ドレミの日記 ~no cat no life. I am a widow.~

2019年6月、夫と死別して14年が経ちました。単身赴任先で、2匹の娘と3人ぐらし満喫中。息子は社会人4年目、実家でひとりぐらし。大学4年の娘は、東京でひとりぐらし。学費・仕送りからの解放も間近。今後の生き方を思案中。

2015秋以降の山登り

今年の登り納めは南会津・唐倉山

今年最後の山登りだそうです。
おんぶにだっこ。
私は持ち物を用意して、
集合場所まで向かうだけ。
それ以外のことはすべて
師匠がセッティング。
企画 運転手 安全対策
すべて師匠がひとりで。

安全対策
も帰りの車で知りました。
まず必ず「入山届」と下山の知らせを
山岳会にメールしていたそうです。
また山の保険に加入し、
ヘリコプターから信号を受信できる
機械を持ち歩き、
万が一の時、居場所を知らせられるよう
備えていたというから驚きです。
山を知り、山の怖さも知っているから
できること。

そこにも驚きましたが、
帰宅後送られてくる自分の写った写真が
「どこのでぶ?」と驚く変貌で
私なの?と鏡で見ているのとは
違う人物にも衝撃を。
なので、ブログにはなるべく
全身が写らないカットを選んでいますが、
今日は身体を張って登った岩山なので、
心苦しいところですが、
どこのでぶも写り込みます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

唐倉山(1,175m)

IMG_8867

標高は男体山の半分だし、
距離も短いからハイキングかな?
って気持ちでスタート。

あちこちに熊のふん発見。
いるよ、ここ。

IMG_8873
IMG_8869
IMG_8889

誰もいない貸切DAY
紅葉も独占です。

山頂まで1時間程度で着いたのです。

伝わるかしら。
絶壁のような岩の連続。
片側断崖もあり。
落ちたら痛いやつ。
いや逝っちゃうかものやつ。

師匠登っています(危険地帯)
IMG_8882

IMG_8881

ハーレーのオーナーHMも鎖で登ってきます。
IMG_8880

IMG_8879

どこかのでぶも真剣勝負中。
IMG_8903

IMG_8906

IMG_8907

写真では伝わりにくいのですが、
崖をよじ登っている感じです。
鎖やロープを信頼して、
全体重を預けます。

スリリングでたのしかった。
山頂到着。
IMG_8887

下山は距離が短い。
ということは、急降下ということだ。

登山は、下りのほうが技術がいるし、
登山靴の真価が問われるのも下山。
私の靴、見た目きれいなんだけど、
底がもうつるつるみたいで、
派手にスライディングで転ぶ1回。
ずずずずーっと滑り落ちる1回。

IMG_8901
IMG_8902
IMG_8903
IMG_8908
FullSizeRender

このようにロープを持って
時々滑りながら下りてきました。

自然の水場。
息子にもらった時計、
時々仕事でも使うんだ。
IMG_8891


めずらしくオプション付き。
登山時間が短かったので、
「菜華楼」さんでランチ。
IMG_8894


今年9回の登山をした。
今更のメンバー紹介ですが、
どちらもにぶの高校からの友達です。
師匠は私の友人の夫もしています。
たろうのパパもしています。

それぞれに1男1女。
父親たちは遊び通した学生時代を
過ごしてきたのだけど、
どの家の子供たちも
父親の気質と違う、学生時代「まじめ」。
うちの息子の関東大会の応援に
来てくれた師匠一家。
それも10年以上前。
幼少期以来、
その時に師匠長男はほげを見ているし、
高校時代、同じ会場にいたことは
あるのだけど、
子供同士が今、街で会っても
絶対気付かないか知らない。
とうちゃんかあちゃんこんなに
会ってるのに、子供同士は
ほとんど接点がないまま。
今日知ったことで、
6人いる子供たちのうち、
4人が双子座。(2世帯)
2人が翌月生まれの蟹座。
子供O型5人。
うちの息子だけがにぶと同じB型。
似てたんだなーって。
最初に産まれた長男坊たちは、
親とそんなに会話しない歳になり、
下の娘たちはどこも甘え上手。
父親、娘溺愛。
ゆず酒のお土産に歓喜し、
餌とも知らずに
高いバッグをお礼に喜んで買ったり。
東京(大学見学)に行くたびに
お小遣い渡して、
「もうそういうのも最後だからさ。」
って、大学生になったら
またすぐにお小遣いの催促が
あるとも知らずに。

20代に子育て中心生活をして、
40代のうちに
子供の大学4年間の卒業を
全員が迎える。
6人が無事就職や結婚をしたら、
打ち上げをしたい。

それからの時間を
犬猫を可愛がりながらも
おとなの時間として
たのしんでいきましょう
という話も。

うちの夫だけ
欠けてしまっているのだけど、
稼ぎは半人前でも
私が2人分、手を広げて
遊んでるから大丈夫。
仕事量も2人分(へへーん)
仕事の愚痴も2人分(病的)
でもたのしいことも2人分やりたいと
ずっと意識してる。
健康でいればできることは多い。
そこに働いてお金もあれば文句なし。
いつ体に異変が起こるか
そんなのわからないから、
元気なうちにやれることはやりたい。

IMG_8912

最後の写真の脚がだらしないけど、
また来年、目標の山を決めて、
無事に登って下りて帰宅できるよう
元気な体でいたい!

ありがとうね。


人気ブログランキング

紅葉を期待し、那須岳へ

現在の那須の紅葉の様子から
IMG_8537

もうちょっとですね。

IMG_8539

ここ、天狗のテルマエロマエのロケ地。
那須温泉郷・北温泉から登山スタート。

IMG_8541

まだ、わー・きゃー興奮してる余裕あり。


山の中を抜けると、
マウントジーンズ那須
というスキー場に出てきました。

IMG_8555

IMG_8564

大人も楽しめるハンモックがありました。

このあと、風が吹き荒ぶ山中へと
入って行ったのですが、
どれくらいだろう
途中で引き返すことになりました。

師匠は言います。
「山頂に行くだけが登山じゃない」

じゃなに?
その答えが未だに見つかりません。

植物はトータルで「山野草」
果実らしきものはトータルで「なんかの実」
どの足跡を見ても「熊」 正解は鹿

長く楽しむためには、
安全第一、無理をしないこと
自然を相手にした遊びを
ナメないこと。
とても大切なことだと思います。

IMG_8546

ガスが切れ、茶臼岳が見えました。

IMG_8573

川のせせらぎはヒーリングです。
明日からがんばれます。

IMG_8550
IMG_8547
IMG_8549

美しかったです。

往復して、再びスキー場へ。

IMG_8570

IMG_8565

ここでコーヒー休憩。

再び北温泉を目指し、
山中を下山して戻りました(完)

師匠からの補足
距離12キロ 高低差850m

中の大倉尾根という那須岳で
もっとも美しいらしい
景色が見れるところでした。
普段12キロって、
なかなか歩けないよなー。
それなのに登山だと歩くから不思議。


人気ブログランキング


2019.9.28 男体山に挑戦する 

今日知ったことで、
男体山(なんたいさん)は、
関東地方で2番目に標高の高い山
なのだそうです。
1番高いのは、日光白根山。

2,486mの山ですが、
距離は短いのに、
登山口からの標高差が1200m。

苦しいと言われる理由は、
角度が…

500円の入山料を払い、
お守りを受け取って、スタート。
IMG_8021

1合目までの階段で
「やめるなら今だ。」と
思いながら、
3合目まで林の中を登り、
途中でアスファルトの道路に出ました。
IMG_8020

舗装された道ってこんなに
ラクなのかと。

そして4合目で登山人生初の
アクシデントに見舞われる。
全部言えないなら、書くな。

いや、書く。



ない!
急に行きたくなった!
朝、寝坊して慌て、
リズムが狂った。

この先からが登山本番。
ムリだ。

師匠に案内してもらい、
安全な遠く離れた茂みへ。

でも我慢しなくてよかった。


さて4合目からが
男体山の厳しさがはじまる(らしい)。

「無理だったら無理って言ってね。
根性で登るとかやめてね。」

師匠から忠告が。

ざっくり9合目までの感想。
ガレ場が体力を消耗しました。

登山道自体は広めで、
すれ違いも困難ではないし、
速い人をお先に譲ることもできる。

しかし無言でした。
這いつくばって岩と岩を
登るようなところも。

えーと、5合目かな。
実は2度目の災難に。



また?

はい。

本当に今日は、非常時の
訓練のようでした。
人間の我慢の限界を超える。
山女、今後怖いものなしです。
あるよ、熊と雷と強風。

登山以外の体力を消耗。
しかし最後まであきらめません。
IMG_8010


9合目を過ぎると、
もう木々が育つ環境では
なくなっています。
真っ赤な石と砂利。

山頂が見えてきた。
砂だと油断するととんでもない。
ふんばりが利かない。
ここに来るまでに
持ってる体力をほぼ使っている。
見えてるのに遠い…
最後の力を振り絞って
ついに登頂。

歩いていたのは3時間くらいかな。


山頂は寒かったです。
コーヒーがおいしかった。

最後の力を振り絞ってしまったため、
下山こそ、苦行で。
1歩の幅の狭いこと。
歩いてるつもりなのに、
なかなか前に進んでいかない。

それでもケガ無く
無事に目標の山を達成しました。

中禅寺湖を見下ろす

IMG_8013

山頂の剣
IMG_7995

IMG_8028

プロトレック見るたび
にんまりしてたな。


~男体山の感想~
今までに登った山の印象的なところが
1カ所にまとまっているような場所だった。
樹海あり、岩場あり、火山あり。
きびしくたのしい登山だった。
やったあ!

恐ろしいほど
早く登る人、
走るように下山するひと、
ひとりの女性も多数。

ここで「人の強さ」を見ました。
私は弱いなと思いました。



人気ブログランキング


八海山神社と釈迦ヶ岳登山

今日の記録
IMG_7781

栃木県矢板市にある釈迦ヶ岳という
手前に見える山のさらに奥に位置する
山に登りました。

最初に八海山神社へ。
FullSizeRender

ここまでこの子、
ハイペースでがんばりました。
たろちゃんと2回目の登山です。
荷造りでわかるらしく、
前日からわくわくしていたそうです。
FullSizeRender

IMG_7776

今日はたろうにとっても
初のロングコース。
ちなみに今日は、シェパード1
柴犬2の3頭がこの山を登りました。
リードなしでも飼い主さんと
一緒に歩いてるの。
すごいなー。
たろうは、じい&私のしつけが
まったくできていなかったので無理。

八海山神社も見晴らしは
良いのですが、今日はもう1つ。
写真中央のかな?
IMG_7816

けっこう遠い。
急登も多く、年寄りの後ろ姿、
かなり疲れています。
IMG_7767


IMG_7766

たろうは抱っこされる場面も。

3時間以上歩いたのかな?
ついに到着です。
はー、今日はきつかったぞ。
IMG_7753

なんと山頂に「お釈迦様」が。
IMG_7815

IMG_7760

雲海の向こうに、男体山の頭が見えた。
IMG_7745

こっち関東平野
IMG_7742

Have a break
IMG_7749

今日は成城石井のコーヒーを
いただきました。
山頂で飲むのって、至福。

2山登っているので、
帰りも当然、登り返しがあります。
八海山神社まで戻る途中に
ぬかるんだ岩場でバランスを崩し、
右の大腿部を痛めてしまいました。
そこからスローペースにしてしまった。
IMG_7817

帰りにジュースを買ってもらい
生き返りました。
今日は暑く、1Lでは足りなかった。
IMG_7759

たろうとお友達になりたかったひと。
IMG_7754

たろう、最後までがんばった。
犬の体力、すごい…


家に帰って、掃除洗濯をして、
さすがにひっくり返った。
(おしゃれしてるけど嫉妬しないでね)
IMG_7798

そしたらあんずが
IMG_7807

隣で同じ体勢になったから笑った。

苦しかったし、痛めたのは残念だけど、
今季6回目の登山、
たのしかった(*^-^*)


「じいちゃん、大腿部骨折は
つらかっただろうなー。」
ちょっと痛めたくらいでこれだけの
ダメージを受けると知った。
ちょっとの衝撃でも老人は骨折するのか。

健康に歩けるうちに
もっと脚を使いたい。
次は本命の山の予定。
ぶくぶく太らせてる場合じゃない。
カラダづくり本腰入れないと。


人気ブログランキング

那須登山 三本槍岳~朝日岳コース

今、歩いてきた登山道を
戻る時点で、
「ここ歩いた?」と確認する。
つまり私は、山の記録をするのは
とても苦手。
感動を伝えられないのがもどかしい。
今日、登った山もブログで調べたら
過去に登った三本槍岳なのに、
まったく記憶にない!
いつも新鮮、初めて訪れる気分。

ディズニーシーに
プロメテウス火山
という山があります。

私が今日見たものは、
アトラクションじゃなくて本物。

目の前に、赤い山が。

那須は連山だから
おもしろいよ。

IMG_7483


IMG_7481

IMG_7473

IMG_7495

IMG_7496

福島県の会津磐梯山や
猪苗代湖まで見えるほどの晴れ。

IMG_7468

最初に、那須連峰の最高峰
三本槍岳を目指しました。

景色も最高。
IMG_7469


ここで飲んだアイスコーヒー、
おいしかった。
IMG_7471
IMG_7470

師匠が用意してきたカルディ。
山頂×ステンレスのマグ
たまらないおいしさで。

戻りながら、朝日岳を前方に見て、
HMと「せっかくここまで来たなら
縦走しようよ。」と師匠を説得。

おまけで朝日岳にも登りました。
こちらは見た目が本当にかっこいい山。
昔は苦労して登ったのに、
今はするするっと。

IMG_7487

IMG_7485

IMG_7497

茶臼岳も縦走したい気持ちがあって、
師匠に対し、私たちこんなに元気だよ、
疲れてないよ、余裕だとアピールに必死。

3つ以上の縦走は、次のたのしみに。

けっこう距離も歩いたと思います。
5時間くらい? UP DOWNの
激しいところを歩いてました。

帰りはママ友のお店に寄り、
HMにアイスをごちそうになりました。
お店のEちゃんからは、
はちみつレモンのサービス。

登山に、このようなオプションを
付けることもめずらしく。
IMG_7493


IMG_7478

IMG_7479


帰りの後部座席では、
まだあきらめてない!
一般で、キングヌーの
チケット申し込み。
カーブの道中、うつむきのまま。

IMG_7498


天気もよく、
たのしかった!!!
☆休日☆って感じがよかった。

自宅には寄らなかった。
来週、息子の手術で
近くまで行くので…
仕事終わりに猫と前夜から行くなら
家に帰るし、
当日付き添いだけなら日帰り、
病院へ直行、アパート直帰。

今日は、息子にもらったカタログの
フライパンが届きました。
IMG_7500



人気ブログランキング

犬と登山する

登山の朝、早起き。
早朝から高速道路は渋滞らしい。
余裕を持って家を出る。
IMG_6906

このような基本的な準備も
到着後に。

でも今日は「犬のおやつ」を忘れなかった。
IMG_6907

IMG_6935

IMG_6921

はじめてたろうと山登りをしました。

登りの途中までパパさんと。
後半と下山時は、私とともに。
IMG_6937

IMG_6938

IMG_6933

たろうは賢いのです。
ママさんが追い付くまで
振り返って待っていたり、
群れから離れるひと(パパ)がいたら、
がんとして動かず、
列を乱すなと不機嫌になる。

IMG_6924

八方ヶ原の八海山神社まで。

IMG_6928

山頂でのアイスコーヒーが沁みた。
気温24度だったらしいけど、
冷たい風が吹いていた。
ここまで苦労して登れば、
8月にも冷房なしでひんやり過ごせる。

たろちゃん、何度か来ているようで、
迷わずに案内してくれた。
そして、時々グイグイ行こうとする。
登りの時は鹿を発見。
下りの時は猿を発見。
私も木登りしていく猿を見れた。
それから鹿の高い声も響いた。
ぬかるみの残る山道には蹄の跡や
謎のフンが。
IMG_6919

穴が見えるところが、
チョキのつま先の持ち主。
鹿でしょう。

帰りはケージの中でぐったり。
8キロ位歩いたようです。
IMG_6930

連休初日にいい天気の中、
登山ができてよかった。

たろ、ナビゲーターありがと。
かわいい。


人気ブログランキング

こんな天気でも那須の山に登れた

夕べも雨。
今朝も雨。

いつ登山中止の連絡が入るかと
思っていたら、
気を付けて来てね
というLINE。

私は師匠の判断を信じています。
決して無理はしない。

ETCのない代車で高速を下り、
コンビニでごはんを買って、
集合場所へ。

1週間お借りしていたセダン。
乗り心地もよく、
魔法にかかりました。
すっかり「セダンもいいな」と。
トランクって移動物置みたいで、
なんのためにあるんだろう?って
ずっと思ってた。
ゴルフの時は、取り出しやすいから
いいなと思ってたけど。

結婚して最初ににぶが
買った車がセダンだったことも
思い出した。
私も二十歳そこそこで若かったから、
友達が夏休み帰省すれば、
それで海に数回行ったりもした。
怖いもの知らずの時。

当初、那須の茶臼岳を
正面から登る予定でしたが、
あのコースは強風を受ける。
ほんとに体を支える場所がない。
師匠は場所を移し、
沼原からのコースに。

この時期、怖いもの。
IMG_6695

この看板、本当の警告です。
けれど熊だって人間が怖い。
姿を現すことはありませんでした。

IMG_6696

IMG_6697

アクシデントで写真は撮れなかったのだけど、
雨上がりで、水たまりが多く、
私は見事に落ちました。
歩くたびにべちゃべちゃって
靴の中の音を鳴らしながら。
でもね、冷たい水がとても気持ちよかったの。
わざわざやる大人はいないと
思うから、感想だけは知ってほしい。
帰りは両足をわざと突っ込んだ。
じゃぶじゃぶと靴を洗うように。


IMG_6703

茶臼岳登頂をあきらめて、
姥ヶ平で、贅沢なロケーションでの
ランチです。
山貸切。茶臼を眺めながら。
IMG_6699

IMG_6700


雲も切れてきて、
大好きな山が見えました。

IMG_6704


今日は9.2キロ歩いたそうです。
けっこう険しかったです。

帰りは、日産に寄って、
入院していた車を迎えに。
さよなら代車。
返したくなかったよ。

地元のスーパーで買い物。
IMG_6712

早速ナンプラーを購入。
作る気満々、明日以降ガパオ。

スーパーでたわしを買った。
私が暮らす
超ハイグレードアパートメントには
屋外に洗い場がある。
それはお犬様の足を洗うために
設置されたもの。
ここは、選ばれし動物愛好家が暮らす
心優しい住人しか住めない建物。

ってか、うち猫じゃーーーん。
散歩しないし、足洗わないから。

存在は知っていたけど、
出るまで使うことはないと思ってた。
洗車するわけにもいかないし。
(やりたいけど)

日曜の午後、みなさんお出かけ。
駐車場に車ゼロ台。
願ったり、私使うよ。

IMG_6706

どうしていつも…
シャワーが自分に向いていた。
100均のサンダルで良かった!!!

さて、はじめます。
誰も帰らぬうちに。
IMG_6708

靴、ドロドロだった。
部屋の中の水道が
詰まりそうなくらい
那須山の赤土や葉っぱを
持ち帰ったから。

まだ誰も帰らない、よしっ。
次いこっ。
IMG_6709

一緒に水没した靴下と
ポールも洗う。

体はまだ熱を持っていて
全身が熱く、
顔と腕は途中からの日差しで
焼けてしまった。

途中苦しい時もあったけど、
終われば、汗と一緒に
ストレスが流れたようにスッキリ。

危険だし、熊に遭う可能性もあるけど、
ドMスポーツはたのしい。
自然と向き合い、自分の体の限界を知る。
人工物では味わえないものがある。

よくいう達成感とかじゃなくて、
やらなくてもいい苦しいことを
自らやる意義。
ありがとね、関節、筋肉。
武田真治なの?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日もおもしろい話を
聞けました。
子供が絡むとネタは尽きない。

そんな中、下山途中から
これからの運命話。

「私はどうなるの?」

「それはわからないけど、
こうしたらいいってことはわかる。」

ピンと来た。
何回も言われてるから。
異性関係の話。

それで1年半から2年後に
私は突然男の人に出会うらしいのです。
(今日の日記、未来宛保存版)

今の生活が続くと
会社と部屋の往復で、
職場にはじいちゃんしかいない。

出会いなんてない!
と言ったのだけど、
あるんだって。

もう19時になる。
大人の時間だな、OK

そのひとと私は
おともだちになるのはOK
でもね、一線を越えた
関係になってはいけないんだって。

そんな人は今だって
たくさんいるから、
ひとり増えるだけ?って
気もするけど、
そうじゃなくて、
そうなりたい気持ちになる相手らしい。

じゃ、出会わなくていいよ( ´艸`)
確実にレギュラーの座が
回ってこない部員みたいな気持ち。
私のたとえ、今日は
うまくないけど、
イメージだけってことでしょ。

そういう気持ちにさせてくれて
ありがとう

なんて、思えそうにない。


47歳未来のわたしへ

その男の人とは
ただのお友達止まりだから、
早々に嫌われてしまいなさい。


人気ブログランキング

奥日光を歩く

梅雨時期、2度雨で流れましたが、
今日は小雨の中決行です。

それが到着したら、
雨、上がった。

待ち合わせ場所まで、
日光有料道路を走りました。
ひとりで早朝に、
はじめての経験です。

高速道路に誰もいません。
対向車も前も後ろも。
ミステリーゾーンに
迷い込んだ気持ち。

昨日寝る前に書いたように
登山の準備どころか
「おっさんずラブ」を全部観る
というミッションに夢中で、
そこまでどれくらいで到着するのかも
ドラマCMの間に確認しただけ。
とにかく早起きすれば、
なんとかなる。

にぶ友たち、すぐ後に到着です。
今日の集合場所は、
おぴ子のJr.テニスのデビュー戦の会場。
つまりその日、
奥さん!今どこですか?!
という病院からの連絡を受けた場所。
いやー、ここから自治医科大学病院じゃ
距離あったな…
ということを冷静に振り返っていた。

後部座席に座り、
登山道入口まで向かいます。

まだこの時点で、

登る山を知らない

いつものこと

登山というと
「どこに登るの?」と必ず聞かれます。
「当日までわからないんだ。」と
いつも答えます。

山の師匠が、天候などで
当日判断しているのです。

だからどれくらいの距離なのか
飲み物は何本必要なのか
ということもあまり考えず、
余って持ち帰ることがほとんどです。

IMG_6446

赤沼に到着しました。

ここからは順を追ってませんが、
IMG_6450

IMG_6455

IMG_6452

IMG_6453

木道を1時間ちょっと歩いたのか
9時に「湯滝」に着きました。
IMG_6459


こういうのいらないと思うけど、
滝正面の写真がこれしかなかった。
IMG_6491

この滝の上に人影が見えるのです。
少し休んだ後、山道を登り
そこを目指しました。
ここで初バテ。
ぜーぜー、ちょっとひとやすみ
はぁはぁ(*_*) 
でも弱音吐いたら、
男体山に連れて行ってもらえない。

ぜーんぜんへいきー
よゆうだよー

IMG_6461

ここから水が急降下していたのです。
いやー、怖い。

近いもの、探しましたけど、
熊本・グリーンランド
ウルトラフォール並み
(調べなきゃ伝わらない)


そして少し歩くと湖が。
「これ、中禅寺湖?」

「ふっ」
今、鼻で笑った!!!

「ゆ の こ」

知らない…
IMG_6465


すぐ近くにきれいでおしゃれな
日光湯元ビジターセンターがありました。
IMG_6472

木のいい香りの中で、
コーヒーを。

IMG_6481

「この機械ほしいね!
抽出速いし。
20万かな?30万する?」

オフィス用レンタル機器でした。
気になって調べた。

ビジターセンター内には
2019年の目標のジオラマ。

IMG_6482

な ん た い さ ん 
男体山!!!

IMG_6471

師匠がひとりで下見に行ったそうです。
「言っとくけど、苦しいからね。」
と教えてくれました。

師匠にメジャーなところで
登れない山はないし、
3人で行くことが多いけど、
もうひとりHMは富士山も北アルプスも
歩いてる。
素人が紛れ込んでる昔のドリカム編成。
たとえが古い。

だから迷惑をかけたくないって
思いがつらい時の原動力に。

今日は終始、私の仕事の人生相談を
していたのだけど、
いいアドバイスがもらえました。

そして「老後2千万円」。
生涯独身とか
ひとりのひと、多いじゃん!
夫婦2人の例でしょ?
ひとりはいくら?
なんてことをぶつくさ言っていたら、
「めどちゃんの分も
貯金してやるから大丈夫だ。」と
言ってくれたので、
「つもり貯金!」と応援。
そのあと目にした月曜・しいたけ占いに
「後先のことはあんまり考えずに
ベストを尽くしていってください」
というメッセージが届いたので、
遠い将来のことよりも
今のことを考えて、
答えを出していこうと思いました。

今日は染みこむ話が多く
「今、得をしても
それ以上に損をするから、
現状維持でいい。」と
具体的なアドバイス。

損して得取れ
って大逆転!
って感じが好き。
相手がエゴの塊だから、
損して損取った1年でしたがっ。
それは仕事の面だけでの話。
プライベートでは人の縁も
いくつかできたし、
本音で語り合える女性係長たちと
距離も近くなったし、
留学生のような気持ちで
出向もできた。
あんすもが安心して暮らせるお城も
見つかった。
遠くから、この地から
「これは愛だ」と感謝することも
また増えた。




IMG_6474

黄色の花、ニッコウキスゲ。

「嗅いだことのあるにおい。
なんだっけ?」と言ったら、

「山椒だよ。」って。

IMG_6473


べーらべら喋りながら
15kmは歩いていたそうです。
やったあ(∩´∀`)∩

集合場所で別れ、
やや混雑する高速で帰り、
家に帰って
涙こぼれそうなおいしいものを
食べました。
もう胃の中で、写真忘れた。

あんず、ただいま
マキにもらったおうち、
だいすきよね。
IMG_6485


男体山には10月頃登るらしい。
私は1年前より5キロは太っている。
出向してみるみる太った。
だからそれを落とすこと。
負荷になるから。
そして、自転車の登り坂が
トレーニングになるというので、
老人にも抜かれるママチャリで
なるべく遠くまで
出掛ける習慣を付けようと思う。

夕べの空じゃ無理だと思った登山。
このタイミングで行けてよかった。
ありがとう。

追伸 RK、誕生日おめでとう。
すきよ、変わらずそのままで。



人気ブログランキング

からだが喜んでる

距離の問題ではなく、
「心のふるさと」に帰ったような1日。
1年ぶりの登山。

おしゃべりマシンは
静かにならなかったので、
体力的には余裕でした、
余裕のコースを選んでくれたのだけど。

IMG_5401

この靴を使うのも1年ぶり。

8時半道の駅に集合。
時間が遅めだから、
高い山には行かないんだろうな
というように当日になっても
行先を知らないいつもの登山です。

日帰りなので、
猫ちゃんはアパートに。
私は高速で往復です。

IMG_5399

2度目の場所でした。

2017.11.4

秋に初めて訪れた時、
師匠が「ここは5月が最高なんだ。」と
言っていたのを思い出しました。

IMG_5403

IMG_5404

下界は猛暑の日。
山は涼しくて、風が通って、
爽やかで最高でした。

IMG_5406

そんなに長時間歩かずに
山頂到着。
IMG_5407

IMG_5436

IMG_5411

IMG_5414

IMG_5418

木にビニールがぐるぐる巻き。
これは鹿が樹皮を食べるのを
防止するためらしい。

IMG_5419


たろちゃんに会ってから
帰ってきました。

IMG_5424

たろうの外の部屋は、
おじいちゃんがよしずを
取り付けてくれたりと
段々豪華になっていきます。
IMG_5428

じい→わたし→師匠宅

と住まいを変えてきたたろうですが、
どう考えても最高の暮らしが今。

たろは山に連れて行って
もらえるものだと信じていたようで、
出掛けた後、吠えて怒っていたそうです。
(じいばあ談)

私にはそんなに興味を示さず、
パパママが帰ってきて
喜んでいました。

うちの娘たちは
暑さ、大丈夫だったかな?と
エアコンを設定しなかった
心配があったのですが、
部屋は意外に涼しかった。
IMG_5431


仕事のことでずっと
心配させてきた。
鬼に仕えた1年近くを
思い出すと
得たものよりも(仕事にはない)
失った時間が重く感じられた。
これからの時間を大切に
使って行かないと。


楽しかった勢いで、
GWに1合目まで歩いた
あの「男体山」に
登ってみたいと師匠にお願いした。
体力つけて、山女に戻る。


人気ブログランキング

高原山 ツツジのトンネルを歩く

登山の日。
自宅にスマホを忘れて出発。
今日は自分で写真を撮ることはできず、
時計がないため、
時間の感覚もありません。
自宅を出たのが6時20分。
帰宅が14時半。
移動や休憩を除くと
4時間で
10キロくらい歩いたと思います。
あとで師匠のブログをチェックして、
振り返る予定です。

栃木県矢板市。
小間々~大入道~縄文ヤシオ~
剣ヶ峰~八海山神社~大間々~小間々

というコースでした。

朝は寒く、冬のアンダーウェアを
着ていました。
歩くと汗が出て、上着を脱いで
ちょうどよかった。
とても天気のいい日でした。

ゴヨウツツジ満開。
IMG_3951

IMG_3955

IMG_3947

IMG_3950

八海山神社へ
IMG_3948

IMG_3960

IMG_3959

IMG_3971

IMG_3969

IMG_3964

IMG_3972

「脂肪」を抱えて歩くのはきつい。
冬の食生活を反省。

2018初登山。
景色もよく、マイナスイオンを浴び、
リフレッシュできました。

普段長距離を歩く機会がないから、
アップダウンを
10キロも歩けたなんて
うれしい( *´艸`)



人気ブログランキング
クリック、ありがとうございます


☆ひとこと☆

未亡人になりました ドレミの日記

を書いていたドレミです。

死別から14年。

単身赴任2年目です。

猫たちと1分1秒でも長く過ごしたい(=^・^=)

これからもよろしくお願いします。

お客様
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ