愛車が雪まみれ
FullSizeRender

車も雪をかぶっている。
まだ止みそうにない。

引越しの日でなくてよかった。
葬儀の日でなくてよかった。

と思うけど、
明日の通勤は気が重い。
ただでさえ先延ばししてきた
問題と向き合う時なのに。


忙しかった2日間で、

交通費(Taxi他含) 18000
葬儀       16000
入学祝      10000
引越しお礼    15000
バスカード     3000
娘の日用品     4000
レシートのある飲食 5148
レシート無・不明金 3000
昨日駅での買い物  1000

レシートをもらわないこともあるし、
Suicaで支払うものもあり、ざっくり。
ただ木曜の夜の時点で、
財布に10枚は
1万円札があったはずなのに、
今、3万円しかない。
私、何か買った?
って振り返ってみた。

親戚づきあい・冠婚葬祭が重なった。

私にボーナスはない。
「補填」できないのがきつい。

私は再出発、ここから、この春から。

今後、昇給・賞与・退職金は
一切ない、それは断言できる。
もったいないって、
自己評価じゃなくね、
時間がもったいないなって思うよ。
そこから自分のスキルや年齢を引くと
こんなもんなのかなって
納得せざるを得ない。

ただ好きな仕事ができて、
ストレスがなかったら
それでもいいって思える。
今の仕事が好きだから。
健康を害する働き方は
もうしたくない。

それなのに

鬼はまだまだ求めるだけ。
鬼が不幸になろうと
私が幸せになるわけでもない。
力のある人は、再生する力も強い。
私のように力のない者は、
路頭に迷うのが想像し易い。
だから今からでも
できそうなことを考えておく。

最近同僚に語ったこと。

「今、世の中がコロナで
不安に包まれて、
暗くなってるでしょ。
私、もっと直接的に
大変なことがあったから、
コロナ以前に、私は憂いていたんだなって。
コロナのせいじゃないもん ( ´艸`)
この漠然とした将来への不安感とか。
自分に何が起こっても
不思議じゃないって思ってるし。」

子供を育て上げるまで
仕事もしてこられたけれど、
それまで健康だった夫の無念さだけは
どうしても忘れられません。
代わってあげたい
私が身代わりになりたいって思ったから、
遺ったほうも痛みを伴って
生きてきました。

震災の時にも思ったの。
ずっと変わらないことはない。
上手く波を乗り越えるしかない。

部屋の中で筋トレでもして、
基礎体力をあげておこう。
心と体を強く。


朝から膝の上で
行動を制限されている
IMG_2245

というよりも
私の椅子に座らないで
という主張もあるみたい。
平日昼間はここで寝ているから。
FullSizeRender

「わかったよ、並べるよ。」

猫に席を譲る。


人気ブログランキング