月曜の職場。
人事異動、期の変わり目。
先方さん都合で仕事が流れてこない。
事前におばさまたちは休暇を取っていた。
パートの樹里にも12時に
上がってもらった。

社員の半休は13時半から。

image

弁当を食べに行ったようなもの。
コンビニチキンは半分
こじるりに分けた。

係長や部長や先方さんに根回しして、
全員帰らせてもらいますか?
という案が出た。

もちろんOKなら乗る!

部長は、責任を取りたくないので、
係長がいいというなら…の条件付き。
結局帰れた。

好きな言葉は「午後休」だからうれしい。

天気もいい♪

宝くじ買いに行こっ!

というのも朝Yahoo!を見ていたら、
今週最強の金運を持つのが
寅年 O型 だというのよ。
買うでしょう。

そして休日は寝て終わったけど、
道すがらUNIQLOに寄る。

もう目標達成でいいでしょう。
痩せた暁に買う予定だった
美脚デニムを買うことに。

娘が言っていた。
「今はいいデニムが1本あれば
いいかなって。
服の趣味って変わるんだね。」と。

いくらの穿いてるの?と聞いたら

「2万くらいかな。」ってさらっと。

OLになる前の方が稼いでたもんな。

お母さんは、今や3990円の
デニムを買うのもドキドキするよ。

ネットでやたらと推してる
UNIQLOジーンズ。
「服を買うこと」がめんどくさくて、
何かのついで
にようやく出向く。

サイズもよくわからない。
さてどんだけ細くなったんだ?と
少し前に
メジャーでウエストを計ってみた。
そもそもどこが一番細いとこ?
くびれがないからわからない。
多分このあたりで
「67~68」センチあった。
そんなもんだよ、実測。
でもそれが服のサイズかというと
また違う。

まず手に取ったのは61cm。
今なら入りそう。
ピッタリ。

でも欲が出た。
もしかしたらもう1サイズ下で
入るんじゃないかなと。
入った。そんなに差がない。
そもそもお尻に皺が入らない作りだから
変な線が出ない。

店員さんに「伸びますか?」と
尋ねたら、伸びるので
ワンサイズ下でいいですよって。

色も濃紺か迷ったけど、
普通のデニム色。
image

image

初回からなじむので、
すでに今も穿いてます。

15時に帰宅。

まず昼間の特権。
image

騒音ブレンダーでフラペ作りから。
おいしい!


心にひっかかること。
それは昨日見た求人情報。
もやもやする。
なんというか、
誰かを好きになりそうな状況と似ている。
気になって、もっと知りたくなる。
彼女いるのかな?とか
どんなひとなのかな?みたいな。

そこで即行動してしまうのが、私なんだよ。

image

えいやっ!と来てしまいました。

いきなり告白する気分よ。

で、考えてみると
私は職安のシステムを知らないのです。
派遣が切れた時に失業保険の手続きで
行ったけど、
就職でお世話になったことはない。

若い人がとても多かった。

受付カウンターに並ぶ。

「まだ在職中なのですが、
大丈夫でしょうか?」

「はい。
カードをお持ちですか?」

「ないです。」

「3年以上、今のところに
勤めていますか?」

「はい。」

「では新たにこちらご記入ください。」

と紙を渡される。
簡単なプロフィールを書く。

image

あれよ、あれよで
番号が呼ばれ、1対1で
親切な女性と話をする。

私「気になった求人があって、
ダメ元で参りました。
ただ最初に…
年齢制限を超えているので
門前払いかなと。
でもモヤモヤしていて、
諦めをつけたいので。」

職「こちらは専門的な業種ですけど、
ご経験は?」

私「まったくないです。
畑違いもいいとこです。」

職「ではなぜこちらを?」

私「実は使ってない資格を持っていて、
それが活かせるなら、
違う世界も見てみたいなと。」

声のトーンが変わる。

職「なるほど!すごいですね。
独学ですか?」

私「家で。」

すごいと褒めてくれるのは
この女性とまーくんだけだよ。
多くの人が「司法書士持ってんだよね?」
と間違えて、
持ってない、遥かにランクは下だというと
「なんだー」とガッカリされる。
不動産登記もできないし、
じゃあ私の役には立たないじゃん!
という意味なのか
理不尽な失望を受けるだけ。

それで直接、
職員さんが電話をかけてくれた。

「今、求職の方がこちらに見えていまして、
年齢が46歳。
年齢条件を超えているので、
どうでしょうか?」

・・・・・
・・・・・

は、はい。わかりました。」

職「総合的に判断したいから、
履歴書を送ってほしいとのことです。」

うっそー(◎_◎;)
心にケリをつけるために来たのに。

ここで「受かっちゃったらどうしよう。」と
焦り始める。

だってまだ仕事してるし、
いろいろもめてる最中だし、
面接に行けるかもわからない。
もしももしもOKだった場合、
突然退職することになる。
1ヵ月前でOKっていうけど、
あの鬼がそんなにあっさり
認めるわけがない。
夜逃げ同然に
名を変え、顔を変え、
住居を変えないと
連れ戻されるおそれ。

って、何を心配してんの?でしょ。
でもだから私は脳内平和なんだろう。

たとえば欲しいものを
手にできなかった時、

買わなくてよかった、
不良品だった

住まなくてよかった、
隣人クレーマーだった

付き合わなくてよかった、
全部嘘だった

働かなくてよかった、
100%ブラックだった

みたいな。

選ばなくてよかった
選ばれなくてよかった
あの選択は正しかった
ってことも同じくらいあるはず。

今の仕事は向いてる、楽しい。
ただ鬼の考えと相容れない。

今日は予約してから3週間待った、
こちらに来て初めての歯科へ。
10数年前、前歯にマニュキュアをした。
それが1カ所欠損して、
今、マスクだから見えないけど、
知らない人が見たらびっくりする
状態だった。

「転勤する可能性があります。」

最初に話したら、
そのあとは、こちらまで
通えますか?と。

通いたいですと答えた。

審美歯科を目的とする歯科が
田舎だと極端に減る。
それを理由に、
たびたびこちらを訪れるのも
たのしみになると思う。
来たら、あの蕎麦屋に行って、
こちらの同僚に会って。

歯科が終わると
部長から電話が入っていた。

「鬼さんがアパートの契約書を
見せろって言っていて
すみませんが朝、届けてもらえますか?」

「おかしくないですか?それ。
目的は?
たとえば私が契約した時の
お金を出してくれるっていうなら
見せますけど、
個人情報ですよ。」

「でもー・・・
そうしろってことなので・・・」

相変わらずダメダメ。
どうせ契約書の粗探しをする目的。

「部長、会社のお金出さなくてもいいです。
もしも退去費用を持ってもらったら
私、一生、カネダシテヤッタって
言われるんです。先が見えます。
何かにつけ、金出してやったんだから
あれやれ、これやれって恩に着せる。
私はたぶんそれに耐えられないです。
辞めることも考えています。
一応お伝えしておきます。」

「はいー

この行動的な1日のきっかけは、
本日月曜のしいたけ占いである。

LINEをWordに打ち換えて、
用紙を何度も読み返している。
額に飾っておきたいレベル。

まとめる
・2017年から激動期
・2018~2020までの3年間、
 「何回も生まれ変わる」体験
・10月に入ると
「次の生活軸に向けて気持ちが入れ替わる」
・本腰入れて本格的にチャレンジ
・0からはじめることをやっていく
・大事なのは憧れ、こういう景色を
 見ていきたいという気持ちを否定しないこと
・ちゃんと真剣に夢を実現していく時

・未来に向けての準備なり
 出発をはじめていく
・期待と不安感
・落ち着いた気持ちで
 自分の今の環境と未来を見つめています

『他人が安心するような生き方に
私は関心はない。
それはあなたがやれば?』 


言い得て妙
これだ、私が文字にできない思いは。


人気ブログランキング