今日知ったことで、
男体山(なんたいさん)は、
関東地方で2番目に標高の高い山
なのだそうです。
1番高いのは、日光白根山。

2,486mの山ですが、
距離は短いのに、
登山口からの標高差が1200m。

苦しいと言われる理由は、
角度が…

500円の入山料を払い、
お守りを受け取って、スタート。
IMG_8021

1合目までの階段で
「やめるなら今だ。」と
思いながら、
3合目まで林の中を登り、
途中でアスファルトの道路に出ました。
IMG_8020

舗装された道ってこんなに
ラクなのかと。

そして4合目で登山人生初の
アクシデントに見舞われる。
全部言えないなら、書くな。

いや、書く。



ない!
急に行きたくなった!
朝、寝坊して慌て、
リズムが狂った。

この先からが登山本番。
ムリだ。

師匠に案内してもらい、
安全な遠く離れた茂みへ。

でも我慢しなくてよかった。


さて4合目からが
男体山の厳しさがはじまる(らしい)。

「無理だったら無理って言ってね。
根性で登るとかやめてね。」

師匠から忠告が。

ざっくり9合目までの感想。
ガレ場が体力を消耗しました。

登山道自体は広めで、
すれ違いも困難ではないし、
速い人をお先に譲ることもできる。

しかし無言でした。
這いつくばって岩と岩を
登るようなところも。

えーと、5合目かな。
実は2度目の災難に。



また?

はい。

本当に今日は、非常時の
訓練のようでした。
人間の我慢の限界を超える。
山女、今後怖いものなしです。
あるよ、熊と雷と強風。

登山以外の体力を消耗。
しかし最後まであきらめません。
IMG_8010


9合目を過ぎると、
もう木々が育つ環境では
なくなっています。
真っ赤な石と砂利。

山頂が見えてきた。
砂だと油断するととんでもない。
ふんばりが利かない。
ここに来るまでに
持ってる体力をほぼ使っている。
見えてるのに遠い…
最後の力を振り絞って
ついに登頂。

歩いていたのは3時間くらいかな。


山頂は寒かったです。
コーヒーがおいしかった。

最後の力を振り絞ってしまったため、
下山こそ、苦行で。
1歩の幅の狭いこと。
歩いてるつもりなのに、
なかなか前に進んでいかない。

それでもケガ無く
無事に目標の山を達成しました。

中禅寺湖を見下ろす

IMG_8013

山頂の剣
IMG_7995

IMG_8028

プロトレック見るたび
にんまりしてたな。


~男体山の感想~
今までに登った山の印象的なところが
1カ所にまとまっているような場所だった。
樹海あり、岩場あり、火山あり。
きびしくたのしい登山だった。
やったあ!

恐ろしいほど
早く登る人、
走るように下山するひと、
ひとりの女性も多数。

ここで「人の強さ」を見ました。
私は弱いなと思いました。



人気ブログランキング