母から息子に
電話しても通じず、
LINEしても既読にならず、

お礼を言ってから
開封したかったのだが、
朝までに時間がない。

術後、5回に1回くらい
10文字以内の短文の返事が
あるだけで、
意思の疎通はできていなかった。

そもそもなんで?

って話だけど、
私が「ペナルティ」を与えた。

私が記憶してる中では、
最後にプレゼントを選んでくれたのは、
息子が中学生の時。
私の誕生日に
『Dr.GRIP』のボールペン2本。
うれしかったから、覚えてる。


今回、登山用の時計を
「一方的に」LINEで催促し、
さらに「週末使いたい」と
期限まで設け、
送りつけた。

でもそんなの聞き流すでしょ、
期待薄。

21時すぎ、知らない着信。
出るか出ないか…

何もしゃべらないで出た。

「佐川急便です!
番地がなくてですね、
アパート名だけなんです。
それで遅れちゃって。
今から伺ってもいいですか?」って。

そんなミスするのって…
それでピンときて、
「小さな箱ですか?」って確認したら
「そうです。」って。

息子、ありがとね。

FullSizeRender

登山用の機能があるのに、
取説読んでる時間がない。
時間は合ってるみたいだ。

女性用のプロトレックは
1種類で、色は3色。
何が届くか?白でした!
わーい。

IMG_7986

師匠たちがG‐SHOCKを
登山の時に使ってた。
私は金属の時計1つしか持ってなくて、
それは山には使えないから、
いつも時間がわからなかった。
プロトレックを教えてくれたのは、
登山仲間のふたり。
多機能は使いこなせないと思い、
シンプルな機能のこちらを希望した。

お礼も伝わってないけれど、
ありがたくこれからも
使用させてもらいます。

「事件記念」の腕時計。
そして今後は、
登山のお守りとして。



人気ブログランキング