職場のおばさまの旦那さんの実家が
九州だったなと思い出して、
昨日までおばさまは休暇だったので
話を聞いた。

旦那さんのご実家は、熊本県の高森町
というところだった。
よく「阿蘇の麓」という言い方をしていた。
お姑さんはご無事だった。

話を聞きながら手帳を出した。
IMG_4390


私が元気でいたら、の話ですが
私が今後直面する問題は、
ペットロスです。
その時ははっきりいって仕事なんて
できなくなると思います。
すべてがどうでもよくなる予定です。
その時は、旅行します。
九州にも行きます。


傷心には、旅、家のリフォーム、
転居などがおすすめです
傷心を大人の力で癒そうとすると
けっこうお金がかかります。
そうでない場合、私が過去に取った
手段ですが、本と映画を
信じられないくらい1日で読む、観る。
疲れます、がんばっても人間は
眠くなるので。
寝るのがほんとは1番効果的です。
眠れないからみんな困るんですよね。
無理に寝ようとしないほうがいいです。
そのうち嫌でも眠くなります。

今日は久しぶりにやっちゃんの動画を
観ました。

『変わることについて』

「変わることを恐れたくない」
「むしろ変わることは、自分を
変えられるチャンス。」
「それが自分にとってのチャレンジ。」

「時代の変化、環境の変化に対して、
変わっていかないと生きていけない。」

スーッと入りました。
親、配偶者、子供、犬猫、家業、収入など
守るものは守らなきゃならないし、
それ以外の部分で自由になるところは
変化を恐れたくない。

やっちゃん本人にしか真意はわからないけど、
伝わる部分では共感し、
私も自分を縛り付けずに生きていきたいと
思っています。

最近、天候の影響ですが、
仕事が少なめで、
おばさまたちが午前に仕事を終え、
「手が空いたから帰るわね。」
ということが続いていてこじるりに…

私「午後休好き。前の会社の時は
午前で終わったら帰ってたの、よく。
映画観に行ったりさ。」

こ「映画館好きだよねー。
でも今、コロナで行けないもんねー。」

私「映画も好き。ひとりカラオケも行く。
ゴルフ練習もひとりで行った。
美容院でしょ、整体でしょ。
それから清掃センターもよく行った。
庭で花植えたりさ。
センパイと昼間都合つけば
ごはん食べたりもしたけど。
ひとり遊びは得意なの。
くっそーって思うよ、今の会社になって。

そうそう、やっちゃんが婚活始めたの。」

こ「え?どうやって?」

私「SNSとか。」

こ「立候補しなよ。」

私「子供が欲しいんだって。
(やんわりとした年齢制限、
職安の求人みたいだな)
ってか、私、結婚はしたくないよ。」

こ「男の人って年取ると結婚したがるよね。
親の問題とか出てくるし。」

私「まずね、寂しいから誰かと一緒になる
ってのは絶対ダメ。
一緒にいても
心の距離が離れたら解消できない。
それからさ、経験者として言うよ。
老後まで一緒に居られる保証はない。
思い描いた老後があるかわからない。
若いひとは結婚しろって思うよ。
ひとりじゃ築けないものがあるし。
年取った者同士の出会いは、
お互いが経済的にも精神的にも
自立していないとね。」

きっぱり言った。200%そう思ってる。




こ「ドレミの寂しいからって理由で
付き合う人を探すのは『?』って話に
納得させられたよ。
自分が0で、相手が1なら
足しても1にしかならないよね。
私が1で、相手も1じゃなきゃね。
私もやっちゃん観てみる。」

ミドル婚活アドバイザーの敵みたいだ。
痛み分けみたいのはいやだ。
私は満足度を自分で1.5にする。

って偏った考えの寂しい者です( ´艸`)


人気ブログランキング