自らやる意義。
ありがとね、関節、筋肉。
武田真治なの?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日もおもしろい話を
聞けました。
子供が絡むとネタは尽きない。

そんな中、下山途中から
これからの運命話。

「私はどうなるの?」

「それはわからないけど、
こうしたらいいってことはわかる。」

ピンと来た。
何回も言われてるから。
異性関係の話。

それで1年半から2年後に
私は突然男の人に出会うらしいのです。
(今日の日記、未来宛保存版)

今の生活が続くと
会社と部屋の往復で、
職場にはじいちゃんしかいない。

出会いなんてない!
と言ったのだけど、
あるんだって。

もう19時になる。
大人の時間だな、OK

そのひとと私は
おともだちになるのはOK
でもね、一線を越えた
関係になってはいけないんだって。

そんな人は今だって
たくさんいるから、
ひとり増えるだけ?って
気もするけど、
そうじゃなくて、
そうなりたい気持ちになる相手らしい。

じゃ、出会わなくていいよ( ´艸`)
確実にレギュラーの座が
回ってこない部員みたいな気持ち。
私のたとえ、今日は
うまくないけど、
イメージだけってことでしょ。

そういう気持ちにさせてくれて
ありがとう

なんて、思えそうにない。


47歳未来のわたしへ

その男の人とは
ただのお友達止まりだから、
早々に嫌われてしまいなさい。


人気ブログランキング